ヒメオオの寄り道


カテゴリ:チョウ全般( 97 )



真珠の輝き(シロウラナミシジミ)と表翅撮影へのこだわり

11月20日~23日に石垣島&西表島へ出かけてきました。
a0126632_1944532.jpg

今回の遠征の一番の狙いは「シロウラナミシジミ」の表翅
の輝きを撮影することです。
雄の真珠のような表翅の輝きは眩しいほどです。
a0126632_19465013.jpg

八重山諸島のシジミチョウにしては大柄ですが、
ウラギンシジミよりひと回り小さく俊敏なので撮影に苦戦
しました。
a0126632_19492451.jpg

裏翅は落ち着いた波目模様でこれはこれで素敵です。
a0126632_19531062.jpg

a0126632_19532516.jpg

しばらく探すと雌個体が舞い出しました。
雄の輝きのような派手さはありませんが、綺麗ですね!
a0126632_19571930.jpg

「オキナワビロードセセリ」は、アオバセセリくらいの
大きさで、セセリチョウとしてはやや大柄です。
とは言えモンシロチョウと比べると小さな蝶です。
a0126632_19575098.jpg

さらにジェット機のようにビュンビュン飛ぶので表翅撮影
困難種の1種です。
今回は何とか雌の表翅の模様を写しとることが叶いました。
a0126632_2074828.jpg

「ウスイロコノマチョウ」は、薄暗い場所に生息しています。
a0126632_2093280.jpg

a0126632_2094725.jpg

今回は個体数が多かったこともあり何とか飛び立ちと表翅の
写真を撮影できました。
a0126632_20112612.jpg

日差しを遮るように竹が生い茂った林の中に潜む
「シロオビヒカゲ」は個体数が少なく
a0126632_20144835.jpg

今回は5月の雌に次いで何とか1頭だけ見つけた雄の表翅を撮りこめました。

        in2015.11.20~23石垣島&西表島①
by himeoo27 | 2015-11-28 20:20 | チョウ全般 | Comments(20)


西表島の初夏の蝶 in2015.05.03~04 

このブログ公開時、西表島で探蝶中と考えられるので、
前回に続き過去ネタです。
a0126632_1421199.jpg

日本最小の蝶というと「タイワンヒメシジミ」です。
すぐ左にある水滴の大きさとの比較で、その小ささが
良くわかります。
a0126632_14282791.jpg

今回は雨天から曇天へ変わるタイミングでの探蝶だった
ので、綺麗に翅を開いてくれました。
a0126632_14353213.jpg

それにしても小さな、小さな蝶です。
a0126632_14382058.jpg

「ヒメシルビアシジミ」も小ささではタイワンヒメシジミ
と大差ありません。裏翅の模様だけ見るとシルビアシジミ
と殆ど変わりません。
a0126632_1442183.jpg

後翅の縁付近に明瞭で連続する「へ」の字+黒点模様は、
「ヤクシマルリシジミ」です。目が可愛いですね!
a0126632_14502475.jpg

a0126632_14504342.jpg

クッキリした波目模様の「アマミウラナミシジミ」は、
逆光で輝く縁毛が綺麗でした。
a0126632_1459753.jpg

仲良さそうに並んだ幼虫は・・・・・・・・・・
a0126632_150998.jpg

「ジャコウアゲハ」です。後翅の太い黄色の半月状紋が目立
ちます。
a0126632_1551851.jpg

個体数の多いマサキウラナミジャノメに近似する
「ヤエヤマウラナミジャノメ」は数が少ないものの今回は、
近くで撮影叶いました。
a0126632_1594325.jpg

タイワンキマダラを探していると「ヒメアサギマダラ」が
目の前を飛び去りました。
a0126632_1513748.jpg

「タテハモドキ」は、オレンジ色の地色と眼状紋の対比が
鮮やかで綺麗な蝶ですね!
by himeoo27 | 2015-11-21 14:18 | チョウ全般 | Comments(14)


石垣島の初夏の蝶 in2015.05.02~05

今年5月初旬の過去ネタです。
a0126632_1335391.jpg

奄美・琉球列島以南に生息する美麗種というと
「アオタテハモドキ」雄でしょう!
a0126632_1363389.jpg

蒼く煌めく表翅は最高に綺麗ですが、
a0126632_1371517.jpg

裏も味わい深く素敵です。
a0126632_1310239.jpg

雌の表翅は、雄に比べると地味ですが、
これはこれで綺麗です。
a0126632_13144682.jpg

まばゆいばかりの瑠璃色に輝く小さなチョウは、
「ルリウラナミシジミ」です。
a0126632_13184080.jpg

クリクリした目が可愛いこのチョウは、「ヒメウラナミシジミ」
です。裏翅の繊細な波目模様が良いですね!
a0126632_1325533.jpg

石垣島でいつもお世話になっている「蝶館カビラの入野さん」に
挨拶に飛来したのは白の表翅が素晴らしい「ナミエシロチョウ」
雄です。
a0126632_13331591.jpg

石垣島の擬態蝶の代表は、「シロオビアゲハ」雌(ベニモン型)
です。
翅が、ブレブレなところが動きを感じて面白い絵になりました。
a0126632_13405655.jpg

(シロオビ型)は黒と白のシンプルな模様なので雌雄の区別は
難しいです(涙)。
a0126632_1431067.jpg

a0126632_1432969.jpg

「スジグロカバマダラ」は、石垣島で最も普通種ですが、初夏
の緑を背景に飛ぶ姿は、色合いがとっても綺麗です。
a0126632_14113548.jpg

表翅の輝きが綺麗な「ツマムラサキマダラ」ですが、
裏翅の模様も素晴らしいですね!
by himeoo27 | 2015-11-15 14:17 | チョウ全般 | Comments(18)


見沼田んぼ蝶散歩 in2015.10.18

a0126632_18241896.jpg

今日、秋のチョウを探しに見沼田んぼに出かけてきました。
a0126632_16585218.jpg

まず登場してくれたのは「キタキチョウ」です。
a0126632_1701069.jpg
a0126632_1701858.jpg

キタキチョウの雄が表翅を煌めかせていたので、近づいて良く
見ると、雌と思われる蛹が見つかりました。
a0126632_175474.jpg

見沼代用水沿いの草地では「モンシロチョウ」が空高く舞い上
がりました。
a0126632_1794420.jpg

セセリチョウの仲間はイチモンジセセリが多いものの初々しい
「チャバネセセリ」もポツポツ観察出来ました。
a0126632_1712714.jpg

秋型の「キタテハ」は、翅の形状がシャープでまるでシータテハ
のように感じます。
a0126632_17164137.jpg
a0126632_17165298.jpg

キバナコスモスの花畑には「アオスジアゲハ」も登場です。飛翔
シーンを撮ろうと接近すると飛び去ってしまいました(涙)。
a0126632_17222310.jpg

a0126632_17232399.jpg

今日一番出逢いたかったチョウは、この「ヒメアカタテハ」です。
オレンジ色が鮮やかな表翅も、繊細な幾何学模様の裏翅どちらも
大好きなヒメオオです。
a0126632_17282149.jpg

ヒメアカタテハは個体数が多いものの俊敏で、飛翔撮影は近づか
せてくれませんでした。

       in2015.10.18見沼田んぼ
by himeoo27 | 2015-10-18 17:35 | チョウ全般 | Comments(22)


庭にきたチョウたち in2015.09.23~10.03

a0126632_12152921.jpg

シルバーウイーク終盤に我が家のベランダに舞い降りて
きたのは「アオスジアゲハ」です。
a0126632_11141163.jpg

白いブッドレアの花で熱心に吸蜜です。
a0126632_11142112.jpg

しばらく見ていると「イチモンジセセリ」も登場です。
          in2015.09.23
***************************
a0126632_11243997.jpg

仕事を終わらせて19:30頃帰宅すると、我が家の玄関の
電灯付近にある蜘蛛の巣に何か蟲がちょうど引っかかって
もがいていました。
蜘蛛の巣を壊すと、1頭のイチモンジセセリが無事脱出し
て壁にとまりました。後翅についた蜘蛛の糸が痛々しいで
す。チョウも夜遊びには気をつけて欲しいものです。
          in2015.09.25
a0126632_11325758.jpg
a0126632_113351.jpg

セセリチョウの仲間は、正面顔が可愛い種が多いのですが
ことのほかイチモンジセセリの正面顔が可愛いです。
a0126632_11355399.jpg
a0126632_1136234.jpg

イチモンジセセリは、この時期我が家のベランダでも個体
数が多く求愛行動を観察出来ました。但し、観察中に交尾
は成立しませんでした(涙)。
a0126632_11384127.jpg

イチモンジセセリを観察していると「ヒメアカタテハ」が
白花のブッドレアにやってきました。裏翅の模様を撮ろう
チャレンジしましたが完敗でした。
          in2015.09.26
****************************
a0126632_1143887.jpg

a0126632_11431779.jpg

「秋のチョウの観察と撮影会2015」を終わらせて帰宅す
ると「ムラサキシジミ」が吸蜜にきていました。
表翅を撮ろうとしたら舞い上がって2度と戻ってきません
でした。
          in2015.09.27
****************************
a0126632_11502934.jpg

イチモンジセセリが、また来ているなとベランダに出てみ
ると模様が違います。「チャバネセセリ」のようです。
この種も顔が可愛いですね!
          in2015.10.03
by himeoo27 | 2015-10-04 11:56 | チョウ全般 | Comments(32)


秋のチョウの観察と撮影会2015予行演習 in2015.09.21

a0126632_8405529.jpg

9月27日「秋のチョウの観察と撮影会2015」の予行演習
を兼ねて昨日、国立科学博物館附属自然教育園に出かけて
きました。
a0126632_8554516.jpg

開門前に入口で、出迎えてくれたのは「ヤマトシジミ雄」で
す。小さなチョウですが表翅の輝きはこの日の色々なチョウ
との出逢いを掻き立てられます。
シジミチョウの仲間は、ムラサキシジミ、ムラサキツバメ、
ウラギンシジミも登場してくれて全部で4種でした。
a0126632_935864.jpg

次に登場してくれたのは「オオウラギンスジヒョウモン」で
す。
a0126632_951636.jpg

「ミドリヒョウモン」は、痛みがあってもやはり存在感ありま
すね!
a0126632_97770.jpg

都心部のヒョウモンチョウの仲間というと「ツマグロヒョウモン」
です。羽化直後なのか初々しい個体でした。
a0126632_984096.jpg

また「アカボシゴマダラ」?とカメラを向けると「ゴマダラチョウ」
だったので慌てて撮影しました。この小さな森に生き延びていると思
うと嬉しくなります。
a0126632_910472.jpg

「テングチョウ」はタテハチョウの仲間に入っているようで、
タテハチョウの仲間は上記6種に個体数が多いヒカゲチョウ、
コミスジを加えて8種観察出来ました。
a0126632_915375.jpg

a0126632_9151267.jpg

「キタキチョウ」は表翅が綺麗ですが飛んでいる時しか見せて
くれないのが残念です。
a0126632_9242182.jpg

青空に舞う純白の「モンシロチョウ」普通種とはいえステキな
絵に仕上がったかな?
シロチョウ類は、この2種にとどまりました。
a0126632_9285127.jpg

a0126632_9291414.jpg

アゲハ類は、上の「アオスジアゲハ」下の「カラスアゲハ」を
含めてナガサキアゲハ、アゲハ、クロアゲハの5種が舞ってい
ました。
セセリチョウは個体数が一番多かったですが、チャバネセセリ
、イチモンジセセリの2種しか観察叶いませんでした。
都心なのに、ざっと4時間の散策で21種とは豊かな自然を堪能
したヒメオオです。

「秋のチョウの観察と撮影会2015」興味のある方は、下記を参
考にして申し込みください。
************************************************
秋の日差しに誘われて、都心のチョウを見に行きませんか?
NPO法人日本チョウ類保全協会主催のイベントですが、どなた
でもご参加できます。
自然教育園の矢野先生のお話や、チョウの保全の報告もあります。

・テーマ :『都心で秋のチョウの観察と撮影を楽しむ』
・実施日 : 2015年 9月27日(日曜日)  
      雨天決行(雨天時はセミナーのみ)
・場 所 : 国立科学博物館附属自然教育園
JR山手線、東急目黒線・・・目黒駅東口より徒歩9分
東京メトロ南北線/都営三田線
          ・・・白金台駅1番出口より徒歩7分

・集合時間: 9:00 自然教育園入口前
・参加資格: チョウに興味がある方
      (小学生以上…小学生の場合は保護者同伴)
・募集人数: 先着30名程度
・費 用 : 入園料310円+参加費500円
(高校生以下、65歳以上は、入園料無料・年齢を証明するものが必要)
・内 容 :
9:10~10:10セミナー室にて
矢野先生のお話・チョウの保全(ツシマウラボシシジミ)についての話
10:15~12:00 園内にてチョウの観察と写真撮影
12:30頃     解散

・申込み方法(メールにて、次の事項を明記ください)
①お名前(同伴者がいるときは、その方の名前も。
        小中学生の場合は、学年を明記)
②申込者の連絡用電話番号
③日本チョウ類保全協会の会員か非会員かの区別
④その他、質問など

・参加申込み先: batako33@gmail.com (井上)

   ※お申込はメールのみです
by himeoo27 | 2015-09-22 09:40 | チョウ全般 | Comments(26)


郊外、都心、自宅の蝶 in2015.09.03~13

a0126632_13572337.jpg
a0126632_13573247.jpg

埼玉県中北部の公園で一番目立った蝶は「ダイミョウセセリ」
です。個体数も多く、飛翔シーンにも挑戦してみました。
a0126632_1411839.jpg

ダイミョウセセリを撮っているとてくてく写日記のbanyan
さんが「チャバネセセリ交尾」ペアを見つけてくれました。
チャバネセセリ交尾は初撮影だったので魚眼レンズを使って
生息環境も撮りこんでみました。
       以上 in2015.09.05埼玉県中北部の公園
***************************
a0126632_1464756.jpg

「三越前」の地下鉄駅を降り仕事場に向かっているとビル
の谷間に1頭の「イチモンジセセリ」が止まっていました。
傷んだ個体ですが、東京都心部の真ん中での出逢いなので
コンデジで撮影してみました。
       以上 in2015.09.03東京都中央区
***************************
a0126632_14154643.jpg

「イチモンジセセリ」は、涼しくなるとともに個体数が増え
てきて自宅の駐輪場の脇で佇む子もいます。
          in2015.09.12
a0126632_14185538.jpg

a0126632_1419252.jpg
a0126632_1419927.jpg

自宅のベランダでも常連客で、今日は2頭訪問してくれたの
でゆっくり撮影できました。
          in2015.09.13
a0126632_1423323.jpg

時々、大型の蝶も訪問してくれます。この日は「ミドリヒョウ
モン雌」が訪ねてくれました。翅が野鳥に突かれたのか?痛ん
でいますが、なかなかの風格です。
          in2015.09.05
a0126632_14295690.jpg

「ヤマトシジミ」は、イチモンジセセリに次いで我が家のベラン
ダの常連客です。但し、小さくてすばしっこいので上手く撮影で
きません(涙)。
a0126632_1432070.jpg

a0126632_14321031.jpg

本日は、我が家のベランダにしては訪問客が多く「ツマグロヒョ
ウモン雄」もきてくれました。遠征できない時に色々来てくれる
と嬉しいですね!
          in2015.09.13
       以上 さいたま市大宮区の我が家のベランダ
by himeoo27 | 2015-09-13 14:38 | チョウ全般 | Comments(28)


2015上高地盛夏の蝶 in2015.08.01~02②

a0126632_1330070.jpg

明神岳のモルゲンロートを写した後、
穂高神社奥宮「明神池」に参拝しました。
a0126632_1337141.jpg

a0126632_13371128.jpg
a0126632_13371860.jpg

池越しに朝日が木々にあたる煌めきは
「スジボソヤマキチョウ」の姿を彷彿させました。
a0126632_13431044.jpg

夏の日差しは日の出でも強いのか、光が当たった池
から霧が発生し、透明感のある幽玄の世界が出現し
ました。
a0126632_1347074.jpg

透明感のある高原の蝶というと「アサギマダラ」でし
ょう。飛翔シーンにも挑戦してみましたが、今回は完
敗に終わりました(涙)。
a0126632_1351248.jpg
a0126632_13513243.jpg
a0126632_13514219.jpg

「キアゲハ」が、梓川に沿った広い河原で舞っていまし
た。我が家のベランダにもやってくる普通種ですが、上
高地で見ると妙に神々しく感じます。
a0126632_1354269.jpg

a0126632_7424233.jpg

キアゲハに遊んでもらった後、河原の花に目を向けると
同じ色合いの甲虫がいました。「トラハナムグリ」でし
ょうか?とても愛らしい昆虫です。
a0126632_1402711.jpg

陽がのぼると明神岳の全景がクッキリあらわれ今回の遠
征を祝福してくれました。

           in2015.08.01~02終わり
by himeoo27 | 2015-08-13 10:02 | チョウ全般 | Comments(16)


中信高原のチョウたち in2015.07.11②

a0126632_12503064.jpg
a0126632_12503989.jpg

MIYAKOUTAさんの案内で、湿原の木道を歩いて
林の中の薄暗い木陰に入ると颯爽と「ウラジャノメ」
が登場しました。
a0126632_12531251.jpg

そのうち一頭が葉の上に止まった個体が半開翅しました。
裏翅のアースカラーの模様が素敵ですね!
a0126632_12574031.jpg

a0126632_12575273.jpg

「フィールドガイド日本のチョウ」プロジェクト
と同じように裏翅と表翅を撮影してみました(笑)。
a0126632_1342232.jpg

ひなたに出ると愛らしい「ヒメキマダラセセリ」が
熱心に吸蜜しています。
a0126632_1382355.jpg

乾燥した稜線に咲くアザミの花に
新鮮な「モンキチョウ」がやってきました。
a0126632_13143125.jpg

a0126632_13144237.jpg

今回、乾燥した高原で、一番目立ったのは
「ウラギンヒョウモン」です。
仲良く集まって、賑やかに舞っていました。
a0126632_1319396.jpg
a0126632_13194668.jpg
a0126632_13195420.jpg

湿原の周辺で鮮やかなオレンジ色の蝶は、
「ヒョウモンチョウ」かな?
ウラギンヒョウモンより小さく愛らしく感じました。

             in2015.07.11終わり
by himeoo27 | 2015-07-18 13:30 | チョウ全般 | Comments(16)


瓢箪から駒「メスアカミドリ卍巴飛翔」

a0126632_12374678.jpg
昨日、とあるコガネムシを探しに東京の山中に
出かけてきました。
a0126632_12395844.jpg
まず颯爽と登場してくれたのはゴマダラチョウ?
と思いきや少し赤紋のある白化型「アカボシゴマダラ」
でした。
樹液を吸蜜したので黄色い口吻が観察できました。
a0126632_12440430.jpg
a0126632_12451509.jpg
コミスジと比べると大きな蝶なのでオオミスジでは?と
思い撮影しました。
翅の模様より「ミスジチョウ」ですね!
a0126632_12503572.jpg

「コジャノメ」は相性が悪く、認識して撮影したのは
はじめてかもしれません(笑)。

a0126632_12543014.jpg

「ヒメキマダラセセリ」は、さいたま市内の低地には
生息していないので、出逢いが嬉しい蝶の1種です。

a0126632_12590054.jpg

a0126632_12591256.jpg
薄暗い林縁部を水色の金属光沢を輝かせて低く飛び
まわっているのは「ルリシジミ」です。
暗い場所なので絞りこめずピントの甘い写真となり
ました。
a0126632_13042396.jpg
目的のコガネムシが全く見つからずトボトボ思い足を
引き摺って歩いていると
陽だまりに金緑色の小さな蝶がクルクル飛びまわって
いました。ゼフィルスの卍巴飛翔です!
a0126632_13032866.jpg
裏翅の模様より「アイノミドリシジミ」のようです。
鍵コメ1さんのご指摘により確認したところ
「メスアカミドリシジミ」でした。訂正いたします。
鍵コメ1さん有難うございます。
昨日は曇りで気温が低かったので11:30頃なのに飛
びまわっていたのかな?メスアカミドリシジミとする
と丁度彼らの活動時間帯でした。
a0126632_13110282.jpg
近づくと「魚眼レンズ」、離れると「105㎜マクロ」のカメラを
何度も何度も持ち替えてシャッターを押した結果このコマはなん
とかそれらしく写せました。
綺麗な表翅を少し見せて、後ろの個体に眼を飛ばす手前のチョウ
可愛いですね!
a0126632_13193248.jpg
10数分の争いの後、勝ちをおさめたこの子は見晴らしの
良い樹上にテリ張りしました。

とあるコガネムシは結局1頭も出逢えませんでしたが、
瓢箪から駒でメスアカアイノミドリシジミの卍巴飛翔が見
れて大満足のプチ遠征となりました。

            in2015.06.06東京都山中









by himeoo27 | 2015-06-07 13:28 | チョウ全般 | Comments(36)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
こんばんは(o´∀`)b..
by だんちょう at 05:08
いつも最新の生態写真は素..
by 武ちゃん at 21:57
今年はスジボソヤマキ1度..
by naoggio at 16:15
ミヤマモンキチョウって翅..
by uke-en at 10:05
スジボソヤマキチョウ♂の..
by 22wn3288 at 08:17
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:30
スジボソヤマキチョウ、 ..
by Sippo5655 at 22:13
霧島緑 様 私は、暑い..
by himeoo27 at 13:50
uke-en 様 3~..
by himeoo27 at 13:37
だんちょう 様 この場..
by himeoo27 at 13:28
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧