ヒメオオの寄り道


<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧



北本の越冬蝶

09/12/31 埼玉県北本自然観察公園

先日裏庭の見沼田んぼを見回っていたので
a0126632_20301669.jpg

「ムラサキシジミ」は容易に見つけられます。
a0126632_20314550.jpg

とてもフレンドリーな個体なのでまん前から写真を写せました。真正面から見る
と太陽の方に翅を向けて傾いていることが分かります。
少し色が薄いのでひょっとすると・・・ルー・・・と翅裏を確認すると
a0126632_20354977.jpg

やはり、、、、ムラサキシジミです。閉じ翅でも角度がおかしいので横から見ると
a0126632_20374836.jpg

早春の「コツバメ」君のように閉じ翅を太陽の方に向けて傾けていました。

観察指導員に、ウラギンシジミの越冬ポイントを教えて貰い
a0126632_20413496.jpg

a0126632_20422394.jpg

見沼の経験を生かして容易に越冬個体を見つけることが出来ました。

諸先輩のブログを見るとオオムラサキの越冬幼虫が掲載されていたので、
ヒメオオも見つけてみようとエノキの樹の下に落ちている落ち葉をめくると、
a0126632_20472846.jpg

a0126632_20475116.jpg

ゴマダラチョウの幼虫が裏に引っ付いた落ち葉を数枚見つけました。

今年も残り3時間ですが、チョウ類保全協会に所属されている諸先輩のご指導
により埼玉県を中心に77種もの蝶の写真を撮影し、90種近い蝶を見ることが
出来ました。皆様大変有難うございました。

来年も、ご指導よろしくお願いいたします。

      (北本自然観察公園の越冬蝶終わり)
by himeoo27 | 2009-12-31 20:31 | シジミチョウ | Comments(12)


見沼田んぼの越冬蝶②(ムラサキシジミ)

09/12/29 さいたま市見沼田んぼ
a0126632_1935543.jpg

枯れ葉のような、あの蝶は・・・・・・・・・・
a0126632_195943.jpg

集団越冬しているというので探しにきた「ムラサキシジミ」です。
探し始めて既に2時間以上経っていました。
あわててリュックからカメラを取り出し飛んで行ったので蝶の方が吃驚して
翅を開かず舞い上がってしまいました。
a0126632_1981759.jpg

5m以上の高さの樹上に止まったので私の腕ではこれ以上手も足もでません。
見れただけで満足したので帰ろうとすると
a0126632_19113591.jpg

見送るかのように地面に降りてきて見送ってくれました。
もう少し早くこの写真撮っていたら某プロジェクトに応募したかな!

         (見沼田んぼの越冬蝶とりあえず終わり)
by himeoo27 | 2009-12-30 19:04 | シジミチョウ | Comments(6)


見沼田んぼの越冬蝶①(ウラギンシジミ)

2009/12/29埼玉県さいたま市

本日より正月休みに入ったので「見沼田んぼ」へ越冬蝶を探しに出かけてみました。
越冬蝶なるもの、これまで自力で見つけたのは良く考えると先日「新宿御苑」で見つけた
1頭のみです・・・・。
また、ヒメオオにとっては少し寒い(10℃を僅か切っただけですが)のですが、天気は良
くなるとのことで、何とかなるさと出陣しました。
自宅を出て北風に吹かれながら自転車を漕ぐこと30分程度で目指すエリアに辿りつきまし
た。さすがに先日NHK BS3で見た樹も撓まんばかりのメキシコのオオカバマダラの大
量越冬のようには居ないだろうとは覚悟していました。しかし、どの種も1頭も見つかりま
せん。1時間半ほど探して見つからぬのである樹の下に諦めてへたり込むと
a0126632_1948720.jpg

なにやら白いものが、目の前の葉の裏にしがみ付いています。
ウラギンシジミではありませんか!
a0126632_19505688.jpg

この時期のウラギンシジミは、春に羽化したものと比較すると翅の先が剣先のように尖って
います。接近して拡大写真を撮っていると
a0126632_19531680.jpg

集団越冬と言うには小規模ですが、2頭の集団越冬を直ぐ近くで見つけました。何処にいる
か分かりますか?
a0126632_19553046.jpg

中央付近に2頭しがみ付いていますよね!
a0126632_19565096.jpg

そのうちの1頭のこの写真は、本日のお気に入りです。越冬蝶というお題が出たら応募して
みようかな?
a0126632_1959163.jpg

さらに、最初の1頭を再度接写して、カメラを片付けて帰ろうとすると・・・・・・・・・

          (見沼田んぼの越冬蝶②へ続く)
by himeoo27 | 2009-12-29 19:50 | シジミチョウ | Comments(6)


ムラサキシジミ in新宿御苑

2009.12.27 in新宿御苑

a0126632_8385619.jpg

a0126632_8393699.jpg

日本チョウ類保全協会の写真展が新宿御苑であるとのことで、昨日出かけてみ
ました。午前中は、御苑内にムラサキシジミ、ムラサキツバメ、ウラギンシジミ
等の越冬個体が居るのでは?と探してみました。
新宿門から入ると、紅葉やラクウショウ(公園で貰った地図より推定)等が
出迎えてくれます。
a0126632_8465932.jpg

水辺には、ダイサギ(多分?)が餌を探していました。蝶を探しているので
すが、この他目に付くのはカラス、メジロ、シジュウカラ、スズメ、カモ等々
の鳥類ばかりです。
a0126632_8494835.jpg

約1時間くらい探していると思ったよりも高い樹の小枝の間にチラチラ青く
輝くものがいます。居ました、居ましたムラサキシジミです。
a0126632_852931.jpg

柔らかい日差しを浴びて日光浴を始めました。近づいて撮影しようとすると
人通りが多く梢の上に舞い上がりました。
蝶が居なくなったので池に沿って進んでいくと昼間なのに「狸」がトコトコ歩
いていました。あわててカメラを向けたら穴に入ってしまいました。
a0126632_8555998.jpg

道に沿って開けた場所に出ると「ペーパーホワイト」と言う名前の水仙が沢山
咲いておりました。
a0126632_8574815.jpg

バラ科の少し馬鹿にしたよう名前の「ヒボケ」という花も赤く輝いています。
a0126632_915199.jpg

その先は広々とした芝生が広がりとても清々しい場所です。でもこの時期蝶や
その他昆虫は居そうも無いので午前中の散歩は終わりにしました。
午後から、チョウ類保全協会の会員の皆さんの素晴らしい写真を見ました。
さらに「栗の林」を中心にした里山の四季の様子を自然の面だけでなく、歴史軸、
地方文化も含めて多彩な写真に纏められた永幡さんの講演を聴きました。
夕方からは、近くの居酒屋で忘年会に参加して皆さんと「チョウ」の話で大いに
盛り上がりました。
少し飲みすぎたので・・・・酒に弱いヒメオオは迷惑をおかけしたのではと心配
です。かけていたら御免なさい!
それにしても、ムラサキシジミは見れたし、ブログの中でお世話になっている憧れ
の諸先輩に遭えたし、とても楽しい1日でした。
by himeoo27 | 2009-12-28 08:39 | シジミチョウ | Comments(14)


タテハモドキ、アオタテハモドキ in多摩動物公園⑥

080927、090221
今回掲載の蝶は、今年11月に訪問時見つけられなかったので全てコンデジの
写真です。でもこの昆虫園の中で好きな蝶の仲間の
080927
a0126632_8505917.jpg

タテハモドキです。クジャクチョウをラテンの乗りで軽やかにしたような蝶です。
何で「モドキ」などという名前を拝命しているのか私には理解出来ません。
「キジャノメ(黄蛇の目)タテハ」とかもっと分かり易い名前にしなかったのか
不思議です。台湾や韓国には、同じような名前の蝶がいるのでしょうか?
090221
a0126632_983291.jpg

この蝶は半開翅や全開翅で停止していることが多く完全に閉翅はあまり見当たり
ません。
090221
a0126632_9131262.jpg

裏面は、クジャクチョウのそれと違いヒメウラナミジャノメと同じように目玉
模様が付いています。
080927
a0126632_9175454.jpg

綺麗な翅を全開にして止まっている個体です。裏面より目玉模様が鮮やかに感
じます。

080927
a0126632_9215929.jpg
080927
これは、「アオタテハモドキ」の裏面です。ちらっと見るとタテハモドキに似て
います。
080927
a0126632_9244867.jpg

アオタテハモドキの表面は、裏面と異なりとても鮮やかな色彩で目を楽しませて
くれます。この子は、「アオジャノメ(青蛇の目)タテハ」という名前の方がお
似合いでは?

(タテハモドキ、アオタテハモドキ in多摩動物公園⑥ 終わり)
by himeoo27 | 2009-12-26 09:08 | タテハチョウ | Comments(7)


シロオビアゲハin多摩動物公園⑤

080614,080927,091128 in多摩動物公園昆虫園
091128
a0126632_1521448.jpg

多摩動物公園で飼育されているアゲハの仲間で一番多いのはこのシロオビアゲハ
です。オオゴマダラやツマベニチョウ等の大型の蝶がいるので少し小さく感じます。
でも、写真の通りアップすると気品と優雅さを持っていることが分かります。
080614
a0126632_15284446.jpg

幼虫は、アゲハチョウと同じ「芋虫」状でアゲハより少し黒が多く綺麗な首輪をし
ているようです。食樹もアゲハと同じく栽培ミカン類の葉のようです。
観察会に参加して運が良ければこのように触らせて貰えます。
080927
a0126632_15351861.jpg

吸蜜する時は翅を閉じ気味でパタパタさせていることが多いのですが、たまに
開翅状態で吸蜜することもあります。
091128
a0126632_15381566.jpg

一般的な吸蜜状況です。でも動きが速く私は、なかなかついていけません。
091128
a0126632_15412694.jpg

♀を♂を追尾するシーンは良く見かけました。でもそれなりの写真はこの1コマ
くらいでした。自然界では、多分旨く撮れないのでしょうね!
091128
a0126632_15461672.jpg

最後も吸蜜シーンです。

             (シロオビアゲハin多摩動物公園⑤終わり)
by himeoo27 | 2009-12-23 15:28 | アゲハチョウ | Comments(6)


カバタテハin多摩動物公園④

2009.02.21 2009.11.28 in多摩動物公園
昆虫生態園へは入口を入って、右に折れ緩やかな坂道を登って行きます。
すると直ぐに道の右手上方に温室のドームが見えてきます。
a0126632_11104977.jpg

蝶の写真を撮る時は急いで温室に入らず、ゆっくり外国産の昆虫・小動物
を見て、ガラス越しに蝶の幼虫や蛹が観察出来る育成室を覗き、撮影しなが
らカメラとレンズを暖めます。温室との間は2重扉になっているので、さらに
ここで防寒着を脱いで内外の温度差にも備えます。
a0126632_1119687.jpg

カメラを暖めずに急いで温室に入るとレンズが曇って暫く撮影出来ません。
温室のドーム内は傾斜のあり広々とした場所です。
a0126632_11292679.jpg

本日、掲載するのは「カバタテハ」です。この蝶は翅をベッタリ開いて止まって
いることが多いです。
a0126632_11323059.jpg

草薮の中にいる時は半開翅や
a0126632_11334898.jpg

たまに、閉翅で止まって休息している個体もいました。蝶にしてはかなり地味
ですが、味わいのある模様だとおもいます。
by himeoo27 | 2009-12-19 11:14 | タテハチョウ | Comments(8)


企画展「絶滅危機のチョウを守る」

下記の通り来週22日~27日にかけて新宿御苑インフォメーションセンターで
企画展「絶滅危機のチョウを守る」があります。
ご興味のある方はぜひご参加ください。

ヒメオオも写真を応募しています。(でも展示してくれるのかな?) 
a0126632_218781.jpg

この個体の別の姿なのですが・・・・・・・・

****************************************
.12.22-27(火~日)企画展「絶滅危機のチョウを守る」東京都新宿区にある新宿御苑の
インフォメーションセンターにて、企画展を行います。
チョウの現状と保全に関するパネルの展示のほか、当会会員撮影のチョウの写真展、ミニ
講演会を行います。チョウの保全やチョウの生態写真の撮影などに関心のある方は、ぜひ
ご来場ください。

■開催日時・場所
 12月22日(火)~27日(日) 9:00~16:30 ただし、27日(日)のみ9:00~15:00
 新宿御苑インフォメーションセンター アートギャラリー(新宿御苑新宿門近く)
 http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/2_guide/access.html

■ミニ講演会
 12月26日(土) 1回目 11:00 ~ 11:45 2回目 13:00 ~ 13:45
           3回目 15:00 ~ 15:45
 12月27日(日) 1回目 11:00 ~ 11:45 2回目 13:30 ~ 14:30
  各講演 定員 先着30名まで。
 
永幡嘉之氏  自然写真家、日本チョウ類保全協会理事
    「里山の生物はどこから来たのか」

  中村康弘  日本チョウ類保全協会事務局長
    「絶滅危機のチョウを守る」

  なお、27日の2回目の永幡氏の講演は「特別講演」となります。

 
by himeoo27 | 2009-12-15 21:09 | アゲハチョウ | Comments(8)


第4回全国チョウ類保全シンポジウム

2009年12月13日 埼玉県嵐山町

本日、日本チョウ類保全協会主催のシンポジウムに参加してきました。
a0126632_20425588.jpg

a0126632_20432939.jpg

会場は国立女性教育会館で上記の通り、オオムラサキの森に隣接する庭はとても
綺麗です。
さらに、本日講演された海野さんが何か見つけたと人垣が出来ていました。
a0126632_2047948.jpg

紅葉が落ちた低木になにやら大きな枯葉が引っかかっているようです。
a0126632_20485589.jpg

良く見るとこの「枯葉」の下の方には目がついています。諸先輩に聞くとアケビコノハ
という名前の蛾だそうです。
肝心のシンポジウムですが、山梨県の小林さんの詳しいオオムラサキの生態の説明や
昆虫写真家の海野さんの「チョウの楽しみ方」、北海道~山梨県までの各地の保全活動
の話等で盛り沢山でした。オオムラサキについてより身近に感じることが出来ました。
a0126632_20564950.jpg

協会の中村さんはじめ各地で地道な保全活動されている皆様、
何時もブログを拝見させて頂いている諸先輩、地元の中学生や、大学生など若い方々
にお会いできて、とても楽しかったです。
by himeoo27 | 2009-12-13 20:42 | | Comments(12)


ツマムラサキマダラ(多摩動物公園③)

多摩動物公園09.02.21、09.11.28

11月28日に多摩動物公園の昆虫園で見かけたチョウの中で一番ヒメオオが
綺麗だと感じたのは
09.11.28♂
a0126632_847413.jpg

この「ツマムラサキマダラ」です。良く似たタテハチョウ科のヤエヤマムラサキも
この昆虫園で飼育しているので正直どちらか判別する自信はありませんが図鑑を
見比べてたぶんこの子は、ツマムラサキマダラと思います。
09.02.21
a0126632_8534696.jpg

ツマムラサキマダラは、1970年代八重山諸島から北上を始めたそうで1990
年代に入ると沖縄本島、九州・四国の南端にも見られるようになったそうです。
蛹は、図鑑によると先日掲載した同じマダラチョウ科のオオゴマダラと同じ形状ら
しい。色は金色でなく瑠璃色に妖しく輝くそうで蛹もぜひ見てみたいです。
09.02.21♀
a0126632_932437.jpg

♀の後翅には♂と比較すると少し強い白い筋が入っています。
09.11.28♀
a0126632_95574.jpg

この蝶はあまり翅を開かず動きも速いので、のんびり近づいて撮影する私には
苦手な種です。でもこの♀の個体はホンノ少しの時間、翅を開いてくれました。
09.11.28♂
a0126632_9103966.jpg

翅を閉じて吸蜜する時は、この種にしては落ち着いています。でもチャ-ムポイント
の表翅の紫の輝きは全く写りません!う~ん・・・・・・
09.11.28♀
a0126632_91694.jpg

こう並べていくと♀の方が、愛嬌が良いようで綺麗な表翅を見せる頻度は多そう
ですね。でもアゲハチョウのように常に翅をパタパタさせて吸蜜するのでピント
とブレのせめぎ合いのような写真しか撮れませんでした。
09.11.28♂
a0126632_9221998.jpg

♂も翅を開閉しながら吸蜜しているところを撮影してみました。翅はブレブレです
がこの蝶の写真としてはこれがお気に入りです。

  「ツマムラサキマダラ(多摩動物公園③)終わり」
by himeoo27 | 2009-12-12 08:53 | マダラチョウ | Comments(4)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧