ヒメオオの寄り道


<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧



蝶を探しに?(ヒラタアブの仲間ほか) in見沼田んぼ20110227

午前中は晴れて15℃以上に上昇するとの予報で、初チョウ探しに見沼田んぼに出かけてきました。
a0126632_1693662.jpg
すぐ近くの公園に、たどり着くとまだ気温が低く「猫柳」の下の池には
a0126632_16124448.jpg
「キンクロハジロ」、オナガガモ、コガモ等々が泳いでおりまだまだ冬の装いです。気温からも蝶は出てきそうにないので次の公園に移動しました。
a0126632_16154435.jpg
2番目の公園ではfriendlyな「ハクセキレイ」が近づいてきたのでシャッターを押しました。結局ここでも蝶に出会うことはありませんでした。
a0126632_16221768.jpg
3番目の公園も空振りで戻る途中の畑の中には「百舌鳥」が何しているの?とばかりこちらを眺めていました。
a0126632_16241059.jpg
用水沿いは「アブラナ」の花もポツポツ咲いていましたが、モンシロチョウはもちろん、モンキチョウの新蝶も、越冬明けのキタテハする本日は見ることも叶いませんでした。
a0126632_16264031.jpg

気温が上がって、唯一出会った吸蜜する昆虫は「ホソヒラタアブ」でしょうか?腹部のオレンジ、ブラック、シルバーの帯状の模様がとても綺麗に輝いていました。
3時間以上探しまわって結局チョウには出会えませんでしたが、チョウの出現を感じさせる半日でした。
by himeoo27 | 2011-02-27 16:34 | 他の昆虫 | Comments(26)


神奈川県南部で越冬中の「アサギマダラ」幼虫

昨日から今日にかけて、「神奈川県立生命の星・地球博物館にて日本チョウ類保全協会主催の「チョウ類の保全を考える集い」があったので神奈川県南部に泊りがけで出かけてきました。
この集いの状況は日本チョウ類保全協会のhp及びブログをご覧ください。

a0126632_20412479.jpg
a0126632_20413448.jpg

「会場の近くの山中には多摩動物公園で先週出会った「アサギマダラ」の幼虫がいるので、見に行きませんか?」と蝶撮日記のtyoutorinさんのお誘いを受けて、「蝶鳥ウオッチングのyodaさん、地元のwayoさん、Iさん、協会のTさんと一緒に参加いたしました。さらに心強い指導者として箱根の蝶を20年以上観察されているSさんも快く同行してくれました。
a0126632_2042786.jpg
成虫の舞う姿からは想像できなかった適度に間伐されやや暗い杉林の中及び林縁部に生える
a0126632_2043539.jpg

蔓性の「キジョラン」を食べていました。丸く開いているのがアサギマダラの食痕です。
a0126632_20461672.jpg

幼虫が食べるとキジョランから白い液がでているようです。どのように食べているかと言うと
a0126632_2048010.jpg
初令、2令の幼虫は円を書くように食べていました。
a0126632_20494116.jpg

この寒いのに脱皮している子もいました。脱皮不全ではなく脱皮直後の為に角がまだ伸びきっていない模様です。次はこの春には、青磁のように輝く「蛹」が見たいとtyoutorinさんに言ってふと眼の上を見ると
a0126632_20541176.jpg

昨年、秋に脱皮したと思われる蛹の抜け殻がぶら下がっていました。

誘ってくださったtyoutorinさん、ご指導いただいたSさん、同行したyodaさん、wayoさん、Iさん、Tさん有難うございました。大変楽しかったです。これからもよろしくお願いいたします。
by himeoo27 | 2011-02-20 21:01 | マダラチョウ | Comments(34)


ミナミキチョウ色々 in多摩動物公園2011・0102~0212②

キチョウの仲間は止まっている時はまず翅を開くことは無いので、飛翔画像でも写さないと表翅を撮ることが出来ません。昨年末に購入したカシオZR10でパスト連射にて1月2日からこの温室に出かけて「ミナミキチョウ」の表翅撮影にチャレンジしています。注記のない限り以下の大部分の画像は2月12日に撮影しました。
a0126632_19471114.jpg
少し傷んだ個体ですが、昨日、全開の写真がやっと撮れました。
a0126632_19522474.jpg
さらに、ピントが少し甘いものの吸蜜にくる飛翔も何とか写せました。表翅が輝くような黄色です。
a0126632_1955415.jpg
コンデジのマクロ接写で「卵」と「幼虫」をまとめて1月29日に撮り込みました。卵はもっと接近してシャープに写したかったので、昨日もチャレンジしてみましたが失敗に終わりました。「卵」「幼虫」ともに私には「キタキチョウ」のそれと殆ど区別がつきません。「タイワンキチョウ」では?と飼育係に聞くと幼虫の頭の色が「黄緑」で黒くないので「ミナミキチョウ」とのことでした。
a0126632_2022178.jpg

「前蛹」も
a0126632_2025963.jpg

「蛹」もその姿は「キタキチョウ」のそれと良く似ていました。
a0126632_2072969.jpg

1月2日、仲良く集まって吸水していました。
a0126632_20132985.jpg

温室の中ではカマキリを飼育しているわけではありませんが、何処からか迷い込んだようで「ミナミキチョウ」を捕食していました。このカマキリは、この後すぐに飼育係により駆除されました。
a0126632_20214754.jpg

昨年、群馬県でミズイロオナガシジミでも観察しましたが花粉症の私のように痒そうに眼を掻いていました。
a0126632_20325016.jpg

温室内は植草も多く「産卵」シーンも見れられたのでこれからも増えてくれることと思いました。
by himeoo27 | 2011-02-13 20:39 | シロチョウ | Comments(19)


アサギマダラ(2011サイエンズーカフェ3) in多摩動物公園20110212①

2011年サイエンズーカフェ第3回ということで三枝さんの「渡りをするアサギマダラ」の講演があったので暖かい多摩動物公園へ出かけてきました。
a0126632_19343372.jpg

生きた成虫を手づかみして!!と怒られそうですが、マダラチョウの仲間は他の蝶の仲間と異なり鱗粉が取れ難いそうです。従って、アサギマダラでは容易にマーキング調査が可能だということです。左側の後翅に黒い性標があり、胴体の先が斜めに切れたような個体が♂です。右側の黒い性斑が無く胴体が膨れていて先端がやや丸いのが♀です。野外のマーキング調査では♂の方が多いと日本鱗翅学会の講演では発表されていましたが、飼育した場合その比率はほぼ♂♀同じ割合だとのことでした。
秋に南下するルートでは鬼界ケ島には比較的多く飛来するものの、すぐ近くの奄美大島にはあまり多くないとのことで「日々の蝶道」だけでなく「蝶渡りの道」のようなものがあるのかな?
a0126632_1949798.jpg

幼虫は毒成分「アルカロイド」を含むガガイモ科のキジョラン、ツルモウリンガを食草とするので警戒色のケバイ風貌です。
蛹のデザインも素敵ですが本日は見れませんでした。
三枝さんは、蝶の他にも、他昆虫やコアラ等豪州の有袋類の飼育もされたそうで色々楽しいお話がありました。

最近、多摩動物公園に登場したマダラチョウの仲間は
a0126632_19573534.jpg

先日、「風任せ自由人のmaximiechanさんにご指摘いただいた、淡いアサギマダラといった感じの「ヒメアサギマダラ」や
a0126632_1958384.jpg

表翅が僅かにルリ色に輝く「マルバネルリマダラ」です。外は霙の寒い天気ですが、温室の中は別天地でした。

                     多摩動物公園20110212続く
by himeoo27 | 2011-02-12 20:11 | マダラチョウ | Comments(10)


凍てつく(猫柳→ヒワ→鴨→百舌鳥→蝶卵)さいたま市内20110211

今朝は霙で寒さに弱いヒメオオは自転車で出かけるのは億劫だなと「パソコン」の前で震えていると、「蝶鳥ウオッチングのyodaさんが車を出すのでさいたま市近郊の野鳥を撮影しませんかとのお誘いがあり出かけてみました。
a0126632_2091063.jpg

第一ポイントでは霙が球形に輝き凍りついた「猫柳」の芽が優しく迎えてくれました。
a0126632_20112747.jpg

広い公園の空き地にはヒワの仲間たぶん「カワラヒワ」や「マヒワ」の数十頭を越す大群が遊んでいました。そこへ鴨が乱入してきたので一斉に舞いあがりました。
a0126632_20151416.jpg

中央の池に鴨が泳いでいたのでyodaさんに名前を聞くとカルガモでは無さそうです。家畜のアヒルが野生化したのかな?
a0126632_20175258.jpg

第1の本命が出てこないので第2の本命を狙って第二ポイントへ移動してみました。ここでも霙は降りやまず、枝先に止まった百舌鳥も震えあがっていました。
a0126632_20252671.jpg

第2第3の本命も出会えず、せめて蝶の卵とぼやいているとyodaさんが「ミドリシジミ」の卵を見つけてくれました。これらの卵は、上向きについていたので霙で傷まないのでは?と心配になりました。

車を出してくれて色々野鳥について教えてくださったyodaさんありがとうございました。
by himeoo27 | 2011-02-11 20:33 | | Comments(20)


蛹化しました!(アオスジアゲハ、ヒメアカタテハ) 埼玉県内20110205

昨日コミミズクを見に行く前に、北本自然観察公園で「野生生物写真展2011~命のつながり~」の写真応募があったので蝶の写真を持って出かけてきました。応募期間が3月始めまでなので皆さんも応募されてみたらいかがでしょうか?
「田舎太郎さん」の里山さがしの旅の記事に掲載されていたので、観察指導員のTさんに聞いてみると
a0126632_19285784.jpg

「アオスジアゲハ」が1頭だけ蛹化していました。蛹になった場所ではなさそうですが、羽化出来そうな場所に避難しているそうでまずは一安心しました。
この子は自然観察雑記帳の「ねこきち」さんと昨年10月11日に産卵と孵化直後の幼虫を観察した子たちの1頭と考えられます。
a0126632_19323211.jpg

「卵」はピンポン球に近似した白いまん丸な形状で、1個づつ何度かに分けて複数個産みつけられました。
a0126632_19324425.jpg

孵化直後と思われる幼虫は少しイガイガしていました。食木や他の状況よりアオスジアゲハのそれと推定しました。
a0126632_19365047.jpg

2令程度でしょうか?10月24日となるとかなりしっかりした幼虫になりました。でも、芋虫としてみるとかなり独特の形状をしています。
a0126632_19405092.jpg
a0126632_19405859.jpg

11月13日になると終令に近づいた如何にも「アオスジアゲハ」という幼虫になりましたが、寒くなってきたので無事蛹化出来るのか?心配になりました。従って、田舎太郎さんの記事を読んだ時嬉しかったです。

********************************************
我が家の屋内に、寒さを避けて屋内に入れたコーヒーやハイビスカスの木の根元には
a0126632_19535711.jpg

ツマグロヒョウモンの幼虫が2頭ほど見つかりました。

ところで先日保護された「ヒメアカタテハ」の幼虫ですが、2月1日前蛹となり、2日蛹化しました。本日6日、写真を撮ろうとすると誤って付け根からポトリと落ちてしまいました。我が妻がマスクを使ってレスキューして
a0126632_1952129.jpg

羽化を待つ日々です。

野外の蝶の発生はまだもう少しでしょうが、春の近さを感じたヒメオオでした。
by himeoo27 | 2011-02-06 19:56 | アゲハチョウ | Comments(14)


遊水地に舞う「コミミズク」 20110205

「風任せ自由人」のmaximiechanさんと蝶仲間のブログに掲載されている「コミミズク」を見に栃木県の遊水地へ出かけてきました。
a0126632_21495199.jpg

しばらく土手の上で待っていると突然草むらからコミミズクが飛び出しました。待機していた100人以上のカメラマンから一斉にどよめきがあがりました。
a0126632_2150623.jpg

こちらの撮影者たちに睨みをきかすように悠然と飛翔します。
a0126632_21502038.jpg

やっと止まりましたが草藪の中なので顔しか写せませんでした。
a0126632_21502814.jpg

遊水池に太陽が沈むと空は茜色に染まりとても綺麗な光景となりました。

見れるだけで十分と思い出かけてみましたが、maximiechanさんの指導もあり無事撮影出来て幸せな撮影行となりました。maximiechanさんお世話になりました。
by himeoo27 | 2011-02-05 22:00 | | Comments(14)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
今年の「都心」はチョウが..
by Shin at 10:17
Sippoさんと同じく、..
by yurinBD at 06:41
野生のコノハチョウ、見て..
by Sippo5655 at 22:11
こんばんは!! コ..
by だんちょう at 23:15
最近の蝶の生態シリーズみ..
by 武ちゃん at 22:20
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:37
ルリタテハのスバル斑なん..
by uke-en at 19:08
コノハチョウ、綺麗ですね..
by torinara at 17:03
torinara 様 ..
by himeoo27 at 12:05
naoggio 様 ..
by himeoo27 at 11:58
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧