ヒメオオの寄り道


<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧



サラサヤンマの羽化 他 in栃木県20110528②

「ねこきち」さんが突然立ち止まったので良く見ると
a0126632_20531389.jpg

木道の傍で「サラサヤンマ」がちょうどヤゴから抜け出始めたところでした。
a0126632_2056035.jpg

マクロレンズに切り替えて良く観察すると少しづつですが抜けてきています。時間がかかりそうなので別のポイントを回って戻ってくると
a0126632_20591348.jpg

綺麗にヤゴから抜け出していました。何とか抜け出していたので3人でホットしました。
天気が悪くしばらく飛びたちそうにないのでさらに違う昆虫を探して小1時間回ってくると
a0126632_2135672.jpg

翅は完全に伸びたものの、天気の為かまだ胴体・胸部の色づきが悪くまだまだ飛び立ちそうにありませんでした。

* 本日5月29日午前中の「ねこきち」さんの連絡によるとまだ飛び立っていないそうです。無事舞いあがって欲しいものです。

堆肥が積まれた傍の雑木林で「yoda」さんが呼んでくれたので「珍チョウ」では!と行ってみると
a0126632_21112019.jpg

まだ5月なのに「カブトムシ」が樹液を舐めていました。

別のポイントの林縁部の足元には
a0126632_211469.jpg

彼らにしては輝きの弱い「センチコガネ?」が歩きまわっていました。

湿地の木道沿いの葉の上には
a0126632_21164196.jpg
a0126632_21164942.jpg

ハムシの仲間もいました。上が「スゲハムシ?」かな、下は全く名前が判りません。
KUWAKIRAさんによると、上が「スゲハムシ」、下が「ヒゲナガハナノミ」のようです。KUWAKIRAさん有難うございました。

別の公園のバラ園にもちょっと寄ってみました。
a0126632_2120475.jpg
a0126632_21205676.jpg
a0126632_2121543.jpg
a0126632_21211392.jpg

雨に濡れて逆に煌めく花々を楽しむことも出来ました。

                in栃木県20110528続く
by himeoo27 | 2011-05-29 21:23 | トンボ | Comments(22)


何故か?シルビア&ウラミスジ他 in栃木県20110528①

a0126632_20442779.jpg

本日天気が何処も良くないので蝶鳥ウオッチングのyodaさんと如何しようか?と悩んでいると、「自然散策雑記帳の「ねこきち」さんから「栃木県に来ている」とメールが来たので、直ぐに栃木県へ出かけてみました。

(*注)蝶や昆虫の登場順番は、生息地保護の為、本日回った実際とは変えています。

栃木県の蝶というと「シルビアシジミ」なので、駄目モトで、そのポイントに行ってみると、
a0126632_204715.jpg

食草の「ミヤコグサ」の花が咲いているものの、3人で手分けして小1時間探しても見つかりません。諦めかけてふと見ると
a0126632_20492583.jpg

少し傷んだ個体ですが、1頭だけ今年も「シルビアシジミ」に出会うことが出来ました。

「ねこきち」さんが
a0126632_20545129.jpg

「ウラミスジシジミ」の幼虫見ます?と言われたので、名前を聞いたことがあるだけの憧れの蝶なので直ぐに教えて貰いました。「あそこに居るでしょ?」と正確に指示してくれても「あれ死んでいるのでは?」と頓珍漢な感想を述べてしまいました。
a0126632_20583825.jpg

近寄せてまじまじと見ると「イモムシハンドブック」p27一番上の「ウラミスジシジミ(ダイセンシジミ)」の幼虫でした!!次回はぜひ成虫に会いたいものです。

水辺の「ハンノキ」の生えている林では
a0126632_212343.jpg

栃木県宇都宮名物の焦げが付いた「餃子」にそっくりな葉があったので、剥ぐってみると
a0126632_2134119.jpg

「ミドリシジミ」の幼虫が入っていました。
これから6月中旬頃に「旧浦和市内の荒川沿い」で、この成虫が、羽化・発生するのも楽しみです。

この時期シルビアシジミに次いで、栃木県で出会いたいシジミチョウは
a0126632_21111554.jpg
a0126632_2111232.jpg

「ミヤマシジミ」です。この悪天候の中、数頭の新鮮な個体に出会うことが出来ました。シルビアと同じくあまり期待していなかったのでとっても嬉しく感じました。

                             in栃木県20110528続く
by himeoo27 | 2011-05-28 21:15 | シジミチョウ | Comments(32)


アゲハチョウの舞う里 と 初見「ヒメキマダラセセリ」 埼玉県中西部in20110521② 

先日蝶・チョウ・ゆっくり歩き・・・「千蟲譜物語」のchochoensis さんに教えていただいたアゲハチョウ類の集まるポイントを歩くと
a0126632_20574553.jpg
a0126632_20575357.jpg

大好きな「アオスジアゲハ」がまず出迎えてくれました。個体数は多いのですが、すばしっこいので近づけません!
a0126632_20595656.jpg
a0126632_210422.jpg

昨日、一番目撃したアゲハチョウの仲間がこの「ウスバシロチョウ」でした。全く止まらず写すのを諦めて「おにぎり」を頬張ると、目の前の花で吸蜜してくれました。丁度彼らも昼飯時だったのでしょう。下の子は「交尾嚢」が付いているので明らかに♀のようです。
a0126632_214447.jpg
a0126632_2141481.jpg

一番期待した黒系のアゲハチョウの仲間は、モンキアゲハ、カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、オナガアゲハの全てが観察出来ました。しかし、何れも高いか、遠い場所にしか止まってくれません。やっと写せたのはツツジの花に多数集まって舞っていた「クロアゲハ」達だけでした。
a0126632_2175153.jpg
a0126632_218081.jpg

ヒョウモンチョウやアゲハチョウ以外の蝶で目に付いたのは「スジグロシロチョウ」でした。ウスバシロチョウの写真を撮った場所の近くで、産卵していたので「卵」も一緒に写しました。
a0126632_21104011.jpg
a0126632_21105115.jpg

今度は、赤い見慣れぬ小さなチョウがいるので”アカセセリ”ではと勢い込んで接写すると、クモガタヒョウモンと同じ初見、初撮影の「ヒメキマダラセセリ」でした。セセリチョウの仲間はどの子も可愛いので大感動です!
吃驚するような美麗種、珍種には出会えませんでしたが、同一日に2種も初見、初撮影の蝶に出会えたとってもラッキーな1日でした。

                       埼玉県中西部in20110521終わり
by himeoo27 | 2011-05-22 21:19 | アゲハチョウ | Comments(28)


指乗せミヤマカワトンボと初見クモガタヒョウモン

5月15日我が家のベランダに出て見ると
a0126632_1945344.jpg

羽化直後と思われる「ツマグロヒョウモン」が佇んでいました。指を近づけると
a0126632_19471611.jpg

指に載ってきました。某プロジェクトでこの蝶の表翅の写真が不十分だったので丁寧に撮影して投稿してみました。その写真は内緒です・・・・・・
指乗せというと、本日5月21日、埼玉県中西部の山地では
a0126632_19502042.jpg

「ミヤマカワトンボ」の羽化直後の個体が指に載ってきました。翅と胴の茶色がとっても映えていました。
a0126632_19533137.jpg

大人しい個体だったので顔のアップも撮影させて貰いました。
a0126632_19542050.jpg

種名は判りませんが、「ゾウムシの仲間」のペアが交尾していました。絵的に面白いので撮影してみました。chochoensis さんによると「キスジアシナガゾウムシ」ではなかろうかとのことです。名前が付くとさらに愛着が湧きますね!chochoensis さん何時もご指導有難うございます。
a0126632_1955303.jpg

甲虫類はカミキリムシの仲間等色々観察できましたが一番目立ったのは「イタドリハムシ」でした。この個体はオレンジがとっても綺麗な蟲でした。
a0126632_19592884.jpg

甲虫だけでなく「キリギリスの仲間の幼生」がタンポポの花についていました。
a0126632_2015673.jpg

「キセキレイ」でしょうか?渓流沿いには多彩な鳥も舞っていました。
a0126632_202554.jpg

タテハチョウの仲間に話しを戻すと、最も数が多かったのは「コミスジ」でした。
a0126632_20472.jpg

大きな見慣れぬ赤い蝶が居るな?と慌てて近づくと初撮影の「クモガタヒョウモン」が吸蜜していました。
あまり性急な接近だったので舞いあがって2度と戻ってきてくれませんでした。

       5月21日、埼玉県中西部の山地の蝶②に続く
by himeoo27 | 2011-05-21 20:13 | タテハチョウ | Comments(22)


渋い和装の蝶 と 蝉&カメムシ in石垣島・西表島20110429~0504⑤

八重山諸島に生息する渋い和装の蝶の代表は
a0126632_2051989.jpg

「西表島」でやっと出会えた「シロオビヒカゲ♀」さんでしょう!淑やかそうに見えますが、驚いたら凄い勢いで舞いあがって再度出会うことはありませんでした。
a0126632_2074028.jpg

「マサキウラナミジャノメ」の林縁部で最も良く見かける蝶でした。また、4月29日に「石垣島」について最初に出会った蝶の1種です。その美しい白い模様に、魅せられました。
a0126632_2011438.jpg

「リュウキュウヒメジャノメ」は、マサキウラナミジャノメと並んで八重山諸島ではごく普通に観察出来、容易に撮影可能な蝶の1種です。ただこの子の存在感も凄いものがありました。

ちょっと蝶を離れて、蝉&カメムシの仲間より
a0126632_2015253.jpg

セミというと、「西表島」で写した「イワサキクサゼミ」のこの写真は、ヒメオオのお気に入りの1コマです。
a0126632_20172917.jpg

この時期イワサキクサゼミは石垣島でも多数観察出来ました。名前の通り目線より下の「草」の上に止まって大きな声で合唱するので容易に見つけることが出来ます。さらに警戒心が殆ど無く、接写も簡単でした。このシーンは腹を膨らませて鳴いている様子ですが?ちょっと判りにくいかな?
a0126632_20213192.jpg

「ナナホシキンカメムシ」は多摩動物公園の大温室の入り口付近でも飼育展示していますが、野外フィールドで見たそれは生き生きしていてとても輝いて見えました。
a0126632_20231868.jpg

サシガメの仲間でしょうか?ちょっと怖そうな雰囲気でした。

梅雨に入って気温、湿気も高かった為か、カタツムリの仲間にも会うことが出来ました。
a0126632_20255150.jpg

まず「石垣島」代表
a0126632_20284775.jpg

次に「西表島」代表も掲載します。「西表島フィールド図鑑」によると西表島、石垣島、
波照間島にのみ生息する「クロイワオオケマイマイ」のようです。
(各代表は、珍しいという意味でなく、私がその島で撮影しただけのカタツムリです。)

                 in石垣島・西表島20110429~0504続く
by himeoo27 | 2011-05-18 20:33 | ジャノメチョウ | Comments(28)


スミナガシ乱舞する山頂 in群馬県20110514②

赤城山を後にして花蝶風月のbuttfflowさんに教えていただいた群馬県南部の山頂に
14:00頃たどり着くと
a0126632_20344854.jpg

テリ張りしていた1頭の「スミナガシ」が私のズボンに止まりました。あまりに近すぎてどうしようか?と迷いましたが、カメラを向けて何とか撮影することが出来ました。太陽の光を浴びて微妙に変化する青い輝きがとっても綺麗でした。
a0126632_2035338.jpg

yodaさんを呼ぼうと声を出すと、翅を半分くらい閉じると一気に飛びあがりました。
a0126632_20382014.jpg

ズボンに止まった個体を含めて数頭の個体がそれぞれの木の葉や、枝の上に止まり再びテリ張り行動に戻りました。
a0126632_20444458.jpg

この子は変わっていて道路の安全柵の白いポールの上が彼のテリトリーとしていてかなり近づかせてくれました。
a0126632_20463596.jpg
a0126632_2046476.jpg

ツツジの花には「カラスアゲハ」が吸蜜に来たのでカメラを向ける飛び立ってしまいました。
a0126632_20475713.jpg

「アゲハチョウ」やミヤマカラスアゲハ、キアゲハ等の蝶も次々とツツジに吸蜜にきましたが動きが早く撮影に難儀しました。
a0126632_20492960.jpg

やや暗がりの足元には「コジャノメ」も数頭いました。今年初見だったので取りあえずシャッターを押しました。
そうこうすると、buttfflowさんも登ってこられて3人で撮影会となりました。
スミナガシに次いで目だった蝶は
a0126632_20524459.jpg

「アオバセセリ」です。10頭程度がやたらめったら飛び交って、私の腕では全くカメラに納めることが出来ませんでした。
16:30過ぎにやっと2~3回止まったのでヒメオオも証拠写真としてシャッターを押しました。
詳細は、そのうち掲載される飛翔についてはbuttfflowさん接写についてはyodaさんのブログをぜひご覧ください。

                            in群馬県20110514終わり

ごまさん、midoriさん、daronさん、buttfflowさん、yodaさんお世話になりました。
またよろしくお願いいたします。
by himeoo27 | 2011-05-15 21:03 | タテハチョウ | Comments(32)


赤城ヒメ初見 & 群馬のキベリ in群馬県20110514①

a0126632_2105878.jpg

暖蝶寒鳥のゴマさん、「美撮りに夢中のmidoriさん、「嗚呼つつ 今日も証拠画像のdaronさんと赤城山のヒメギフチョウを撮影しに赤城山へ行きませんか?」とのお誘いが蝶鳥ウオッチングのyodaさんからあり本日出かけてみました。
赤城山の麓でごまさん、midoriさん、daronさんと合流して登り始めると
a0126632_2122988.jpg

「ヒメギフチョウ」の食草の「ウスバサイシン」が登山道の両側にポツポツ現れ、蝶の出現に期待が高まります!
a0126632_214756.jpg
「スミレ」の花で吸蜜してくれる「ヒメギフチョウ」も登場してくれましたが、少し傷んだ個体でした。
a0126632_2154426.jpg

ヒメギフが次々に現れますが、テリ張りしていた「ミヤマセセリ」が追い払うので、なかなか近づいて撮影させてくれません。
a0126632_218656.jpg

まあこんなものかな?と諦めて、次のポイントに移ろうと山を降りかかると比較的綺麗な個体が目の前に止まって開翅してくれました。早速接写させて貰いました!
a0126632_2194313.jpg

ごまさん、midoriさん、daronさんと分かれて山を降りると水場で「スギタニルリシジミ」が休息していました。
表翅の撮影は失敗しましたがここまで接近出来るとニコニコなヒメオオです。
a0126632_21113100.jpg

林道に沿って駐車場に戻る途中で、越冬個体とは思えないくらい綺麗な「キベリタテハ」が日光浴をしていました。大好きな接写にチャレンジしましたが、残念ながら逃げられてしまいました。

                      in群馬県20110514続く
by himeoo27 | 2011-05-14 21:19 | アゲハチョウ | Comments(26)


輝く亜熱帯の弾丸飛翔 in石垣島&西表島20110429~0504④

弾丸のようにビューンと飛んできて輝くチョウと言うと
a0126632_2172676.jpg

何といっても「アオバセセリ」でしょう!埼玉県内でもたまに見かけますが、こちら「石垣島」に居た子は後翅下部の赤い模様が大きく感じました。
タイワンアオバセセリにも石垣島で1度だけで会いましたが、飛び回っていたので証拠写真も撮れませんでした。
a0126632_20351692.jpg

セセリチョウの中で八重山諸島で一番出会いたかったのはこの「オキナワビロードセセリ」です。「石垣島北端」付近のポイントの帰り際、車に乗ろうとした時に突然飛んできて、この1コマを撮らせてくれると、さっさと飛び去りました。写真では良く分かりませんが、渋い輝きはとっても鮮やかでした。
a0126632_20391138.jpg

2番目に会いたかったのは「西表島」にしか生息していない「テツイロビロードセセリ」です。今年の天候不順の為かまだ弱令の幼虫の状態でした。セセリの幼虫にしては綺麗な模様だと感じました。何時の日か微妙に変化する翅を持つ成虫に出会いたいものです。
a0126632_20445612.jpg

「コウトウシロシタセセリ」はミヤマセセリくらいの大きさのセセリチョウです。この成虫はオキナワビロードセセリに出会う直前に「石垣島北部」のポイントで一瞬見ることが出来ました。この幼虫はかなり大型なのでもうすぐ蛹になるのかな?
a0126632_20501578.jpg

「西表島」の森の中でダンダラさんとリュウキュウウラボシシジミを探していると「クロボシセセリ」が登場して吸い戻し行動をしてくれました。もう少し近づこうとすると流石に俊敏で逃げ去りました。
a0126632_2055415.jpg

「クロセセリ」は「ぐんま昆虫の森」の大温室で見たことがありますが、野外では初撮影だったので出来るだけ近づいて撮影しました。傷んだ個体でしたが、とってもカッコ良かったです。(石垣島にて)
a0126632_205913.jpg

この手のセセリチョウは、チャバネセセリ、トガリチャバネセセリ、ユウレイセセリ等々居るそうです。この子は「ユウレイセセリ」かな?(西表島にて)

             in石垣島&西表島20110429~0504続く
by himeoo27 | 2011-05-12 21:10 | セセリチョウ | Comments(16)


ツマキチョウ交尾 in埼玉県中西部20110508

a0126632_1744333.jpg

蝶鳥ウオッチングのyodaさんと埼玉県中西部にプチ遠征してきました。
a0126632_17442760.jpg

今年初の「サカハチチョウ」の証拠写真を撮って、今年はアゲハ類あまりいないな?と話していると蝶・チョウ・ゆっくり歩き・・・「千蟲物語」のchochoensisさんがお見えになられました。お元気そうなのでとても安心いたしました。アゲハの吸水・産卵ポイントをchochoensisさんに教えて貰っていると
a0126632_17485056.jpg

早速「カラスアゲハ」が吸水に来てくれましたが、ヒメオオの足元で羽ばたいたので、逆に上手く撮影できませんでした。
別のポイントに移り、chochoensis さんと分かれてしばらくすると、桶川のNさん、、「風任せ自由人のmaximiechanさんもやって来ました。
a0126632_17554643.jpg
a0126632_17555446.jpg

最近「ツマキチョウ」に当たっているmaximiechanさんのおかげか、苦手「ツマキチョウ」♀が足元のタンポポでゆっくり吸蜜を初めてくれました。「まさか交尾はしないよね!」とか話していると
a0126632_17595468.jpg

な!な!ナント・・・・・ヒメオオ初見のツマキチョウの交尾が成立してくれました。
a0126632_181289.jpg

しばらく撮影していると、交尾がとけて別々に飛び去りました。

色々ご指導いただいたchochoensis さん、現地でお会いしたNさん、maximiechanさん、誘ってくれたyodaさんお世話になりました。今後ともよろしくお願いいたします。
by himeoo27 | 2011-05-08 18:07 | シロチョウ | Comments(28)


可愛い妖精たち in石垣島&西表島20110429~0504③

可愛い小さな妖精「シジミチョウ」の仲間にもここ八重山では沢山出会うことが出来ました。
a0126632_191425.jpg

石垣島についたその日に出迎えてくれたのが「タイワンクロボシシジミ」の愛らしいペアでした。兄弟なのか?姉妹なのか?この2頭の間で求愛行動は観察出来ませんでした。
a0126632_1934212.jpg
「タイワンクロボシシジミ」は、この時期無数と言って良いぐらいとても多くいました。でも、停止時翅を開くことは珍しいのでちょっと撮影してみました。(以上「石垣島」で撮影)
a0126632_1974773.jpg
a0126632_1975865.jpg

タイワンキマダラが居た公園でダンダラさんの奥さんがカメラを向けていたので覗いてみるとタイワンクロボシシジミが産卵していました。(以上2コマ「西表島」で撮影)
a0126632_1911231.jpg
a0126632_19113351.jpg

「タイワンヒメシジミ」は造成地の傍の開けた空き地に飛んでいました。最初見つからないので慌てましたが、何とか見つけることが出来て嬉しかったです。その可愛らしさは何とも言えませんね!(以上2コマ「西表島」で撮影)
a0126632_19145319.jpg

西表島でヒカゲチョウの仲間を探していると「アマミウラナミシジミ♀」が止まって翅を開いてくれました。少し高い位置だったので下から見上げるように撮影してみました。!(「西表島」で撮影)
a0126632_19172382.jpg

2年前に都内でも発生して、ヒメオオも観察した「クロマダラソテツシジミ」は、それほど数は多くないものの石垣島では健在で時々撮影することが出来ました。この子は♂かな?
a0126632_19203986.jpg

クロマダラソテツシジミを観察した広場の近くの花に「ルリウラナミシジミ」?が吸蜜に来ていました。尾状突起の先が白いので別種かな?
yodaさんのご指摘↓によると「アマミウラナミシジミ♂」のようです。yodaさんどうも有難うございました。
a0126632_1925822.jpg

4月29日、石垣島に14時過ぎに到着して飛行場からタクシー&スクーターで出かけた公園で、この蝶に出会いました。尾状突起が無く、裏面の模様がとってもクリアーで他とは違うオーラが出ているので「ヒメウラナミシジミ」?では!!と思います。それが今回の最初で最後のこの蝶との出会いでした。
(以上3コマ「石垣島」で撮影)

             in石垣島&西表島20110429~0504続く
by himeoo27 | 2011-05-07 19:48 | シジミチョウ | Comments(20)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
こんばんは(o´∀`)b..
by だんちょう at 05:08
いつも最新の生態写真は素..
by 武ちゃん at 21:57
今年はスジボソヤマキ1度..
by naoggio at 16:15
ミヤマモンキチョウって翅..
by uke-en at 10:05
スジボソヤマキチョウ♂の..
by 22wn3288 at 08:17
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:30
スジボソヤマキチョウ、 ..
by Sippo5655 at 22:13
霧島緑 様 私は、暑い..
by himeoo27 at 13:50
uke-en 様 3~..
by himeoo27 at 13:37
だんちょう 様 この場..
by himeoo27 at 13:28
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧