ヒメオオの寄り道


カテゴリ:昆虫一般( 55 )



石垣島の蝉・カメムシ・バッタの仲間 in2017.07.06~08⑤

家事手伝い、ツシマウラボシ飼育お手伝い等で、ここ2週間フィールド
に出ていないので過去ネタから
a0126632_07342624.gif
ニイニイゼミというと子供の頃、夏休み期間一番の友達でした。
但し関東地方に30年以上前に引っ越してからその姿をあまり見たことが
ありません。温暖化と都市化(地面の乾燥)によると言われていますが
その理由は私にはわかりません。
このセミは地味なニイニイゼミを更に地味にした「ヤエヤマニイニイ」
です。石垣島には固有種のイシガキニイニイという絶滅危惧種も生息し
ています。
a0126632_07432386.gif
少し驚かせると「おしっこ」を出しながら飛び去ってしまいました。
a0126632_07444251.gif
石垣島の山中を歩き回っていたのは普通の「クマゼミ」です。
アップにすると顔の表情が意外と可愛いと思うヒメオオです(笑)。
a0126632_07471348.gif
樹上高く止まっていたのは前掲のクマゼミまたは「ヤエヤマクマゼミ」
です。ヤエヤマクマゼミは日本最大級の蝉でミーンミーンと鳴きます。
a0126632_07504142.gif
発生時期、頭部と胸部の間の模様より「ヒメマダラナガカメムシ」?
と思われます。赤と黒の模様が良いですね!
a0126632_07550321.gif
石垣島のカメムシというとやはり金緑色に輝く「ミヤコキンカメムシ」
a0126632_07561260.gif
「ナナホシキンカメムシ」でしょう。いずれもイワカワシジミを探している
とあちらこちらで観察出来ました。
a0126632_07574213.gif
石垣島ではオキナワナナフシ(以前の名称アマミナナフシ)を良く見かけ
ます。入野さんによるとこの個体は「イシガキナナフシ」とのことです。
同定能力の低いヒメオオにはその区別が良く分かりません(涙)。
a0126632_08043823.gif
石垣島にはバッタの仲間も多くまず形状より「ササキリ」?の仲間
翅と頭部に白い帯が目立つ個体でした。
a0126632_08081304.gif
こちらは「タイワンハネナガイナゴ?」かな路部の草むらで見つけました。
a0126632_08112602.gif
渓流沿いでシュモクバエを探していて見つけたのは「ヒシバッタの仲間」
です。今回もシュモクバエは空振りでしたがこの岩に擬態した独特な姿
面白いですね!
a0126632_08154883.gif
最後は「イシガキモリバッタ」のジャンプです。何処に写っているか
わかりますか?
実は翅を広げて飛ぶところを写そうと何度か挑戦してみました。
ことごとく失敗したので原因を調べてみると、翅を広げるのは着地の
時だけでした。

             in2017.07.06~08石垣島つづく

by himeoo27 | 2017-08-06 08:20 | 昆虫一般 | Comments(20)


2017年4月~8月 チョウを中心とした催し

今年4月~8月開催されるチョウを中心とした昆虫の催しについて
2点の紹介です。

a0126632_17253255.jpg

最初は
4月29日から8月20日まで長野県青木村「信州昆虫館」で開催される
追悼鳩山邦夫「舞姫たちよ、永遠に!」展です。
空気の読めないヒメオオは、チョウの写真ではなく某カメムシの求愛
シーンを出品する予定です。詳細は後日ブログに掲載します。
多数の皆様のご来場をお待ちしています。

a0126632_17272969.gif

2番目は
・・・<春の裏高尾・チョウの観察会>・・・です。
実 施 日:2017年 5月14日(日) 雨天中止
対  象:大人・小学生以上の子ども(小中学生は保護者同伴のこと)
     (チョウ類保全協会の会員以外の方もご参加できます)
募集人数:先着40名ほど(事前の申込が必要です) 
参加費用:大 人 500円
     子ども(中学生まで)100円
     (参加費には保険代が含まれます)
集合場所:JR高尾駅北口改札出口 午前8:20集合
      当協会のスタッフがお待ちしています
       受付後にバスで現地まで移動します
      (別途バス代往復500円程度)
      ※高尾駅→大下バス停 8:32発の小仏行きのバスに乗車予定
持 ち 物:昼食、水筒、メモ帳、筆記用具、クリップボード、雨具
     (あれば便利なもの:双眼鏡、カメラ、図鑑)
      ※捕虫網のご持参はご遠慮ください 
     ※現地のトイレは有料(1回利用につき200円)ですので小銭を
      ご用意ください
服  装:林道歩きに適した服装と靴
解  散:現地 15:00頃
そ の 他:当日「フィールドガイド日本のチョウ(1800円)」と
「ギフチョウピンバッチ(700円)」
「缶バッチ(ツシマウラボシシジミ、ヒョウモンモドキ)各200円」
を販売しますので、ご希望の方はあらかじめお申し込みください。
a0126632_1749953.gif

(バッチ類は写真をご参照ください)
  ◎ 参加申込み先メールアドレス:jbutterflyconservation@gmail.com
(事務局 井上あて)
   申し込みはメールには、以下のことを明記ください。
     (1)参加者氏名およびチョウ類保全協会の会員か非会員かの区別
     (2)当日連絡がとれる電話番号
     (3)その他、物品購入希望などご記入ください
   なお、募集の定員に達した時点で募集を締め切りますのでお申し込みはお
  早めにお願いします。
  チョウ類保全協会の会員以外の方もご参加できます。
  皆様のご参加をお待ちしています。
by himeoo27 | 2017-04-11 20:55 | 昆虫一般 | Comments(4)


ヤエヤマボタルの光跡ほか in2017.03.16~19②

前回記載したように八重山諸島遠征の第一目標が
a0126632_14461127.jpg

「ヤエヤマボタル」の光跡撮影でした。ヤエヤマボタルはヒメボタル
の仲間の小さな陸生蛍です。発生時期は西表島では3月、石垣島では
4月です。
a0126632_1450281.jpg

a0126632_1450218.jpg

今回はツシマウラボシシジミの域外飼育を手伝っている仲間のNさん
Iさん、更にブログ「徘徊」のShinさん合わせて4人で撮影しました。
私は4回目(以前は4~5月に撮影)でしたが他の3人に比べて腕が悪く
その時の雰囲気の半分程度しか再現出来ていません(涙)。
a0126632_14591352.jpg

ヤエヤマボタルの光跡を撮影した後に案内人の入野さんに見つけて
いただいたのが、「オオシママドボタル」の幼虫です。恐竜のような
怪異な雰囲気が格好イイと思ったヒメオオです。
a0126632_18155014.jpg

uke-en さんの質問↓に答えてオオシママドボタル幼虫の拡大写真を
掲載します。上部が頭と思われます。
a0126632_1522930.jpg

こちらは光らない、昼光性蛍「ベニボタル」です。赤紅色の上翅が
とても鮮やかでした。
a0126632_156970.jpg

「ダンダラテントウ」は地域個体差が大きいテントウムシです。
生息北限に近い関東地区では名前と違ってダンダラ模様が少なく
ほぼまっ黒で少し赤い模様があるだけです。南下するに従い赤い
模様の部分が広くなり沖縄本島ではほぼ半々、この西表島産は、
大部分が赤くなっています。
a0126632_15151278.jpg

「ジュウニマダラテントウ?」はオレンジ色の地色がとっても
鮮やかでした。
a0126632_15205014.jpg

第二の目標がシュモクザメのように目が飛び出たシュモクバエ
です。
同じ痩せたハエ仲間ということでテツイロビロウドセセリを探
している時に入野さんに見つけてもらったのは「アシナガマダ
ラヤセバエ」です。長い白い前脚を擦っている姿が愛らしいで
すね!
a0126632_15301589.jpg

このような黄と黒の蜂はアシナガバチにしてもスズメバチにし
てもスリムで硬質な体を持つ種が多いのですが、「アカアシハ
ラナガツチバチ」は見ての通りズングリ体型で毛がモフモフ生
えていて可愛く感じました。
a0126632_15363313.jpg

シュモクバエは「アメンボの仲間」や他のコバエの多い薄暗い
渓流沿いに生息しているとのことで入野さんと西表島、石垣島
の渓流を探してみましたが、今回は気温が低く残念ながらシュ
モクバエには出逢えませんでした(涙)。次回の楽しみといた
します。

         in2017.03.16~19八重山諸島遠征つづく
by himeoo27 | 2017-03-26 15:45 | 昆虫一般 | Comments(26)


そして誰もいなくなった in2017.02.04&19見沼田んぼ

a0126632_15461297.jpg

越冬チョウ探しでまず見つけたのは越冬「キイロテントウ」です。
本日、灯籠、狛犬であわせて7頭見つけることが出来ました。
a0126632_15485330.jpg

キイロテントウの見つけた灯籠、狛犬の反対側の灯籠で1頭だけです
が越冬「キノカワガ」も見つかりました。
               in2017.02.19見沼田んぼ
a0126632_21422528.jpg

a0126632_214356.jpg

ところが肝心の越冬チョウは・・・・・・・・・・・・・・
a0126632_1604373.jpg

               in2017.02.04見沼田んぼ
a0126632_15594452.jpg

               in2017.02.19見沼田んぼ
2月4日3頭観察出来た越冬「ムラサキシジミ」C群はもぬけの空
a0126632_1623175.jpg

               in2017.02.04見沼田んぼ
a0126632_163513.jpg

               in2017.02.19見沼田んぼ
2月4日この場所最後の1頭となった越冬「ウラギンシジミ」も見失っ
てしまいました。

「そして誰もいなくなった」見沼田んぼ某所の越冬チョウたちです。
2016年11月6日から継続していた見沼田んぼでの観察は今回で終了し
ます。
by himeoo27 | 2017-02-19 16:22 | 昆虫一般 | Comments(12)


関東の冬を過ごすチョウ以外の昆虫たち in2016.12~2017.01

a0126632_1614189.jpg

冬尺蛾探しと、3月開催される「野生生物写真展」の出品する
ために出かけた埼玉県中部の公園の入口で
a0126632_16194762.jpg

「ウスバフユシャク?」雄が見つかりました。良く見ると右手
上の翅の下に何やら脚が!!!!!
a0126632_16213378.jpg

横から写すとはっきり分かりますが交尾ペアでした。
             in2017.01.29埼玉県中部の公園
a0126632_16234476.jpg

ほぼ同じ場所で昨年末見つけたのはこの冬尺蛾雌です。
雌のみでは、私には同定お手上げです。
             in2016.12.30埼玉県中部の公園
a0126632_16261690.jpg

a0126632_16263967.jpg

ムラサキツバメとムラサキシジミの観察ポイントの近くで
「シロオビフユシャク?」雄が見つかりました。
白と灰色と基調にした白黒写真のようなモノトーンの色合い
の翅がとっても綺麗でした。
             in2017.01.03見沼田んぼ
a0126632_16324152.jpg

特異な形状の「ブドウトリバ?」は結構寒さに強いようで継続的
に観察しています。
             in2017.01.14見沼田んぼ
a0126632_16353837.jpg

埼玉県中部の公園では冬尺蛾の仲間、ブドウトリバだけでなく
何とこの時期「シラフクチバ」??と思われる蛾も見つかりま
した。
             in2017.01.02埼玉県中部の公園
a0126632_16404149.jpg

冬尺蛾と並んぶ冬の蛾というと「キノカワガ」でしょう
             in2017.01.28見沼田んぼ
a0126632_16422479.jpg

この場所のキノカワガは石が好きなのか狛犬
             in2017.01.14見沼田んぼ
a0126632_1645850.jpg

石灯籠で冬を過ごしています。
             in2017.01.03見沼田んぼ
a0126632_16462525.jpg

そればかりではないだろうと樹の幹を探すと桜の幹でも1頭だけ
ですが見つけることが叶いました。どこに居るか分かりますか?
             in2016.12.29見沼田んぼ
a0126632_1649366.jpg

冬でも元気な昆虫は尾(産卵管?)の長い「コカゲロウの仲間」
a0126632_16512650.jpg

特異な顔を持つ「イダテンチャタテ」雌などもいました。
             in2016.12.30埼玉県中部の公園
a0126632_1654279.jpg

集団で越冬する甲虫類というとテントウムシの仲間でしょう
まず「キイロテントウ」
             in2017.01.14見沼田んぼ
a0126632_16574113.jpg

「ナミテントウ」「カメノコテントウ」などの集団も観察出来ました。
             in2017.01.22ぐんま昆虫の森
by himeoo27 | 2017-01-29 16:59 | 昆虫一般 | Comments(15)


2017年新年を迎えて(ぐんま昆虫の森写真展)

a0126632_18511510.jpg

明けましておめでとうございます。
寒いので本日は、ぐんま昆虫の森写真展に出品した八重山諸島と
温室(足立区生物園)の写真を中心に掲載します。
a0126632_18544236.jpg

a0126632_1855127.jpg

西表島の月の精「タイワンキマダラ」も良く見られるこのポイント
では「オキナワチョウトンボ」の群飛も観察出来ます。この日は数
百頭の集団が低く舞ってくれたので魚眼レンズで出来る限り多く撮
りこんでみました。
別名の「ベッコウトンボ」の名前のとおり青空と太陽光を浴びて、
素晴らしい輝きでした。

in2016.05.05西表島
a0126632_19111049.jpg

八重山諸島のトンボは鮮やかな種が多く、石垣島でも近年増えてきた
「アカスジベッコウトンボ」
a0126632_19131698.jpg

渋めのトンボですが、日本で八重山諸島にのみ生息する
「ヒメキトンボ」かな?

in2016.10.09石垣島
a0126632_19235018.jpg

自然界では与那国島でしか観察したことがない「ツマベニチョウ」の
求愛飛翔ですが、チョウ密度の濃いここ足立区生物園の温室では容易
に観察可能です。
a0126632_1929501.jpg

かって八重山諸島で数多く観察出来た「カバタテハ」ですが、ここ数
年現地では全く見たこともありません。
a0126632_1944959.jpg

「タテハモドキ」の交尾ペアを観察していると別の1頭が・・・・
a0126632_19482869.jpg

近づいた個体に、
いきなり交尾中なのに「蹴り」を、
慌てふためくその姿
まさに決定的な瞬間を撮りこめました。

in2016.07.02足立区生物園温室
a0126632_1956455.jpg

雨と雨の合間に石垣島の於茂登岳山中に入ると薄暗い林の中では
「ナナホシキンカメムシ」が煌めいていました。
a0126632_2004973.jpg

顔が恐ろし気なるも、最もきらびやかな西表島の甲虫は
「タイワンヤツボシハンミョウ」でしょう。
a0126632_2052151.jpg

石垣島に戻るとやや小ぶりのタマムシが輝きながら舞い上がりま
した。「ミドリホソナガタマムシ」でしょうか、腹部の蒼色も絶
品です。

in2016.10.06~09石垣島&西表島


今年もよろしくお願いします。
by himeoo27 | 2017-01-01 00:00 | 昆虫一般 | Comments(54)


見沼田んぼで冬を過ごす蟲たち in2016.12.23&29

a0126632_20223042.jpg

見沼田んぼのとある神社の石灯籠には
a0126632_20234266.jpg

何やら翅の矮小化した渋い蛾が止まっています。
a0126632_20244734.jpg

冬尺蛾の仲間の「クロオビフユナミシャク」の雌かな?
a0126632_20284978.jpg

草むらにカメラを向けると写真の上下の中央付近の右端と左端に
枯れ枝に目が付いた蟲が止まっています。
見つかりますか・・・・
a0126632_20305115.jpg

「ホソミオツネントンボ」の越冬型と思いますが間違っていたら
ご指摘お願いします。
a0126632_20345912.jpg

この日は昼を過ぎると気温が20℃近くに上昇し、北風を遮る南向
きの陽だまりには1頭だけですが「ヒメアカタテハ」が舞い出て
くれました。
a0126632_20373146.jpg

ヤツデの葉をめくると
a0126632_2038717.jpg

小さな白っぽいヨコバイの子供
a0126632_20385691.jpg

白っぽい子より大きい赤っぽい個体が見つかりました。
        in2016.12.23見沼田んぼ
a0126632_20402561.jpg

こちらは緑っぽい個体です。
a0126632_20411051.jpg

「クロスジホソサジヨコバイ」です。どちらが頭か面白い蟲です。
赤い個体が雌、緑っぽいのが雄のようです。
a0126632_2045790.jpg

クロオビフユナミシャクの居た石灯籠の前の狛犬には、肩に立派
な角を持つ「ウシカメムシ」が鎮座していました。
a0126632_20474957.jpg

a0126632_20481050.jpg

しかしながら小さく凹凸の激しいカメムシなので撮るのに結構苦
労しました。
        in2016.12.29見沼田んぼ
by himeoo27 | 2016-12-29 20:51 | 昆虫一般 | Comments(18)


石灯籠に擬態したキノカワガほか in2016.11.23~12.11見沼田んぼ

a0126632_741350.jpg

寒くなると埼玉県さいたま市の見沼田んぼに、石灯籠に擬態
した「キノカワガ」がいるとのことで2~3年前から探して
いました。今回やっと見つけたので報告します。
a0126632_772758.jpg

石灯籠に擬態したキノカワガが見つかった場所には目の大き
なアブの仲間も止まっていました。
        in2016.11.23見沼田んぼ某所
a0126632_7105992.jpg

この個体の擬態は絶妙で見つけた時は吃驚しました。
        in2016.11.26見沼田んぼ某所
a0126632_712559.jpg

a0126632_7134821.jpg

何故かこの神社の石灯籠が気に入っているようで本殿に向かっ
て右側にも左側にも4頭づつのキノカワガが見つかりました。
a0126632_7161235.jpg

右の石灯籠には「テントウムシ」も一緒に越冬中です。
a0126632_7171059.jpg

テントウムシのすぐ近くには鮮やかな黄色の「キイロテントウ」
も見つかりました。
a0126632_719090.jpg

薄暗い林の方に目を向けると何か粉雪のようなものが飛んでいます。
a0126632_720885.jpg

止まったのでそっと近づいて撮影すると「ユキムシ」でした。
a0126632_721615.jpg

a0126632_7214013.jpg

石灯籠にまた目を戻すと怪異な蟲が!「ブドウトリバ」かな?
        in2016.12.3見沼田んぼ某所
a0126632_7233012.jpg

この日、ブドウトリバ?と思われる蛾が社殿の壁に止まって
日向ぼっこしていました。
a0126632_7253158.jpg

石灯籠に擬態したキノカワガも5頭見つけることが叶いました。
        in2016.12.11見沼田んぼ某所
by himeoo27 | 2016-12-17 07:29 | 昆虫一般 | Comments(18)


東信でチョウ探し in2016.07.16①

東信地方の上田市にある大手農機具メーカーM社で今年もオオムラサキ
の観察会があるとのことで昨日出かけてきました。
a0126632_2082793.jpg

最初に登場してくれたのは綺麗な「アゲハ」です。青空を背景に舞い上
がってくれました。
a0126632_20124390.jpg

探すと樹上に青紫の輝きが待望の「オオムラサキ」雄の登場です。
a0126632_20193432.jpg

雌雄向かい合わせのシーンも観察出来ました。雄の方が翅を開いていない
ことが少し残念でした。
a0126632_20253511.jpg

樹液に集まるのはチョウだけではありません。「スジクワガタ」でしょう
か?小型のクワガタムシも見つかりました。
a0126632_20303164.jpg

地元のMさんが「ヒメオオさんキマダラモドキがいましたよ!」と声をか
けてくれました。アースカラーの模様がお洒落ですね!
a0126632_2040615.jpg

M社の林は発生地が限定的な「ムモンアカシジミ」のポイントとして有名
です。今年も健在でしたが、天候と時間の関係か私が観察している間は、
樹上高くから降りてきてくれませんでした。

Mさんと地元のNさんの案内で里山散策すると可愛いセセリチョウが続々
登場です。
a0126632_20504580.jpg

a0126632_20511453.jpg

最初に出逢ったのは「ヘリグロチャバネセセリ」?です。翅の模様が綺麗
です。
a0126632_2123361.jpg

この「イチモンジセセリ」角角した一文字模様が面白い個体ですね!
a0126632_2153426.jpg

Mさんが、信州では珍しい「ミヤマチャバネセセリ」も見つけてくれま
した。
a0126632_217171.jpg

草原性のチョウも健在で「ウラギンスジヒョウモン」が顔を見せて挨拶
です。接写しようと近づくと舞い上がってしまいました。
a0126632_21104951.jpg

a0126632_211166.jpg

「ミヤマカラスシジミ」は今年は数が少なく、この子たちを見つけたの
もMさんでした。
a0126632_21155930.jpg

a0126632_21162388.jpg

帰る間際に登場してくれたのは清楚な美しさの「スジボソヤマキチョウ」
です。飛んでいる姿は艶やかですね!

現地でお逢いしてお世話になった地元のMさん、Nさん
毎年オオムラサキ観察会を開催してくださるM社の皆さん
NMさん他、長野県青木村にある信州昆虫資料館の皆さん
観察会、フィールドで出逢った皆さん
大変お世話になりました。今後ともよろしくお願いいたします。

      in2016.07.16東信の里山
by himeoo27 | 2016-07-17 21:39 | 昆虫一般 | Comments(16)


今年のゼフ卍巴飛翔撮影は・・・in2016.07.10群馬県山中①

a0126632_2049861.jpg

昨日、群馬県の山中にゼフィルス類の卍巴飛翔撮影に出かけてきま
した。
a0126632_20505182.jpg

やっとたどり着いた山頂で出迎えてくれたのは「オオミドリシジミ」
でした。斜め上方から光を受けると表翅は、眩しいほどの輝きです。
a0126632_20565058.jpg

2頭仲良く並んでいるところを見ると一方は「ジョウザンミドリシジミ」
かもしれません。
a0126632_20553572.jpg

草むらに佇む個体や
a0126632_20583811.jpg

飛び立つ個体も観察出来ました。
a0126632_2102100.jpg

肝心の卍巴飛翔撮影は、カメラの設定を間違えていたので何百コマと
シャッターを押してピントが合ったのはこのコマだけでした。
a0126632_2123552.jpg

しかしながらオオミドリシジミの近くに特徴的な甲虫が!接写しよう
と近づくとこの個体は飛びたってしまいました。
a0126632_2134978.jpg

山頂からの急な下り坂でもう一頭「オオトラフコガネ」を見つけまし
た。大きな触角が素敵ですね!
a0126632_2173028.jpg

「ウラジャノメ」は、地味なチョウですが名前の由来となる裏翅の蛇
の目模様がチャーミングです。
a0126632_2195914.jpg

多少痛みがあっても吸蜜する姿がとっても素敵でした。
a0126632_21115523.jpg

山を下りる途中でやっと「ジョウザンミドリシジミ」を接写出来ました。
a0126632_21125743.jpg

オオミドリシジミと良く似たゼフィルスですが、どちらも綺麗ですね!

        in2016.07.10群馬県山中つづく
by himeoo27 | 2016-07-11 21:16 | 昆虫一般 | Comments(20)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
武ちゃん 様 ウラナミ..
by himeoo27 at 20:12
だんちょう 様 私は街..
by himeoo27 at 20:05
Sippo5655 様 ..
by himeoo27 at 19:53
fanseab 様 我..
by himeoo27 at 19:40
椿の茶屋 様 今年は..
by himeoo27 at 19:15
yurinBD 様 ヤ..
by himeoo27 at 19:06
ダンダラ 様 「ウラ..
by himeoo27 at 18:48
22wn3288 様 ..
by himeoo27 at 17:09
uke-en 様 「我..
by himeoo27 at 16:55
MIYAKOUTA504..
by himeoo27 at 16:34
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧