ヒメオオの寄り道


<   2009年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧



許されざるシジミチョウの恋 と 他の昆虫(in見沼田んぼ)

昨日、ギンイチのポイントに行く途中「ゴマダラチョウ」が頭上
を通り過ぎたので、自転車を止めて付近をキョロキョロすると
a0126632_15153717.jpg

何やらヤマトシジミ♂がベニシジミ夏型に言い寄っています。
a0126632_15172372.jpg

あれあれ、ヤマトシジミ♂が交尾行動に入りました!!!!
ベニシジミは嫌がって逃げ回りますが、さらにヤマトシジミ♂
がもう1頭加わり3つ巴で求愛を開始する始末です。
ベニシジミ側の原因として夏型で黒っぽい、
                羽化直後か動きが遅い、
ヤマトシジミ♂側に立つと暑過ぎて少しボケてしまった、
等々が重なったのでしょうか?
どちらも普通種のチョウですが、ちょっと観察しただけでも
面白い行動をするものですね。

自転車に乗りさらに進むとちょっと玄人さんっぽい色彩の
a0126632_15304823.jpg

昆虫がいました。「マメハンミョウ」という名前だそうです。
「森のできごと」の土橋さんに教えて頂きました。

「見沼田んぼ」はその名の通り水路が多く、トンボも色々な
種類がいます。でもこの日撮影出来たのは
a0126632_15365950.jpg

a0126632_15373119.jpg

ナツアカネくらいでした。
by himeoo27 | 2009-08-30 15:16 | シジミチョウ | Comments(12)


ギンイチ見沼田んぼ3、2、1化

皆様のブログを見ているとギンイチの3化が、埼玉県内
他で発生し始めているとのことで本日見沼田んぼのポ
イントに出かけてみました。
昼過ぎに到着したので体感温度は、30℃をはるかに越
している感じです。1化、2化を観察出来た休耕田と思わ
れる単子葉植物を中心にした荒地を探してみるも、入口
付近では中々見つけられません!やっと1頭見つけるも
暑さでクラクラしている間に見失いました。
8月14日のキベリタテハと同じか?と不安がよぎった時
a0126632_1952547.jpg

い~いました。
a0126632_1964016.jpg

ギンイチモンジセセリの3化です。
a0126632_1972885.jpg

久しぶりの暑さの為か、羽化したばかりなのか動きがとても
スローモーですぐ止まります。でも止まるところが地上20cm
程度と低い位置なのでカメラを旨くコントロール出来ません。
a0126632_1993179.jpg

個体数も、1化>2化≧3化という感じで、本日は3~4頭程度
しか見つけられませんでした。

今年の蝶のシーズンの始まる前の第一目標がこの「ギンイチ
モンジセセリ」を見ること!でしたから
a0126632_1914626.jpg

2化
a0126632_19144665.jpg

1化

に続いて3化が見れたのはとても満足いたしました。

次は、皆様に教えて貰って、交尾、産卵等の成虫の活動状況
卵、幼虫、蛹といった成長過程も観察したいものです。
by himeoo27 | 2009-08-29 19:06 | セセリチョウ | Comments(6)


北本の夏の昆虫

葛の花を食べているのは
a0126632_2117241.jpg

どれが花で、どれが虫か分かりませんが2本の角を持っているのが
幼虫です。うまく羽化すると
a0126632_21195763.jpg

裏翅が銀色に輝くウラギンシジミになります。

クロコノマのいた近くには
a0126632_21225541.jpg

a0126632_21235582.jpg

サトキマダラヒカゲが止まっていました。
樹液の出ているとどうしても
a0126632_21253188.jpg

クワガタムシをついつい探してしまいます。

a0126632_21265028.jpg

ノシメトンボ
a0126632_21273397.jpg

オオシオカラトンボ
等のトンボ類も健在でした。
by himeoo27 | 2009-08-26 21:19 | シジミチョウ | Comments(10)


地球温暖化in北本

諸先輩のブログや、北本自然観察公園のhpの日記を読んでいると
色々興味深い昆虫が発生しているらしいので久しぶりに北本に出か
けてみました。

a0126632_182582.jpg

まず、ジャノメチョウの仲間のクロコノマチョウです。大型で風貌は、
堂々として落ち着いた雰囲気です。でもこの個体は、かなり鋭敏で
樹液を吸蜜していたのに近づくと逃げてしまいました。私の持ってい
る約20年前の蝶の専門図鑑には静岡県以西と書かれており地球
温暖化により北上しているようです。私も、埼玉県内では初見です。

a0126632_1892116.jpg

次は、蝉の生り損ないのようで、背中に顔の絵がクレヨンで書かれた
ようなクロメンガタスズメという蛾の仲間です。上記とは別の鹿児島の
出版社が4年前に出した「昆虫の図鑑」によると九州以南と記載され
ており上記クロコノマ以上に急激に北上したようです。
それにしても異様だが、興味深く面白い風合いの昆虫ですね!
先週初めに、chochoennsisさんの「蝶・チョウ・ゆっくり歩き千蟲譜
物語」に記載されていたので詳細は参照下さい。

最後は、地球温暖化というと
a0126632_18315471.jpg

a0126632_18322538.jpg

このツマグロヒョウモンでしょう。昨年来埼玉県内の平野部でヒョウモン
チョウが飛んでいると殆どこの種です。さらに、大型で見栄えの良い子
でとても目立ちます。
でも前掲の20年前の蝶の専門図鑑には関東地方は除外されており、
繁栄の凄まじさは上記2種を遥かに凌駕しています。

本日、写真が撮れたのはこの3種だけですが、ここ埼玉県北本市の蝶や
蛾の世界では温暖化の影響を大きく受けていそうです。
by himeoo27 | 2009-08-23 18:08 | ジャノメチョウ | Comments(12)


我が家のベランダにて

今年春、某プロジェクトの写真撮影の分担の蝶の1種にアゲハチョウ
がありました。昨年この種は、ギフチョウを除き全く写真を写したことが
なかったので、山椒の木を数本我が家に植えてみました。
すると、その結果
a0126632_1651676.jpg

7月30日にアゲハチョウ♀が羽化していました。ヒラヒラ舞っている
アゲハチョウも綺麗ですが、我が家のベランダで羽化した子は格別
です。
a0126632_1654594.jpg

暫くすると舞い上がって翅を開きました。
a0126632_16575883.jpg

幼虫時代です。親が考えなしに卵を産んだため我が家の山椒の木の
葉を食べつくして今回羽化した子は上の1頭のみでした。

その他、ベランダには山椒の木の他に
a0126632_1711872.jpg

ミニトマトや
a0126632_1715419.jpg

何故か?サトイモがプランターに植えられています。

本日は、フィールドに出かけなかったので掲載していなかった我が家の
写真載せてみました。
by himeoo27 | 2009-08-22 16:53 | アゲハチョウ | Comments(4)


山梨遠征③

稜線から少し下った開けた草原には
a0126632_2191466.jpg

ウラギンヒョウモンがアザミの花で吸蜜していました。
yodaさんの指摘により名前が確定しました。

さらに下ると少し明るい林の中では
a0126632_2113427.jpg

多くの「ヒメキマダラヒカゲ」が舞っていました。この日は、この蝶と
オオチャバネセセリを沢山観察いたしました。
2回目(上高地いれて3回目)でやっとそれなりに撮影できました。

さらに降りていくと
a0126632_21152818.jpg

森の中には、苔やシダが綺麗です。

バス停の近くの花にはジャノメチョウ?が来ていたので撮影してみました。
a0126632_21183976.jpg

でも眼状紋が少ないようです。ジャノメチョウは個体差大きい種類とのこと
ですが、ひょっとして珍品でしょうか?

もう写真が尽きてしまったので8月14日の山梨遠征の報告終わります。 

*いずれの写真もクリックすると少し大きくなります。             
by himeoo27 | 2009-08-20 21:12 | ジャノメチョウ | Comments(6)


8月14日 山梨遠征②(人為物に集まる蝶、蛾)

8月14日 山梨遠征の中で昨日は、約1800~2100mの稜線上
の花や蝶の写真を掲載いたしました。

「人間の手がつかない自然」ということで、原生林への憧れが強い
ヒメオオですが、意外と蝶や蛾たちは無頓着とういか、人為物に逆
に集まってくるように感じます。
稜線上から降りてきて、山小屋の屋根の上を見ると
a0126632_10185375.jpg

綺麗な赤っぽい蝶が翅を広げて休憩しています。お!お!これは
まだ写真を写したことの無かったエルタテハ君ではありませんか。
道路で吸水中や、葉の上での休憩でも写せたら最高ですが、まあ
証拠写真でパチリ!近づいて撮ろうとしましたが驚いて飛び去って
しまいました。

別の山小屋の近くのベンチには
a0126632_1025545.jpg

たぶんペアのクロヒカゲが仲良く座ってお話ししていました。
また、車道沿いの看板にも
a0126632_10272664.jpg

クロヒカゲが止まっていました。

登山口のJRの駅の階段を良く見ると
a0126632_10291747.jpg

オオミズアオと思われる綺麗な大型の蛾がいました。

8月1日の遠征においてもコムラサキやサカハチチョウが、花や樹液
ではなく廃屋に集まっておりました。
私は、他の昆虫の生態についてはまだ全く知りませんが、カブトムシ
や多くの蝶の仲間は意外にも人為物や、作業と共存しているように感
じています。

                 ― 山梨遠征 続く ―
by himeoo27 | 2009-08-16 10:24 | タテハチョウ | Comments(4)


稜線上の蝶と花

昨日、「キベリタテハ」を求めて山梨県の山中に行ってきました。
登山口に到着すると一面濃くガスがかかっており全く蝶の飛び
そうもない天気でした。気力を奮い立たせて、1時間ほど山道を
登ると突然視界が開けて広々とした場所に出ました。運良く風が
ガスを飛ばし日差しもさしてきました。すると!念願の今年羽化し
たと思われる綺麗なキベリタテハが悠然と目の前を通りすぎまし
た。昨年以前の他の人のブログや記録によるとこの山の稜線上
には、沢山のキベリがいるとのことで気を良くして登攀を再開しま
した。しかし、結局この日キベリに会えたの、まさにこの一瞬だけ
でした。

それはともかく、キベリに出会った広場からさらに30分ほど登ると
遮るものの無い岩と草花に覆われた気持ちの良い稜線にたどり着
きました。
a0126632_9235826.jpg

a0126632_9245364.jpg

アカトンボも避暑にやってきています。
a0126632_9255278.jpg

a0126632_9262294.jpg

オオチャバネセセリがせっせと吸蜜中です。
a0126632_9273844.jpg

a0126632_9281252.jpg

アサギマダラも優雅に舞を披露してくれました。
a0126632_929402.jpg

a0126632_930316.jpg

クジャクチョウが岩の上で休んでいました。

キベリの写真は撮れず、ガスで視界もきかない山行でしたが、
この暑い時期清々しい遠征でした。

明日は、麓の山林や、山小屋の廻りで観察した蝶を報告します。
by himeoo27 | 2009-08-15 09:24 | セセリチョウ | Comments(4)


狭山タマムシ他

本日は、8月8日に撮影した狭山丘陵シリーズの最後です。

ホソオチョウやジャコウアゲハを観察していると
a0126632_8245222.jpg

タマムシが飛んできました。
a0126632_8261613.jpg

横から見ると腹が、ふっくらしているのでチョウなら♀と判断
したくなる個体です。ウマノスズクサの間に小さなエノキの木
が数本生えているので、産卵に来たのかも?しれません。

さらにエノキの木の廻りには
a0126632_830364.jpg

ホソオチョウと並んで2大「狭山放蝶」のアカボシゴマダラが
飛んできました。左後翅が痛んでいますが写真撮影は始めて
なので、あわてて写しました。

a0126632_8353724.jpg

どこでもいるヤマトシジミですが、外来種以外の蝶には少し身
びいきしてしまいます。表翅の輝きは素晴らしかったです。
a0126632_8383139.jpg

愛らしいイチモンジセセリも当然健在でした。

今回の貴重な観察を指導してくださった「蝶の観察記録」の霧島緑さん
大変ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

                       ― 狭山シリーズ終わり ―
by himeoo27 | 2009-08-13 08:25 | タテハチョウ | Comments(4)


狭山ジャコウ

ウマノスズクサを食草とする日本固有の蝶は、
a0126632_2082916.jpg

ジャコウアゲハです。
同じアゲハチョウの仲間なのに、大きさ・行動等がかなり異な
っています。
大きさ、飛翔力 ジャコウ>ホソオ ですが、

a0126632_2012152.jpg

1度に産卵する卵の数は10倍程度 ホソオ>>ジャコウです。

a0126632_2014372.jpg

ゆえに、幼虫の大きさでは、ジャコウ>ホソオで、
その数は、ホソオ>>ジャコウになります。

a0126632_20163076.jpg

♀は、他の蝶と異なり非常に綺麗です。残念ながらこの個体は
右後翅に少し傷がありますが、それを凌駕していると思うのは、
まあ~撮影者の欲目かな!
ホソオの♀は色黒ですが、ジャコウの♀は色白です。

a0126632_20204789.jpg

♂は、上の♀に比べると地味です。でも、この子は羽化したばかり
なのか、とても美男子です。
♂は逆にジャコウが黒っぽく、ホソオが白っぽいです。

a0126632_20233027.jpg

ウマノスズクサの木陰では、蛹から羽化したところなのか?
まだ翅が伸びきっていない♂の成虫がいました。
その下にホソオの幼虫が写っています。
a0126632_2035022.jpg

しばらくして、裏側に廻ると横に蛹の殻がありました。
幼虫や蛹の数が圧倒的にホソオが多いのでこの日観察出来た新鮮
な個体はこの1頭だけでした。
多分、上の♂の開翅の個体は、これらの写真と同一と思われます。

a0126632_20253867.jpg

ホソオの繁殖力に圧倒されながらも、素晴らしい行動力で逞しく生き
ているジャコウ達にエールを送りました。
by himeoo27 | 2009-08-11 20:11 | アゲハチョウ | Comments(7)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
日陰だと、流石のヒメオオ..
by uke-en at 10:36
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:13
曼珠沙華にクロアゲハin..
by ainomidori443zeph at 20:41
椿の茶屋 様 ヤマトシ..
by himeoo27 at 17:59
ヤマトシジミ、希少性では..
by 椿の茶屋 at 09:51
だんちょう 様 こちら..
by himeoo27 at 16:57
OTTO 様 ヤマ..
by himeoo27 at 16:42
uke-en 様 その..
by himeoo27 at 16:30
MIYAKOUTA504..
by himeoo27 at 16:16
つばさ2号 様 ヤマト..
by himeoo27 at 16:09
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧