ヒメオオの寄り道


<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧



今年初の「サカハチ」とやっと「ツマキ」 in比企丘陵&越生100429①

「風任せ自由人」のmaximiechanさんと「赤城山」へヒメギフチョウを見に行こうと約1週間前から計画をたてておりました。単純なヒメオオは「ヒメギフ」の乱舞を夢見てこの1週間楽しみにすごしました。しかし!例年にない低温続き、昼間の天候が不安定なことより急遽ヒメギフは中止となりました。残念ですが、直ぐに頭を切換え「ツマキチョウ」撮影と「アオバセセリ」偵察に目標を変更しました。
比企丘陵では、「ツマキチョウ」は沢山飛んでいるもののさっぱり止まりません。さらに雨も降ってきたので先にアオバセセリ偵察の目的で越生へ転進しました。すると
a0126632_20263461.jpg

早速、今年初見の「サカハチチョウ」が迎えてくれました。でも川の向こう側なので証拠写真のみ撮影しました。結局今日は、吸蜜源の「ウツギ」の花が殆ど咲いておらずアオバセセリはもちろん飛来しませんし、サカハチもこの1頭だけでした。後日掲載のトンボ等を撮影の後アオバセセリ偵察は諦めて、再び比企丘陵に戻ってくると
a0126632_20313627.jpg
a0126632_20314649.jpg

先日、ブログの先輩が撮影した「菜の花」に「ウスバシロチョウ」がやってきてくれました。
目的のツマキチョウも同じ菜の花に
a0126632_20334316.jpg

産卵にきてくれました。後で確認すると
a0126632_2035212.jpg

尖った米粒のような小さな「卵」が付いていました。
a0126632_20361949.jpg
a0126632_20363311.jpg

♂の写真撮りたいですね!と16時近くまでmaximiechanさんと♂を追っかけまわすと蝶の方が疲れたようで比較的近くに止まってくれました。こちらも少し疲れていたので大変嬉しかったです。
a0126632_20385453.jpg

♀の個体も吸蜜をはじめてくれました。
a0126632_20402635.jpg

ツマキの♀が去っていくとともに我々も帰途につきました。

         in比企丘陵&越生100429トンボ等に続く
by himeoo27 | 2010-04-29 20:42 | シロチョウ | Comments(16)


シジミチョウの仲間 in比企丘陵100425②

ギンイチの撮影をする3時間ほど前
a0126632_20493295.jpg

接写して良くみると青くメタリックに輝く細い毛を持つ蝶と戯れていました。
a0126632_20515213.jpg

ノートリで見ると「ツバメシジミ」の♂でした。
a0126632_20523928.jpg

この子は10℃前後の低い気温のためアセビの木の上で凍えているところをyodaさんが見つけてくれました。そっと右手の指を近づけると乗ってきました。しかし、写真を撮ろうと左手に乗せ換えようとすると飛び立って
a0126632_20554961.jpg

翅を開いて日向ぼっこをはじめてくれました。
a0126632_20573750.jpg

♀も居ないかなと探していると小さな個体が遠くに止まったので証拠写真を撮影しました。
a0126632_20584692.jpg

同一個体が直ぐ近くに止まってくれました。逆光気味だったので回り込もうとすると飛び立ってもう戻ってくれませんでした。
a0126632_2111746.jpg

「自然散策雑記帳」のネコキチさんが「オオミドリシジミ」の幼虫を見つけてくれたのでyodaさんと飛んで行って「パチリ」!無事、蛹化、羽化して欲しいものです。
a0126632_2162567.jpg

比企丘陵では自分としては、初見の「ヤマトシジミ」です。我が家のベランダにもやってくる蝶ですがとても可愛いですね!
a0126632_2182282.jpg

ウスバシロチョウやギンイチモンジセセリを追いかけまわして少し疲れて帰ろうとするとこれもyodaさんが見つけてくれました。yodaさんの眼力に脱帽です!

yodaさん、ネコキチさん、「デジカメ私流」の「まあさ」さん、「飛んでる白鳥写真館」の「o」さん、桶川の「N」さん、さいたま市見沼区の「I」さん大変お世話になりました。

(横向きの写真はクリックで少し大きくなります。)

           比企丘陵100425おわり
by himeoo27 | 2010-04-27 21:18 | シジミチョウ | Comments(10)


川辺の昆虫(ギンイチ他) 比企丘陵100425①

本日、春のチョウを撮りに行こうと「蝶鳥ウオッチング」の「yoda」さんと「栃木県中部」「比企丘陵」と迷ったものの実績の大きい比企丘陵に出かけてみました。

朝一に川辺に出ると
a0126632_19311528.jpg
a0126632_1931294.jpg

「ダビドサナエ」が大勢で歓迎してくれました。羽化直後のようで指を近づけると乗ってきました。
ギンイチモンジセセリも飛んできてくれましたが、なかなか止まりません。昨年の経験から昼ごろの方が写真を撮り易いと判断して丘陵に上ると
a0126632_1936541.jpg

「ウスバシロチョウ」が居ました。とりあえず証拠写真を撮影とばかりシャッターを押しました。でもこれが最初で最後のウスバシロチョウ撮影のチャンスでした・・・・・・・・
a0126632_19393490.jpg
a0126632_19394226.jpg

昼少し前に川辺に戻ってくると今年最初の「ギンイチモンジセセリ♂」が止まって待っていてくれました。
a0126632_19413756.jpg
a0126632_19414997.jpg
a0126632_1942497.jpg

前回の「ホソオチョウ」と同じく♀が居ないね!などと言っていると大人しい♀の個体が眼の前に止まってくれて翅も広げてくれました。
a0126632_1944186.jpg

この川辺は野鳥も多く眼や耳を楽しませてくれました。その中でこの「ハクセキレイ」は近くに寄ってくれたのでシャッターを押しました。

                   比企丘陵100425続く
by himeoo27 | 2010-04-25 19:46 | セセリチョウ | Comments(20)


ホソオ春型はちょっと少なめ in狭山丘陵100418

昨年夏「蝶の観察記録」の霧島緑さんに案内していただいた「ホソオチョウ」の春型が、狭山丘陵で出ていると「風任せ自由人」のmaximiechanさんのブログに掲載されていたので早速出かけてみました。道順を覚えていたつもりでしたが、大外れでかなり迷ってやっと辿りつきました。
a0126632_18434383.jpg

今年初見の「ヤマトシジミ」
a0126632_18441841.jpg

「モンシロチョウ」が出迎えてくれました。ヒメオオ的にはこのモンシロチョウの写真がこの日のお気に入りです。
a0126632_18453120.jpg

モンシロチョウにしては小さいなと思ったら「ツマキチョウ」♀でした。♂を探してみましたが、1頭も見つけることが出来ませんでした。
目標の「ホソオチョウ」は「ウマノスズクサ」が絡まったフェンスの向こう側にはいるものの、こちらには出てこないので悔しがっているとチョウ類保全協会の「o」さんがやって来られました。彼が福の神だったようで
a0126632_18505045.jpg
a0126632_1851139.jpg

羽化直後と思われるホソオの♂が数頭舞い始めました。夏型と異なり小ぶりですが、赤がとっても綺麗です。♂の写真も撮り飽きたねと贅沢なことをヒメオオが言っていると
a0126632_18523557.jpg
a0126632_18524611.jpg

願いが通じたのかこちらも綺麗な♀も出てきました。このチョウの春型は♀が一段と艶やかで小さい青い点が輝いて見えました。
a0126632_18555931.jpg

ひ弱そうなチョウですが、真正面から見るとちょっとカッコ良いですね!
a0126632_1858179.jpg

♂♀が急接近したので「スワ交尾か?」と「o」さんと興奮しましたが、このペアは交尾まで成立しませんでした。

霧島緑さん、maximiechanさん、「o」さんどうも有難うございました。
by himeoo27 | 2010-04-18 19:08 | アゲハチョウ | Comments(18)


手乗りベニシジミ他 in100417見沼田んぼ

今日は朝起きると、ここさいたま市大宮区は真冬でもめったにない銀景色でした。
それでも15時頃になると日が差し始め少し気温が上がったのでカメラを持ってすぐ近くの見沼田んぼへ出かけてみました。
a0126632_1829532.jpg

しかし、陽が陰り風が冷たく全くチョウが飛んでいません。重い足を引きずって自転車を押していると1頭の「ベニシジミ」が舞い出てきました。じっと草むらに止まっていたので指をそっと近づけると乗ってきたので撮影しました。
a0126632_18342677.jpg

手の上に乗せていると陽が射してくると共に翅を開いてくれました。
a0126632_18362326.jpg
a0126632_18363499.jpg

ベニシジミの直ぐ近くにはうす紫色にメタリックに輝く小さなチョウがいたので、今年初見のヤマトシジミかなと近づくと「ツバメシジミ」でした。
a0126632_184098.jpg

川に沿って多数の菜の花が咲き乱れていたのでツマキチョウが居るのではと探してみましたが、
a0126632_18415950.jpg

花の中で「スジグロシロチョウ」が寒さに震えているだけでした。
  (横向き写真は、クリックで少し大きくなります。)

                100417見沼田んぼ  終わり
by himeoo27 | 2010-04-17 18:43 | シジミチョウ | Comments(10)


とてもナイーブなミヤマのカップル in100410比企丘陵③

in100410比企丘陵③シーリーズの最終回です。
「ヘムレンのnature photo」でご覧になられた方も多いと思いますが私もちょっと並べてみます。
この日出会った「ミヤマセセリ」は総数5頭程度であまり多くありませんが、とても苦労した3月20日と異なり色々な写真を撮らせてくれました。
a0126632_19204640.jpg

まず♂が、スジグロシロチョウを撮影した第1と第2ポイントの間で出迎えてくれました。
a0126632_1926190.jpg

a0126632_19262064.jpg

川に沿った未舗装の道路の水溜りに♀の個体が吸水していました。この子はじっとしていたのでかなり近づかせてくれました。
a0126632_19285099.jpg
a0126632_19285765.jpg
a0126632_1929518.jpg

第1ポイントでトラフシジミ達に遊んでもらっていると、ヘムレンさんが「ミヤマセセリが交尾を開始したよ」と声をかけてくれました。Kさんと一緒に飛んで行くとちょうど真っ最中です!このペアは女性上位のようです。数コマ撮影したもののすぐ前の枝が邪魔で♂の個体まで上手く写せません。数少ない他種のチョウの交尾状況の経験から多分大丈夫かと思い「前の枝取ってみて良いですか?」とヘムレンさんKさんに聞くと「やめた方が良いよ!」と優しく窘められました。その後、みんなで数コマ撮影したのでコンデジの広角マクロで写すべく近づくと、案の定さっと別れて飛んで行ってしまいました。とてもナイーブな「ミヤマセセリ」のペアでした。交尾も種や個体差があるとはじめて知ったヒメオオです。
a0126632_19422878.jpg
a0126632_19423636.jpg

第1ポイントにほど近い雑木林の中を「センチコガネ?」が金属光沢に輝きながら歩いていました。

当日は、東京のKさん、ヘムレンさん、桶川のNさん、chochoensisさんお世話になりました。これからもよろしくお願いします。

         in100410比企丘陵 終わり
by himeoo27 | 2010-04-12 19:45 | セセリチョウ | Comments(16)


今年のトラフもお淑やか in100410比企丘陵②

「トラフシジミ」というと昨年は見るためだけに、この公園に4~5月3回、6~7月3回の計6回通って何とか「春型」と「夏型」を数頭観察出来ました。
今年は、諸先輩のブログを見ると2頭一度に撮影は当たりまえで、全開翅、交尾と素晴らしい記録のオンパレードで圧倒されています。単純なヒメオオは、交尾が見れるかしら?全開翅は無理にしても半開翅くらい見れるだろうと「アセビ」第一ポイントに戻ると
a0126632_1913289.jpg

少し痛んだ個体が高いところで吸蜜していました。しめしめ、本年は個体数大そうだぞ!
a0126632_193047.jpg

また新しい個体が枝先の花で吸蜜しています。
a0126632_1941487.jpg

このポイントのアセビの木の中に入るとトラフの方から近づいてきました。でもそれは稀ですし、木が高く脚立がないと綺麗な写真が撮れないので再び第2ポイントへ移動すると
a0126632_1971647.jpg

新鮮な個体が眼の前に止まりほんの少しだけ翅をひらいてくれました。この写真が本日のお気に入りです。今年もお淑やかなトラフですが、このぐらいが一番綺麗だと自分を慰めています。
a0126632_199289.jpg
a0126632_1991512.jpg

さてさて、シジミチョウの仲間では、今年初見の「ツバメシジミ」も舞ってくれました。

(横向きの写真はクリックすると少し大きくなります。)

               in100410 比企丘陵 続く                 
by himeoo27 | 2010-04-11 19:12 | シジミチョウ | Comments(10)


コツバメの産卵 in100410比企丘陵①

最近の諸先輩のブログを見ていると埼玉県で最もホットなスポットは「比企丘陵」では!と早速出かけてみました。この公園には、「アセビ」の花が4箇所に咲いており色々なな蝶が集まって来るので、私は蝶の多い順にかってにアセビポイント①~④と呼んでいます。
当然最初に向かったのはポイント①です。雲が厚く全く蝶が飛んでいません。それでもしつこく探していると、チョウではなく、何度かお会いした東京のKさんがお見えになられました。その後一緒にチョウを探しました。
a0126632_2152717.jpg

ポイント①②の間で、まず最初に出会ったのは「スジグロシロチョウ」春型でした。スジグロシロチョウを撮っていると「ヘムレンのnature photo」のヘムレンさんにお会いしました。これから3人で行動しました。
a0126632_2114812.jpg

ポイント②でもスジグロシロチョウがアセビに吸蜜に来てくれました。
a0126632_2125667.jpg

待望の「コツバメ」が出てきたと思ったら「蝶・チョウ・ゆっくり歩き」のchochoensisさんもこのポイントにやってきました。すると
a0126632_21285047.jpg
a0126632_2129172.jpg
a0126632_21291043.jpg

お腹の大きな♀がアセビの花の付け根にお尻の先をつけています。チョウが去ったあと良く見ると
a0126632_2132563.jpg

大福団子状で、中央部に窪みがある水色の小さな卵が産みつけられていました。
a0126632_21335577.jpg

コツバメはその後も次々に現れました。

                         in100410 比企丘陵 続く
by himeoo27 | 2010-04-10 21:36 | シジミチョウ | Comments(14)


多分スギタニルリシジミ in100403神奈川県③

神奈川県プチ遠征の最終回です。
a0126632_20185138.jpg

ギフチョウの山の頂のポイントに向かうと「カンアオイ」の花が咲いていました。新芽も出ていたので一応ギフチョウの卵を探してみましたが1個も見つけることは出来ませんでした。
a0126632_2022207.jpg

「ブナの新芽」もやっとチラホラ出ています。
a0126632_2023163.jpg

さらに「シュンラン」の花はあちこちに見ることが出来ました。
でも蝶はいないなあ~!と麓で「スギタニルリシジミ」居ませんか?と「蝶の玉手箱」のcactussさんにお聞きすると「少し下流に下った川沿いに居るよ」とのことで出かけてみました。すると
a0126632_20305870.jpg
a0126632_2031918.jpg
a0126632_20311998.jpg

初めて見たので自信がりませんが、ルリシジミに混じって多分「スギタニルリシジミ♀」に出会うことが出来ました。ルリより少し小さく裏面の味わいが深いとても愛らしい蝶でした。
この日、出会った蝶は、ギフチョウ×4、ミヤマセセリ×6、スギタニルリ×5、テングチョウ×4、ルリシジミ×3、キタテハ×1と不順な天候の割には大成果でした。

yodaさんが「神奈川県内に珍しい野鳥が来ているらしいので行ってみませんか?」と誘って下さったので珍しいものが好きなヒメオオは2つ返事で同行いたしました。
a0126632_2041732.jpg

ポイントにつくとバズーカ砲のような巨大な白いレンズを付け3脚を設置したカメラマンがずらりと並んでいました。皆さん親切で、ウグイスの仲間の「キヅタアメリカムシクイ」という本邦初登場の野鳥だと教えてくれました。スズメくらいの小さな鳥でチョコマカチョコマカ動くは、飛び回るは、でヒメオオの腕では手も足もでません。適当にオートフォーカスで数十コマ撮影したところ形が分かるのはこのコマだけでした。詳しくは「蝶・チョウ・ゆっくり歩き」のchochoensisさんの4月3日のブログをご参照ください。偶然この日早くに行かれていたようです。
a0126632_2050577.jpg

ギフチョウ、ミヤマセセリ、スギタニルリシジミ、キヅタアメリカムシクイとの出会いのあとはゴージャスな夕日が「トリ」を飾ってくれました。

誘ってくださった「yoda」さん、ミヤマセセリを見つけてくださった「霧島緑」さん、スギタニルリシジミのポイントを教えてくださった「cactuss」さん、保全協会のuさんhさん、地元のiさん、山頂でお会いした「てふのネイチャー写心」の「てふ」さん、また蝶や鳥のポイントでお会いした皆様、お世話になりました。おかげでとても楽しいプチ遠征を楽しむことが出来たヒメオオです!
by himeoo27 | 2010-04-08 21:05 | シジミチョウ | Comments(14)


手乗りミヤマセセリ in100403神奈川②

時間は遡りますが、駐車場からギフチョウのポイントに向かって歩いていると「蝶の観察記録」の霧島緑さん達が戻ってきていました。「ギフチョウ出ました?」と聞くと「まだ出ていませんが、すぐそこに
a0126632_20172177.jpg

ミヤマセセリがいますよ」と教えていただきました。日差しもなく、風も冷たく花の先で凍えていました。蛾のように3角形に翅を閉じており、私の自力ではこの子を見つけることは不可能です。霧島緑さん有難うございました。
a0126632_2022855.jpg

殆ど寒さで動けないので指をそろっと近づけると指の上にのってきました。
a0126632_2029463.jpg

この子をゆっくり枝先に乗せると少し陽が差してきました。するとゆっくり翅を開いたのでめったに見れない裏側から写真を撮ってみました。あわてたので少しピントの甘い画像ですが、この日のお気に入りの1コマです。
a0126632_20253719.jpg

上と同じ個体を上から撮影しました。この模様より♀のようですね!

山頂に登り麓に降りてくると、連続していた雲の切れ間が大きくなり太陽が完全に顔を出しました。ギフチョウが飛び始めるのと前後して
a0126632_20373813.jpg

ミヤマセセリも出てきて吸蜜をはじめました。こちらは♂のようです。

今年もやっとミヤマセセリを綺麗に写すことが出来ました。

                    in100403神奈川 続く          
by himeoo27 | 2010-04-04 20:42 | セセリチョウ | Comments(20)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
おはようございます! ..
by だんちょう at 09:01
ヤマトの蒼♀、もう出てい..
by OTTO at 08:44
え~~~、これがヤマトで..
by uke-en at 15:07
こんにちは。 一番上の..
by MIYAKOUTA5040 at 14:42
こんにちは 折角の3連..
by つばさ2号 at 11:15
MIYAKOUTA504..
by himeoo27 at 10:03
ヤマトシジミにこんなに綺..
by 22wn3288 at 07:58
シルビアシジミの翅表は、..
by Sippo5655 at 21:56
ヤマトシジミ蒼雌の表翅を..
by yurinBD at 21:28
yurinBD 様 兎..
by himeoo27 at 17:08
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧