ヒメオオの寄り道


カテゴリ:チョウ全般( 97 )



銀・黄・紫(埼玉県越冬チョウ3種)in2014.12.30~31

明けまして
おめでとうございます。

a0126632_15313692.jpg

今期は越冬チョウを1種も観察していないので、頑張って
「見沼田んぼ」で探してみると
a0126632_15351050.jpg
a0126632_15352222.jpg

やっと見つけにくい場所で「ウラギンシジミ」を1頭見つ
けました!前翅の先端の尖りが弱く、痛みも有る夏型っぽ
い個体です。自力で見つけた今季初の越冬チョウなので、
嬉しさ倍増です。
a0126632_1537348.jpg
a0126632_15374546.jpg

1頭見つけると、直ぐに2頭目のウラギンシジミがわかり
やすい場所に止まっているのが見つかりました。1頭目と
比べると前翅の先端の尖りが強く、新鮮個体です。
こちらは明らかに秋型かな?
         in2014.12.31見沼田んぼ
****************************
a0126632_15453793.jpg

12月30日、早朝から働いたので無事予定の仕事が完了し、
帰宅の準備をしていたら
「埼玉県中部の公園にキチョウとムラシの越冬個体を見つ
けたよ!」とchosanpoさんから連絡がきました。
「キタキチョウ」のポイントに到着して、まず迎えてくれ
たのは左上①、右下②の2個体です。
a0126632_15574311.jpg

a0126632_1558911.jpg

個体③④は、①②と同じエノキの低木のやや高い場所に止ま
っていました。
a0126632_1635256.jpg

個体⑤は、私がイメージしていた通りの高さ&風の当たらない
①~④のいた樹の下の方に止まっていました。
いずれにしても以前chosanpoさんに見つけて貰ったのと同じ
ような雑木林の林縁部でした。キタキチョウの越冬場所と想定
した陽射しが1日中あたり続けるようなところでは無かったの
で意外でした。
a0126632_1620581.jpg

a0126632_16201676.jpg

如何にも越冬場所という感じのところに「ムラサキシジミ」は居
ました。但し、今までムラサキシジミを観察したことが無かった
場所だったので少し意外でした。
         in2014.12.30埼玉県中部の公園
by himeoo27 | 2015-01-01 00:00 | チョウ全般 | Comments(62)


ウラナミシジミ、チャバネセセリ、クロコノマチョウin2014.10

a0126632_1833080.jpg
a0126632_1833978.jpg

都心にある「科博自然教育園」でも「ウラナミシジミ」が元気
です。表翅の輝き綺麗ですね!
a0126632_1810981.jpg

a0126632_18101752.jpg

我が家の「フジマメ」を良く見ると「ウラナミシジミ」の卵と
孵化した卵の抜け殻がポツポツ見つかりました。
         in2014.10.18
*******************************
a0126632_18175279.jpg
a0126632_18181475.jpg

フジマメに小さな蟲がついていました。ひょっとしたらウラナミ
シジミの幼虫!とコンデジのスーパーマクロ機能で接写してみま
した。どうもヨコバイの仲間のようです。
「クロスジホソサジヨコバイ」でしょうか?どちらが顔か判別困
難ですが、拡大するとどうも左側のようです。
         in2014.10.25
*******************************
a0126632_18281358.jpg

a0126632_182821100.jpg

本日出かけようと早朝玄関を開けると外壁に小さな蝶が止まって
いました。この時期多いイチモンジセセリではと良く見ると今年
我が家初訪問の「チャバネセセリ」でした。セセリチョウの仲間
は目が大きく可愛いですね!また、上の画像よりストロボ発光に
反応して、翅を動かしたことがわかります。
a0126632_18482718.jpg
a0126632_18483673.jpg

chosanpoさんから「クロコノマチョウ」が登場しました!
と連絡があったので、急いで駆けつけると、直ぐに出てきて挨拶
してくれました。但し、止まると枯れ葉に紛れて判別困難です。
         in2014.10.26
by himeoo27 | 2014-10-26 18:57 | チョウ全般 | Comments(29)


埼玉県中南部で見られた9月後半のチョウ

一般的にはチョウは昼、蛾は夜に活動すると言われていますが、
a0126632_1730968.jpg

9月18日の夜に我が家のあるマンションの駐車場の電灯にめがけ
てやってきてくれたのは、大きな目の可愛い「イチモンジセセリ」
でした。

a0126632_17365914.jpg

9月21日彼岸花に吸蜜する黒系アゲハを写そうとチョウを探しな
がらふと薄暗い林の中で見上げると、樹上高くを「クロヒカゲ」
が止まっていました。名前の通り元々黒いチョウでかつ逆光なの
で更に地味に見えます。しかしながら良く見ると縁毛が青白く煌
めき美しいですね!
a0126632_1823691.jpg

最近、埼玉県の各地では、人為的な放チョウにより爆発的に増え
ているアカボシゴマダラの影響か「ゴマダラチョウ」は目立ちに
くいチョウです。遠くに止まったこの子はシンプルな白と黒の模
様が素敵でした。

a0126632_18333869.jpg

9月27日、キチョウパラダイス訪問して、探蝶すると直ぐに見つ
けたのは「イチモンジチョウ」です。
埼玉県内各地で見られるのコミスジ上高地のオオイチモンジ
与那国島のシロミスジと並んでこれらの蝶のグループの裏翅の
デザインには魅了されます。
a0126632_18545912.jpg

クロコノマチョウの幼虫を探していて見つけたのは、葉の裏で昼寝
している「キタテハ」です。この時期数も多く渋いので、止まって
いる姿に最近カメラを向けることはあまりありません。だが、地味
な裏翅は、繊細な翅脈模様とシータテハっぽいギザギザ翅には捨て
がたい魅力があります。
a0126632_19161031.jpg

キチョウパラダイスの近くに小さな蝶が少し翅を開いています。
少し傷んだ「ツバメシジミ」雌です。
表翅が漆黒な蝶はクロツバメシジミと同じように太陽光が差し
込むと虹色に輝くので、それを狙いましたが今一でした。
a0126632_19264245.jpg

9月最後の蝶は「ヒカゲチョウ」です。純和風の色合いが落ち着いた
色気を感じます。

      in2014.09.18~27埼玉県内
by himeoo27 | 2014-10-05 19:37 | チョウ全般 | Comments(13)


ミドリヒョウモンとゴイシシジミの舞いin2014.09.14

a0126632_192808.jpg

アザミの花の前で待っていると「ミドリヒョウモン」が登場です。
a0126632_19281099.jpg

どうも雌1頭に、雄2頭のようです。
a0126632_19282165.jpg

撮影していると舞い上がってしまいました。
a0126632_19351581.jpg

探していると樹上高くの枝の上に交尾ペアが止まっていました。
この日は、望遠ズームを持参しなかったのでこの様な証拠写真だけ
しか撮れませんでした。
a0126632_19414127.jpg

やや薄暗い林の中をふらふら飛んでいる雌を見つけたので追いかけ
ると比較的大きな幹の樹皮に産卵していました。舞い上がった後、
卵を探してみましたが見つけられませんでした(涙)。

a0126632_19462429.jpg

a0126632_19463644.jpg

黒と白のクッキリしたデザインの「アカボシゴマダラ」が、林縁部で
光を浴びて舞っていました。放チョウにより人為的に増えたので、
微妙ですが、この公園でも目立っていました。

少し暗い森の中小さなチョウがチラチラ飛んでいます。
a0126632_1957242.jpg

接写出来ないので飛翔シーンを写してみました。
裏翅が写ったこの写真より「ゴイシシジミ」であることが良くわかり
ます。
a0126632_19571249.jpg
a0126632_19571995.jpg

止まっているとあまり開翅しないチョウなので、表翅が撮れたら嬉し
いのですが?これらの写真だけでは同定難しいですね(笑)。

       in2014.09.14埼玉県中北部の公園  
by himeoo27 | 2014-09-20 20:08 | チョウ全般 | Comments(16)


中信の山中で出逢った蝶 in2014.08.09~11②

a0126632_810287.jpg

8月9日、中信の山中で出逢った蝶のトップバッターは「ヒメシジミ」です。
シーズン終盤なのか?、やや翅がいたんでいて、個体数も少なく、この1頭
にしか出逢えませんでした(涙)。
a0126632_8161141.jpg

「ヒメキマダラヒカゲ」も天気が悪いため殆ど出てきてくれません。
5年前の山梨県遠征のような妖しい美しさを再現出来ずでした。
a0126632_823349.jpg
a0126632_8231869.jpg

この場所では「スジグロシロチョウ」と「ヤマトスジグロシロチョウ」が
混生していると思われるので撮影してみました。
肝心の識別場所のピントが甘いのでなんともいえませんが、この2個体と
もに「スジグロシロチョウ」のように感じました。
a0126632_8295373.jpg

a0126632_830191.jpg

今回の遠征における目標の1種であった「ツマジロウラジャノメ」は、
この1頭だけ何とか見つけました。
雌個体なのか、この種にしてはやや動きが緩慢でしたが、この2コマし
かシャッターを押すと舞い上がって2度と戻ってきませんでした。
その後、雨が降りだしたので、まず、まず、の成果かな!
       in2014.08.09中信の山中
*********************************
a0126632_8335016.jpg

8月10日は、朝から雨でした。散策するも蝶は全く見つからず、14時頃
から強い雨となりました。
やむなくホテルに戻り天井を見上げると蝶も雨宿りしています。
a0126632_8412681.jpg

         in2014.05.03沖縄県与那国島
a0126632_8451496.jpg

         in2014.06.07広島県三原市
ヒオドシチョウの避暑かな?と最初考えましたが、裏翅の白い網目模様より
八重山諸島↑↑~広島県↑~関東平野~北アルプス稜線と幅広く観察出来た
「アカタテハ」のようです。雨でも探すと蝶は見つかるものなんですね!
         in2014.08.10中信の山中
*********************************
台風一過の晴を期待した8月11日も、まだ雨が降りやみません。
a0126632_8565882.jpg

a0126632_857416.jpg
a0126632_8574917.jpg

午前中で見切りをつけてタクシー&徒歩で「オオゴマシジミ」を探してみ
ました。1時間以上探し回ってやっと2頭と個体数も少なく、こちらも傷
んだ個体でしたが何とか撮影叶いました。来年はもっと増えてくれると
嬉しいのですが?
         in2014.08.11中信の山中

                  in2014.08.09~08.11おわり
by himeoo27 | 2014-08-24 09:08 | チョウ全般 | Comments(24)


渓流に集う煌めき in2014.07.19東信②

東信地方の里山で蝶撮を堪能した後、川に沿って高度を上げると
a0126632_191842100.jpg

「コムラサキ」の集団吸水ポイントに到着しました。さて撮影しようとすると
a0126632_19194920.jpg

先行していた渓流釣の車が通ったので、他の蝶と一緒に一斉に舞い上がりまし
た。出来るだけ近づいて飛翔シーンを狙ってみましたが、これ以上の撮影は、
叶いませんでした。
a0126632_19272835.jpg

しばらく待っていると1~2頭舞い戻ってくれました。淡い紫色の輝きは、
オオムラサキのそれを凌駕した美しさと思います。
a0126632_1929353.jpg

手前の個体は、肉眼で見るととっても黒っぽく、並んでいる点が黄色みが無く
白色です。ひょっとしたら「クロコムラサキ」!と表翅の撮影に挑戦してみま
したが、あえなく失敗に終わりました(涙)。
a0126632_1935231.jpg

更に渓流に沿って高度を上げると小さな黒っぽい蝶のお出ましです。頭上高
い場所だったので超望遠で撮影すると、久しぶりに出逢う「サカハチチョウ」
夏型のようです。
a0126632_19365391.jpg

次に出逢ったのは、今年訪問した広島県、埼玉県、長野県何れも多く観察出来
た「ヒオドシチョウ」です。この渓流沿いの高地でも朱色の輝きがとっても艶
やかでした。
a0126632_1940379.jpg

先に進んで対岸の枝先を見ると・・・・・何かやら金緑色に耀く小さなチョウ
が舞っていました。ゼフィルスの雄は間違いありませんが、流石にこの写真で
は同定を諦めました。
a0126632_19424849.jpg
a0126632_19425962.jpg
a0126632_1943713.jpg
a0126632_19431548.jpg

行き止まりに近い橋付近に集まっていたのは舞う宝石「ミヤマカラスアゲハ」
でした。結構俊敏で、飛翔撮影しようと近づくと舞い上がってしまい完敗に終
わりました。

               in2014.07.19東信 おわり

同行してご指導頂いた花蝶風月の buttfflowさん、地元の皆さん、M社の
方々、現地で偶然お会いした蝶散歩のchosanpoさんお世話になりました。
今後ともよろしくお願いいたします。
by himeoo27 | 2014-07-26 20:01 | チョウ全般 | Comments(36)


全開ジャパンブルー「オオムラサキ」in2014.06.21①

a0126632_8112839.jpg

サッカー日本代表は、ギリシア戦に引き分けてリーグ戦突破が厳しくなってきま
した。しかし、こちら日本の蝶の代表ジャパンブルー「オオムラサキ」は全開翅し
て大空高く舞い上がりました。コロンビアに勝って何とか決勝トーナメント進出し
て欲しいものです。

a0126632_8173691.jpg
a0126632_8174574.jpg

埼玉県中北部の公園でまず出逢ったのは「オオチャバネセセリ交尾」ペアです。
a0126632_8203935.jpg

この公園ではオオチャバネセセリが比較的多く私たちの目を楽しませてくれます。

a0126632_8233251.jpg

次に出逢ったのもセセリの仲間の「キマダラセセリ」です。目が大きく見えるので
とっても可愛い蝶ですね!

a0126632_825455.jpg

明るい河川に面した土手をノンビリと「モンキチョウ白♀」が舞っていました。この
大きさ&明るさならと魚眼レンズで飛翔撮影に挑戦してみました。次回はもう少し
背景を上手く整理して青空背景に写したいものです。

a0126632_830114.jpg
a0126632_8302392.jpg

やはり本命は、この蝶オオムラサキです!羽化直後とのこと正面顔、裏面とも
繊細な美しさですが、
a0126632_8315798.jpg

惜しげもなく全開翅した表翅の蒼き輝きは息をのむほど素晴らしいものでした。

             in2014.06.21埼玉県中北部の公園つづく
by himeoo27 | 2014-06-22 08:37 | チョウ全般 | Comments(44)


青く輝き日本代表応援 と 自宅のベランダ in2014.06.14~15 

a0126632_7471016.jpg

「ミドリシジミ」の雄の表翅の煌めきは、この程度の僅かな隙間から見ると
メタリックブルーに鋭く輝きます。まるで、「侍ブルー」サッカー日本代表を
応援しているように、感じました。
a0126632_753567.jpg
a0126632_754816.jpg

昨日フィールドに到着すると直ぐに、先に来られていたカメラマンの方が、
手招きしてくれました。早速お礼を言って撮影開始です。
羽化直後と思われる「ミドリシジミ雌aB型」です!2本×2の青色の筋が綺麗
でした。昨日出逢った雌は、B型中心でこちらもサッカー日本代表を応援して
いるかのようです。
a0126632_815949.jpg
a0126632_821379.jpg

毎年ミドリシジミを数多く観察出来るエリアには10人近い撮影者の方々が
いて、ポツポツ舞い降りてくる蝶を皆でワイワイ撮影しました。
a0126632_854773.jpg
a0126632_855818.jpg

斜め前方上部から撮影出来る絶好ポイントに美麗個体が舞い降りてくれま
した。
左側前翅が、少し影になっているもののその金属光沢は素晴らしいですね!
a0126632_89582.jpg

ミドリシジミのポイントでまず見つけた他の蝶は「ヒオドシチョウ?」の蛹です。
タテハチョウの仲間の蛹であるのは間違いないと思いますが、いつものよう
に同定には自信ありません。
a0126632_8114471.jpg

ミドリシジミ雌B型を見つけてくれたカメラマンが、「ゴマダラチョウ」が吸水し
てますよ!と教えてくれました。大人しい個体だったのでコンデジを地面に
くっつけるようにして写しました。
a0126632_8141379.jpg

ミドリシジミの舞い降り時間が終わったので帰ろうとすると、巨大な白っぽい
チョウが樹上に止まりました。要注意外来生物「アカボシゴマダラ」です。
控えめなゴマダラチョウと比較すると堂々としていて、違和感を感じました。
               in2014.06.14さいたま市内某公園

a0126632_8233498.jpg

朝起きると何やら妻がベランダ1から呼んでいます。ブッドレアの花芽はまだ
少ないので、蝶は厳しいのではと思いつつカメラを持って駆けつけました。
a0126632_8245148.jpg

ベランダ2の山椒の樹(右端の2本)で生まれた「アゲハチョウ」が今朝羽化し
てお礼の舞いを演じてくれたとのことでした。山椒の樹はご覧の通りかなり食
べられていますが、そのうちに復活することと思います(笑)。
左側の網は、「ジャコウアゲハ」の為に「ウマノスズクサ」を植えています。
山椒の樹とウマノスズクサの下に密生して生えているのは「ヤマトシジミ」の
食草「カタバミ」です。
今年も日本チョウ類保全協会の「庭のチョウ」調査に参加しているので、多く
のチョウが訪問して欲しいものです。
               in2014.06.15さいたま市大宮区

**************************************************
残念ながらサッカー日本代表1:2と逆転負けでしたが、次戦以降の再起に
期待しています。
by himeoo27 | 2014-06-15 08:49 | チョウ全般 | Comments(34)


チョウの観察会 in2014.05.17

a0126632_14204348.jpg

昨日、日本チョウ類保全協会主催のチョウの観察会に参加しました。
私たちのグループの指導員は、「shin」さんでした。
a0126632_14211333.jpg

現地のバス停について、まず登場してくれたのは「ウスバシロチョウ」です。
a0126632_14221564.jpg

林道入口の駐車場付近でも「オナガアゲハ」も舞ってくれました。
a0126632_14272866.jpg
a0126632_14274723.jpg

集合場所の広場では「オナガアゲハ」、カラスアゲハも吸蜜に飛来してくれました。
a0126632_1430591.jpg

少なくとも「アオバセセリ」には逢いたいものだと皆で話していると・・・・
a0126632_14313596.jpg

とてもフレンドリーな数個体が顔を見せて大観察会になりました。
a0126632_14331292.jpg

この林道は、チョウだけでなく、植物、野鳥、他の昆虫類も豊富で、「オトシブミという
のは風流な名の虫ですね」などと言って散策していると、参加者の方が「アカクビオ
ナガオトシブミ
?」のペアを見つけてくれました。
鍵コメさんのご指摘によると触覚の長さ等より「ヒゲナガオトシブミの雄と雌」のよう
です。鍵コメさんご指摘有難うございます。
a0126632_1441283.jpg
a0126632_14414485.jpg

渓流沿いを進み「スミナガシ」の赤い口吻を見たいものだと考えているとて・・・・・・
theclaさんが呼んでいます。久しぶりにスミナガシと再会です!
a0126632_14534953.jpg

林道を戻っていると、観察会の〆はやはり鮮やかなヒョウ柄の「クモガタヒョウモン」
でしょう!と颯爽と登場して皆を楽しませてくれました。

shinさん、theclaさん、pontaさん、Mさん、Kさん、Nさんご夫妻、Ⅰさんほか参加
者の皆さん大変お世話になりました。

                 inチョウの観察会2014.05.17おわり
by himeoo27 | 2014-05-18 15:09 | チョウ全般 | Comments(42)


春のシロチョウ&初夏の白い蝶 in2014.04.26②

春のシロチョウというと飛び回って殆ど止まらない
a0126632_14333526.jpg

a0126632_14393999.jpg

「ツマキチョウ」と思います。シャープな形状が、素敵です。
a0126632_14352016.jpg

♂は、翅の先端の淡い黄色、翅裏の草の葉のような模様も綺麗です。
a0126632_14373052.jpg

♀は、翅表は白一色で清楚&可憐な感じがします。
a0126632_14391335.jpg

都内では減っていると聞いていますが、埼玉県では「スジグロシロチョウ」は健在です。
a0126632_14414717.jpg

やっと登場してくれた、初夏の白い蝶「ウスバシロチョウ」を追いかけて追い出してしま
いました。

                   in2014.04.26埼玉県中北部の公園おわり
by himeoo27 | 2014-04-29 14:45 | チョウ全般 | Comments(25)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
テントウムシも色々ですね..
by torinara at 21:58
こんにちは(*´∀`) ..
by だんちょう at 10:49
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:11
体長12mm、幼虫に至っ..
by 椿の茶屋 at 23:57
夏枯れ? 暑くて虫もあ..
by Shin at 22:07
ハラグロオオテントウ、お..
by yurinBD at 21:37
こんばんは さすがです..
by つばさ2号 at 21:06
uke-en 様 ご指..
by himeoo27 at 19:46
12mmというと、マメコ..
by uke-en at 19:38
椿の茶屋 様 平地性ゼ..
by himeoo27 at 16:28
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧