ヒメオオの寄り道


カテゴリ:昆虫一般( 55 )



棘のあるもの輝くもの半翅目色々 2016.05~06

6月18日トンボを探している時にKさんに教えて貰ったのは
a0126632_13265575.jpg

半翅目の仲間「タケウチトゲアワフキ」です。
背中にある弓状の大きな棘が格好良く、黒い目が愛らしい
昆虫ですね!
a0126632_13303810.jpg

タケウチトゲアワフキの幼虫は、上の写真のようにシナノキの
枝に石灰質の巣を作るそうです。
     2016.06.18埼玉県内某所
******************************
a0126632_13345987.jpg

5月25日、仕事に出かける為に自宅を出て大宮駅に向かって歩い
ていると玄人さん好みの黒白模様をした「ヨコヅナサシガメ」が
歩いていました。少し恐ろしそうな昆虫です。
a0126632_1835360.jpg

「ヨコヅナサシガメ」の前脚、中脚に赤い蟲?が付いています。
どうもダニの仲間のようです。
     2016.05.25埼玉県さいたま市大宮区
*******************************
a0126632_13422288.jpg

裏高尾の林道で開催されたチョウの観察会の時に見つけたのは
「アカスジキンカメムシ」です。まずコンデジのスーパーマクロ機能
で撮影し
a0126632_13483239.jpg

次にデジイチの105㎜マクロレンズで撮影しました。
輝く黄緑色の金属光沢の地色と薄いピンクの筋がとても綺麗でした。
     2016.05.15東京都郊外
*******************************
a0126632_13523271.jpg

a0126632_13525411.jpg

西表島の草むらでチョウと一緒に観察出来る半翅目の仲間は、
「イワサキクサゼミ」です。ノンビリした蝉でカメラが触れる
ほど接写してもまず逃げません。
a0126632_1356237.jpg

下の写真をuke-enさんのように注意して見ると胸部と中脚に
赤い蟲が付いていました。
*****************************
下記↓uke-enさんのコメントをコピペします。
セミやクモに寄生するカベアナタカラダニだそうです。その
筋では有名みたいで、一応人には無害だそうです。
*****************************
a0126632_1404022.jpg

赤・黒・白の樹脂細工のような「クロジュウジホシカメムシ」は
西表島では結構見つかりますが、石垣島には少ないそうです。
a0126632_143889.jpg

a0126632_1434644.jpg

「ナナホシキンカメムシ」は集団の輝きも凄く綺麗ですが、
木漏れ日による微かな煌めきには魅せられました。
     in2016.05.04~07石垣島&西表島⑧
by himeoo27 | 2016-06-25 14:13 | 昆虫一般 | Comments(14)


昨年11月八重山諸島遠征から in2015.11.20~23⑨

今日は小雨交じりの曇天なので、チョウ探しを諦め
昨年11月八重山諸島遠征時撮影した未掲載のセセリチョウと
イトトンボの仲間をご紹介します。
a0126632_7561865.jpg

最初は「コウトウシロシタセセリ」です。
今までこのセセリチョウとは相性が悪く、石垣島と西表島で
それぞれの島で一度づつ証拠写真を撮っただけでした。
a0126632_7591848.jpg

a0126632_7593952.jpg

今回は天候にも恵まれて各地でその美しい姿を堪能出来ました。
a0126632_8271.jpg

関西地方以南でも観察出来る「クロセセリ」も個体数が多く
キチョウの仲間たちと仲良く吸蜜する姿が観察出来ました。
a0126632_843451.jpg

「タイワンアオバセセリ」は形状は南関東のアオバセセリと
ソックリですが、名前とは異なり色はちっとも蒼くありません。
a0126632_864920.jpg

石垣島の旅館の屋上から少し開いた表翅も証拠写真程度ですが、
撮影叶いました。
オキナワビロードセセリテツイロビロードセセリと並んで
表翅の撮影困難種の1種なので少し嬉しかったです。
a0126632_8142526.jpg

a0126632_814442.jpg

「ネッタイアカセセリ」はアカセセリよりキマダラセセリに近似
した可愛いセセリチョウです。
ネッタイアカセセリと同じく、石垣島&西表島に生息している
アサヒナキマダラセセリがアカセセリに似ているので、この2種
の名前の付け方が、ちょっと面白いです。
a0126632_8223967.jpg

西表島のタイワンヒメシジミのポイントで撮影した
「チャバネセセリ」です。
翅が尖って見えたので勝手にトガリチャバネセセリと思い込み
1人で盛り上がりました(笑)。

ここからは西表島の林道で撮影した美麗イトトンボ交尾2種です。
a0126632_8282597.jpg

最初は「アカナガイトトンボ」ペアです。雄の鮮やかな朱色が目を
惹きました。
a0126632_8325453.jpg

次は胸部の水色が美しい青色型の「マサキルリモントンボ」です。
普通は山間部の薄暗い渓流沿いに生息しているようですが、この時
は明るい場所で見つけたので何とか撮影叶いました。

a0126632_8371451.jpg

9回にわたり掲載した2015.11.20~23八重山諸島遠征の報告の最後
は西表島の桟橋で撮影した虹です。

また、八重山諸島遠征に出かけたくなったヒメオオです(笑)。
by himeoo27 | 2016-04-03 08:53 | 昆虫一般 | Comments(30)


埼玉の冬を過ごす昆虫たち in2016.01.10~30 

埼玉県内でも師走の寒さの中、昆虫たちがどのように冬を
過ごしているのか観察してみました。
a0126632_16185911.jpg

a0126632_16192468.jpg

埼玉県中部の公園でまず見つけたのは「ウラギンシジミ」
です。まだ寒さが厳しくなかったこの時は5~6頭見つける
ことが出来ました。
a0126632_16222652.jpg

a0126632_16224254.jpg

「ウスバフユシャク雌」でしょうか?1月2日に交尾ペア
見つけた直ぐ近くで冬尺蛾の雌を今季初きちんと撮影でき
ました。成虫なのに珍妙な形状ですね!
       in2016.01.09埼玉県中部の公園
****************************
a0126632_16285298.jpg

珍妙な蛾というとこの「ブドウトリバ?」などのトリバガの
仲間でしょう。見沼田んぼのムラサキツバメの越冬集団のあ
る場所のすぐ近くの石灯籠に止まっていました。
       in2016.01.10見沼田んぼ
****************************
a0126632_16385912.jpg

a0126632_16392727.jpg

1月17日~18日にかけての大雪で
見沼田んぼのムラサキツバメの越冬集団がどうなったのか
心配になって出かけてみました。
集団の数が5→4頭に減ったものの1枚奥の葉の上に移って
元気に過ごしていました。
       in2016.01.23見沼田んぼ
****************************
心配していた1月23日~24日の降雪は殆どなかったものの
1月25日~26日の記録的な低温、1月29日~30日の氷雨が
ムラサキツバメの越冬集団にどのような影響を与えたのか
確認すると
a0126632_16522154.jpg

残念ながら1頭に減っていました。この1頭だけでも冬を
乗り越えて欲しいです。
a0126632_1655463.jpg

a0126632_16552171.jpg

「ブドウトリバ?」のいた石灯籠には「キイロテントウ」
が3頭5℃程度の低温なのに元気に歩き回っていました。
a0126632_16584016.jpg

他の生き物は・・・と探してみると蛾の幼虫?が見つかり
ました。
鍵コメ1さんのご指導でインターネット検索したところ
「ゴマフリドクガ」の幼虫のようです。
鍵コメ1さんご指導ありがとうございました。

       in2016.01.30見沼田んぼ
by himeoo27 | 2016-01-30 17:06 | 昆虫一般 | Comments(16)


年のはじめに2015年未掲載写真より

2016年の年明けにあたり2015年撮影しブログ未掲載画像
の一部を掲載します。
a0126632_85311.jpg

巻頭は、「ぐんま昆虫の森第10回写真展で入賞した
「ギフチョウと集う」です。
神奈川県の山の上で狙い通り撮影者や観察者の前を舞う3頭
のギフチョウの姿を写しとるが叶いました。
a0126632_921365.jpg

4~5月にかけて西表島の山中では「ヤエヤマボタル」が群舞
します。黄色い光を点滅させながら飛ぶので、軌跡が点線に見
えます。日が暮れると1時間程度、真っ暗な密林の中で目を楽
しませてくれます。
a0126632_965318.jpg

日が暮れて1時間を過ぎるとヤエヤマボタルが減り、点滅間隔
の短く緑色に光る「キイロスジボタル」が登場です。分かりに
くい写真ですが、真ん中下のみキイロスジボタルの軌跡です。
キイロスジボタルの発生時期は5月からとヤエヤマボタルとズ
レがあるので、2種同時に軌跡が撮れることは稀です。
a0126632_9204783.jpg

日本チョウ類保全協会では庭のチョウの調査を行っています。
私も庭にブッドレア、ウマノスズクサ、サンショ、カタバミ、
フジマメ、スミレ等々を植えてチョウを待っています。
すると街中にあるコンクリート造の私のマンションの壁に茶色のタ
イルを樹と間違えたのか「サトキマダラヒカゲ」が飛来しました。
a0126632_930882.jpg

チョウというとやはり「オオムラサキ」でしょう。目の覚めるような
青紫色の輝きを北杜市のオオムラサキセンターで楽しみました。
a0126632_9334124.jpg

長野県の山中を歩いていると
MIYAKOUTA5040さん、「sippoさんたちと偶然出逢って、
「ウラジャノメ」の大集団を皆で観察しました。
a0126632_944546.jpg
a0126632_944247.jpg

buttfflowさん、Hさん、地元のMさんと訪問した上信国境の
山中では
buttfflowさんとMさんの間をすり抜ける「コウヒョウモンモドキ」
Mさんの足元から舞い上がる「ミヤマシロチョウ」に遊んでもらい
ました。
a0126632_952191.jpg

盆休み「ベニヒカゲ」に逢いに上信国境に再び出かけてみました。
昨年は一般的にはチョウの個体数が少なかったのですが、
この場所のベニヒカゲは比較的数が多く観察者と私の間を一斉に舞
ってくれました。
a0126632_959113.jpg

「オオチャバネセセリ」は比較的翅を開くセセリチョウなのですが
飛翔シーン撮影に初めて挑戦してみました。
ちょっと面白い画像かな?
a0126632_10356.jpg

国立科学博物館附属自然教育園は東京都心の真ん中にある公園
です。この公園はそれほど広くはありませんが、湿地、草原、森、
がパッチ状に入り組んでいて色々な生き物が生息しています。
秋の観察会では「アオスジアゲハ」の飛び立つを1コマだけ撮れまし
た。
a0126632_10105094.jpg

掉尾はマニアックな既掲載写真のトリミング画像です。
「オキナワビロードセセリ」は珍しいチョウではありませんが
複数頭群れることが少ない、俊敏で弾丸のように飛ぶ、
飛んでいる時以外表翅を見たことがない
ということでシロオビヒカゲ雌シロオビヒカゲ雄と並んで
昨年の2回の八重山諸島遠征で表翅撮影に挑戦してみました。

今年もよろしくお願いいたします。
by himeoo27 | 2016-01-01 00:10 | 昆虫一般 | Comments(64)


華麗なシロチョウたち&渋いシロチョウin2015.11.20~23八重山諸島③とおまけ

a0126632_16532274.jpg

勝手に日本最美麗シロチョウと呼んでいる「タイワンシロチョウ」
に今回は西表島で数頭出逢えました。
a0126632_16543734.jpg

特に雄は、裏翅も表翅も色合いも、模様も絶品だと思います。
a0126632_16564790.jpg

a0126632_1656557.jpg

雌は、初見、初撮りですが、雄と比べるとやや落ち着いた色合いが
綺麗です。
a0126632_170239.jpg

石垣島では「ウスキシロチョウ」低温期型は、個体数も多く
a0126632_1705682.jpg

雄↑↑(多分)、雌↑それぞれ撮影叶いました。
a0126632_1774835.jpg

石垣島の北端付近で、翅が真っ白で、先が尖っているシロチョウが
飛んでいました。
a0126632_1774055.jpg

未撮カワカミシロチョウでは?!と追いかけて沢山撮影しました。
ゆっくり図鑑と比べると低温期型の「ナミエシロチョウ」雄でした
(笑)。純白な、その姿は何とも言えない気品を感じますね!
a0126632_17134717.jpg

「ナミエシロチョウ」雌低温期型は、タイワンシロチョウ雌に近似
した柔らかい風合いの素敵なチョウです。
a0126632_17182943.jpg

a0126632_17185086.jpg

30℃前後の暑さの西表島の山中の林道を汗を拭きながら歩いている
と亜熱帯には似つかわしくない暖かい感じのチョウが飛んでいます。
a0126632_1723269.jpg

吸蜜をはじめたので、そっと近づいて撮影すると・・・・・・・
な!何と秋型の「ツマグロキチョウ」でした。台湾の山中から飛来
したのかな?
         in2015.11.20~23八重山諸島つづく
*********************************
おまけ
本日、自宅のベランダに「ウラナミシジミ」を呼ぶ為に植えていた
「フジマメ」の枯葉や蔓を片付けていると
a0126632_17312610.jpg

懐かしい甲虫がプランターの縁に止まっていました。
a0126632_1733053.jpg

a0126632_17331666.jpg

子供の頃良く遊んでもらった「ウバタマムシ」です。
接写しようと近づくとトコトコ歩いてバケツの取っ手に止まって
ポーズをとってくれました。
燻し銀のような渋い色合いは、ヤマトタマムシとは全く違う風合
いですが、私としてはとってもお気に入りです。
今シーズン、フジマメにウラナミシジミは来てくれませんでした
が、代わりにウバタマムシ君がお詫びに訪問してくれたのかな?
         in2015.12.05自宅のベランダ
by himeoo27 | 2015-12-05 17:45 | 昆虫一般 | Comments(20)


埼玉県中部の公園で昆虫探し(初見コカブトほか)

昨日、埼玉県中北部の公園に昆虫探しに出かけてきました。
a0126632_1641468.jpg

冬にキノカワガ探しを行う雑木林を歩いているとクヌギの幹
に何か甲虫が?
a0126632_16435886.jpg

コクワガタ雌かな近づいてよく見ると体高が高く、頭部に顎
がなく、胸部に特徴的な凹みがあります。
OH~!これは初見初撮の「コカブト」雌ではありませんか。
ダイコクコガネ、マルバネクワガタ、ヤンバルテナガコガネ
に次いで逢いたかった甲虫だったので、ドキドキしながら撮影
しました。
a0126632_16513560.jpg

a0126632_1651437.jpg

チョウの仲間で、一番多かったのはやはり「ヤマトシジミ」で
した。中には下の画像のように空中で雄同士が、ニアミスする
場合もあるくらいです。
a0126632_16594899.jpg

「ウラギンシジミ」雌も羽化直後のような綺麗な個体が惜しげ
もなく翅を開いてくれました。
a0126632_1721155.jpg

イチモンジセセリは傷んだ個体が多いものの
「チャバネセセリ」は、この個体のようにピカピカで
表翅のビロード状の風合いがナイスでした。
a0126632_1762025.jpg

「ホシホウジャク」でしょうか?水辺の草むらに止まっていま
した。
a0126632_17163828.jpg

観察センターの床に止まっていたのは「アミガサハゴロモ」です。
遠目ではゴミのようですが、スーパーマクロ機能で接写すると、
意外と綺麗ですね!
a0126632_17201249.jpg

森の小道の道辺に咲いていた小さな花で仲良く吸蜜していた
ちょっと怖げな蟲は、ガガンボの仲間でしょうか?名前は、
サッパリわかりません、どなたか判る方教えてください。
umajin2さんのご指摘によりインターネットで調べると
「クチナガガガンボ」の仲間のようです。インターネット
によるとクチナガガガンボの仲間は、九大目録では8種類
掲載されていて(ガガンボ科は未記載種がものすごく多い)
とのことでこれ以上の同定は私には難しそうです(笑)。
umajin2さんご指摘有難うございます。
a0126632_17255316.jpg

ガガンボの仲間?の写真を撮った直ぐ近くには
薄暗い森の中で輝くように「アオイトトンボ」?が止まって
いました。
a0126632_1728273.jpg

a0126632_1728112.jpg

木道に沿って昆虫探しを行っていると、2名の方が熱心に撮影
しているので覗いてみると、
キラキラ煌めく「センチコガネ」がトコトコ歩いていました。
糞虫の仲間は、兎に角綺麗で、素敵ですね!

        in2015.10.10埼玉県中北部の公園にて
by himeoo27 | 2015-10-11 17:35 | 昆虫一般 | Comments(32)


埼玉県中北部の公園の昆虫たち in2015.09.05①

a0126632_18475266.jpg

昨日は、久しぶりに休日の晴天だったので、自転車+電車+
電車+タクシーを使って埼玉県中北部の公園に出かけてきま
した。
a0126632_185017.jpg

ギンイチモンジセセリがいたとのことで河川敷を探すとポイ
ントは工事中で立ち入りできず、観察出来たのはホバリング
する「ミヤマアカネ?」でした。
a0126632_18553942.jpg

先日クロコノマチョウ夏型が観察出来たと聞いたポイントで
は、「クダマキモドキの仲間?の幼虫」だけ見つかりました。
目の雰囲気が可愛いですね!詳細な名前までわかりません、
わかる方教えてください。
>鍵コメさん、つばさ2号さんの指摘により「アシグロツユムシ」
>の幼虫でした。訂正遅れて申し訳ありません。
>鍵コメさん、つばさ2号さんご指導有難うございました。
a0126632_18585671.jpg

ぷんたのかあさん Photo徒然草のpuntamamaさんが、
「ヒカゲチョウ」の写真を撮っていたので挨拶して近くを見
ると
a0126632_1915686.jpg

小さな蛹が見つかりました。「ヒメウラナミジャノメ蛹」で
しょうか?間違っていたらご指摘お願いいたします。
a0126632_1951032.jpg

puntamamaさんと別れて、さらに探すと格好イイ蛾が見つ
かりました。「ツマジロエダシャク」かな?蛾も素敵な種が
多いと思いました。
a0126632_1982274.jpg

a0126632_198306.jpg

明るい草原に出ると「ツマグロヒョウモン雌」が舞っていま
した。これから個体数が増えるチョウですが、色合いが鮮や
かで綺麗ですね!
a0126632_1911064.jpg

のんびりフォトライフの「まあさ」さんと、puntamama
さんが清流で何やら熱心な撮影しています。
小さく水面から身体を長い脚を浮かせて、チョコマカ動き回る
縞模様のアメンボを写していました。
名前は模様の通り「シマアメンボ」とのことです。良く見ると
綺麗な昆虫ですね!
a0126632_19193723.jpg

公園ではアゲハチョウの仲間を写せませんでしたが、広い道路
を渡ると学校の生垣に綺麗な「アゲハ」が舞っていました。
a0126632_19243059.jpg
a0126632_19243942.jpg

魚眼レンズのカメラに持ち替えて飛翔シーンに挑戦です。
すると校舎の左上から「イチモンジセセリ」が登場してくれ
ました。

           in2015.09.05つづく
by himeoo27 | 2015-09-06 19:33 | 昆虫一般 | Comments(28)


自宅と近所で出逢った虫たち(2015年夏)

久しぶりに自宅ネタです。
a0126632_1430851.jpg

               2015.07.31
早朝5:30会社に出かけようと、1階にある共同駐車場
の天井を見ると「アゲハ」が止まっていました。
昨晩、この場所で一泊したのかな?
a0126632_14352697.jpg

               2015.06.28
自宅のベランダには2本のサンショの樹があります。
1本は恒例のとおり「アゲハ幼虫」が丸裸になっています。
残りの1本もボロボロです。
この幼虫は残念ながら移動中に、蟻に襲われてしまいまし
た(涙)。ベランダでも羽化する確率はとっても低いです。

a0126632_14441634.jpg

               2015.08.01
上高地に出かけようと扉を開けると「アブラゼミ」が我が家
の玄関の前で野宿していました。今年はアブラゼミの来訪は
多かったです(笑)。
a0126632_14502377.jpg

               2015.07.30
重い足を引きずりながら、さいたま市大宮区役所の横を通っ
ていると、運良く羽化シーンに出逢いました。
その後、会社への足取りが軽くなったのは言うまでもありま
せん。

a0126632_1502076.jpg

               2015.08.09
買い物から戻ってベランダを見ると「コミスジ」がブッドレア
で吸蜜していました。慌ててカメラを持ってきて撮影しました
が・・・・・・・・・、この1コマ写した後、飛び去ってしま
いました。

a0126632_1543456.jpg

               2015.08.09
コミスジを上手く撮れず、部屋に入ると妻が熱心に何か世話をし
ています。
どうもメダカの水槽にいた「イトトンボの終齢ヤゴ」のようです。
前回同様、ホテイアオイに卵がついていたのかな?
a0126632_1591686.jpg

               2015.08.12
ヤゴ君は、仕事の休みを計っていたように休みの前日8/12の夜に
羽化しました。
「アオモンイトトンボ」かな?翅紋がとっても綺麗です。
この後、尾部がすくっと伸びて立派な成虫になりました。

a0126632_15465240.jpg

               2015.08.22
イチモンジセセリがブッドレアで吸蜜していたので、
飛翔シーンを撮ろうとベランダに出ると逃げ去って
「コアオハナムグリ」?が取り残されました(笑)。

a0126632_15554168.jpg

               2015.08.23
アゲハ幼虫のいたサンショの樹の下にあるスミレの葉に
は「ツマグロヒョウモン幼虫」が止まっていました。
終齢幼虫かな?

a0126632_1625861.jpg

               2015.08.13 
a0126632_1633547.jpg
           
               2015.08.23
「イチモンジセセリ」は、我が家のベランダの常連客です。
故に毎回、飛翔シーンを毎回狙っています。結果は・・・・

a0126632_1611483.jpg

               2015.08.27
昨晩夜遊びしたのか、大宮駅のすぐ前のデパートの裏口の壁面
に「ヤマトシジミ」が、止まっていました。写真を撮ったので
6:50の電車に乗り遅れたヒメオオです(笑)。

               2015年夏 おわり
   
by himeoo27 | 2015-08-30 16:23 | 昆虫一般 | Comments(28)


中信~東信の昆虫たち in2015.07.11&20

a0126632_1054510.jpg

中信~東信遠征で探してみたのが「コヒョウモンモドキ」
です。
a0126632_1071651.jpg
a0126632_1072783.jpg

数カ所のポイントを探し回りましたが、結局見つけたのは
駐車場にいたこの1頭だけでした。
そ・・・それも・・・・採取者のすぐ近くで!
慌てて、ワザと、ドタバタ追いかけて(いつものことか)
草むらに逃がしてあげました(笑)。
a0126632_1012865.jpg

a0126632_10122036.jpg

ミヤマシロチョウの保護地にいたのは「コヒョウモン」か
な?ヒョウモンチョウと良く似ているので判別に自信あり
ません。
a0126632_1014822.jpg

実はオオセンチコガネなどの糞虫を探したものの見つからず
出逢えたのは「クロアシナガコガネ」?でした。スラリと伸
びた長い脚が、チャームポイントです。
a0126632_1016397.jpg

この蝉は「コエゾゼミ」でしょうか?花の上で休憩です。
a0126632_10175015.jpg

「ウラギンヒョウモン」を「ヤマキマダラヒカゲ?」が追い
かけています。誤求愛か、テリ張りによる追い出し、どちら
でしょうか?模様が違うチョウなので、面白いシーンになり
ました。
a0126632_10205433.jpg
a0126632_1021468.jpg

「ヒメキマダラセセリ」は比較的多く観察できました。
上の写真「蜜盗み」という感じで、受粉を避けて花の横から
吸蜜していました。小さなセセリチョウ考えましたね!
a0126632_10234578.jpg

昼行性の「ベニモンマダラ」は草原環境では鮮やかに目立っ
ていました。
a0126632_1027882.jpg

「カラスシジミ」は、コヒョウモンモドキと並んで出逢いた
かったチョウの1種です。最後の最後に接写叶いました。

            in2015.07.11&20終わり
by himeoo27 | 2015-07-25 10:33 | 昆虫一般 | Comments(32)


三度目の正直(中信のアサマシジミ)& 我が家のヤゴ

a0126632_12493536.jpg

昨年先週に続き中信の高原に「アサマシジミ」
に出逢いに出かけてきました。
***********************
その話の前に
a0126632_1255360.jpg

      in2015.07.09自宅
a0126632_12551476.jpg

in2015.07.12さいたま市内
我が家で飼育していた「ヤゴ」が、昨日無事羽化
しました。「アオモンイトトンボ」雌の未成熟個
体のように感じます。さすがに肉食のこの子を飼
育するわけにいかず泣く泣く近くのビオトープに
放してきました。
鍵コメ1さんのご指摘によると「アジアイトトンボ」
のようです。鍵コメ1さん有難うございます。
************************
話を7月11日の中信の高原に戻して
a0126632_1332258.jpg

まず見つけたのは「ヒメシジミ」です。この個体は
雌でしょうか?
a0126632_1355462.jpg

「アサマシジミ」は、第一ポイントでは3時間以上探
し回ったものの見つかりませんでしたが、
第二ポイントでは撮影者が集まっていたので、すぐに
出逢えました。3回目の挑戦でやっと出逢えたので、
嬉しさ3倍増です(笑)。
a0126632_13311013.jpg

a0126632_13312066.jpg
a0126632_13313084.jpg
a0126632_13314235.jpg

すぐに止まってくれますが、翅を開いてくれないので
やむなく魚眼レンズで飛翔シーンを撮影してみました。
a0126632_13354583.jpg

そうこうすると「ヒメシジミ」雄が、追尾するシーン
も見られました。
a0126632_13403466.jpg

日陰にすると開くのではと影を作ると少しずつ開いて
a0126632_13425316.jpg

全開となりました。
in2015.07.12中信の高原

現地でお逢いした
MIYAKOUTA」さん、「sippo」さん、「parnassus」さん、
ほか皆さんお世話になりました。
by himeoo27 | 2015-07-12 13:59 | 昆虫一般 | Comments(30)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧