ヒメオオの寄り道


カテゴリ:チョウ全般( 95 )



ヒメシジミ、イチモンジチョウ他 in新潟&福島10.06.26②

チョウセンアカシジミが居た場所の近くの里山には
a0126632_2174053.jpg

赤色が素敵な「ショウジョウトンボ?」や
a0126632_2110860.jpg

「キリギリス?の幼虫」、コムラサキ、モンキチョウ、モンシロチョウ、イチモンジチョウ、ルリシジミ、キタテハ等々の昆虫が沢山住んでいました。
↓のmitakaさんの指摘よりこの幼虫は、キリギリスではなく「ヤブキリ」だそうです。mitakaさん大変有難うございました。
おにぎりで軽く腹ごしらえして福島県へ向けて山越ししました。とは言えyodaさんの運転する車の横に乗っていただけですが・・・・・
山中を走っていると道路の真ん中におおきな蝶がいました。チョウセンアカシジミに会って頭が大きくなっていたヒメオオはひょっとして「オオイチモンジ・・・・」ではと慌てて車を止めて貰いました。
a0126632_21183919.jpg
a0126632_21184937.jpg

近づいて接写するとごく普通の「イチモンジチョウ」でした。でも大人しい個体で表面も、裏面も撮影させて貰いました。ここまで接近出来るとニコニコです。
イチモンジチョウの近くの花を良く見ると
a0126632_21224749.jpg
a0126632_21225538.jpg

「ヒメシジミ」のアベックが吸蜜していました。さいたま市内には生息していない蝶なので勇んで撮影しました。♀は少しピークが過ぎていましたが、♂の表翅はとても綺麗でした。
その後、無数と言っても良いくらいのヒメシジミを最後のポイントで見かけましたが、別の蝶に追われて詳しく観察しなかったのは「反省」です。きっと斑紋異常や、色々な生態が観察出来たと思われます。
最後のポイントでは
a0126632_21305241.jpg

羽化直後と思われる綺麗な「ウラギンヒョウモン」が居ました。開翅や吸蜜も撮影しようとしましたが、逃げられてしまいました。

(画像をクリックすると少し大きくなります)

             in新潟&福島10.06.26続く
by himeoo27 | 2010-06-29 21:34 | チョウ全般 | Comments(14)


蝶舞うU山頂 in群馬県南部100612③

オオミドリシジミやミズイロオナガシジミが群飛していたT市郊外の山頂には
a0126632_19192564.jpg

少し暗がりに「ダイミョウセセリ」が翅を閉じ気味に止まっていました。この蝶全開の状態の写真しか撮ったことのないヒメオオにはとても嬉しかったです。
a0126632_19231945.jpg

U山頂に移っても西峰の頂では、足元の木陰にダイミョウセセリが閉翅状態で止まっていました。この2枚の画像は地味ですが配色的にもかなりのお気に入りです。
U山頂は電波塔のある西峰、城のある東峰に分かれています。まず行った東峰では
a0126632_19311249.jpg
a0126632_19312019.jpg

「カラスアゲハ」が吸蜜していました。モンキアゲハ、ミヤマカラスアゲハもやってきましたがカメラに収めることは出来ませんでした。
西峰の山頂の狭い空間は、まさに蝶の楽園でした。一番下の木陰はダイミョウセセリ、次にルリシジミ、中層にモンキアゲハ・ミヤマカラスアゲハ・カラスアゲハ、その上にアオバセセリ、最上部の樹上にはアオスジアゲハ・ツマグロヒョウモンと多層に分かれて蝶達が、次々に舞っています。
写真を撮るのを忘れてこれらの蝶達の飛来を眺めていると花蝶風月のbuttfflowさんが飛翔写真に拘る理由が良く分かりました。
また、東峰に戻ると樹上をオレンジ色をした蝶がチラチラ飛んでいます。
a0126632_19483961.jpg

a0126632_19483166.jpg

城の白壁に止まったので近づいてみると「アカシジミ」でした。城の「白壁」とアカシジミの「赤」が面白く近づこうとすると舞いあがって戻ってきませんでした。

「ぐんま昆虫の森」には時々行きますが、群馬県南部での蝶行は初めてなのにとても堪能いたしました。ご指導いただいたbuttfflowさん、お世話になったU山頂の管理員さんありがとうございました。またお伺いした折もよろしくお願いいたします。

  (画像をクリックすると少し大きくなります。)

          in群馬県南部100612 終わり
by himeoo27 | 2010-06-19 19:58 | チョウ全般 | Comments(12)


温室の蝶ほか in ぐんま昆虫の森④

2010.01.10
a0126632_16455595.jpg

ツマムラサキマダラの綺麗なペアが交尾していました。
上が♂で、下が♀のようです。模様が違うので私にも区別が付きました。
a0126632_16461467.jpg

上のペアの直ぐ近くで翅を開いた個体がいたのでパチリ!絵的には今一ですが、
輝く色が好きなので掲載しました。

北本自然観察公園で時々会う蝶のアマチュア写真家の方がヒメオオさんでは、
と探してくれたのがこの「クロセセリ」です。
a0126632_16535160.jpg

最初は、動き廻って旨く撮らせてくれませんでしたが、
a0126632_1714788.jpg

最後は止まって翅を開いてくれました。この蝶は初見の上に、セセリの仲間は
眼が大きく可愛いので「コノハチョウ」についで嬉しかったです。

逆光で位置が悪いところで、
a0126632_174188.jpg

カバタテハのペアも交尾していました。裏面の模様がとても面白ですよね!

a0126632_176546.jpg

綺麗なハエの仲間?
a0126632_1771872.jpg

白く綺麗な殻を持つカタツムリなどなど色々な蟲が、おりました。

ぐんま昆虫の森2010.01.10シリーズはとりあえず終了します。
by himeoo27 | 2010-01-16 17:08 | チョウ全般 | Comments(10)


越冬する蝶の卵、蛹 in ぐんま昆虫の森

ぐんま昆虫の森には西表島の自然を再現した昆虫大温室ドームだけでなく
里山の自然をそのまま残した雑木林、田畑、池、草原があります。
それらの樹や草を良く見るとピンクのビニールが結んでいるものがあります。
何か虫がついているのではと探してみると、
2010.01.11
a0126632_20513068.jpg

なにやら卵のようなものが小枝の付け根についていました。
a0126632_2059158.jpg

多分オオミドリシジミの卵では?
a0126632_2111153.jpg

こちらはミズイロオナガシジミの卵です。ケースに入った生体の見本を写して
みましたが・・・・・・
a0126632_2131276.jpg

ケース内のウラゴマダラシジミの卵です。UFOのような形状が何とか認識で
きるかな?

卵に続いて蛹も探してみると
a0126632_2181176.jpg

カラスサンショの木の幹についてなにやら付いています。
a0126632_21103666.jpg

オナガアゲハの蛹と思われます。
a0126632_21121538.jpg

カラタチにはアゲハチョウの蛹も見つけることが出来ました。

ツマキチョウの蛹も居るそうですがこれは発見出来ませんでした。
by himeoo27 | 2010-01-13 20:58 | チョウ全般 | Comments(6)


北本自然観察公園の昆虫等①(チョウ類)

10月24日(北本自然観察公園にて)

シャチホコガの幼虫が居たというブログを読んでカメラを持って
「北本自然観察公園」へ出かけてみました。

クロコノマチョウのポイントには、。「自然散策雑記帳」の
「ねこきち」さんと「YODA」さんが、来ていました。
a0126632_1959589.jpg

草刈の影響か、クロコノマチョウの成虫は避難して全く見当たり
ません。でも、羽化直前と思われるクロコノマチョウの蛹がいた
ので羽化まで粘ってみることにしました。しばらく、バッタや、
トンボ、カエル、カマキリ等を観察していると、林の方から
a0126632_195981.jpg

成虫が飛び出してきて樹液で吸蜜を始めました。秋型の成虫は、
多く観察しましたが、樹液を飲む姿にはとっても感動いたしまし
た。ちょうど場所を離れていたヒメオオにYODAさんが教えて
くれました。
a0126632_2011167.jpg

クロコノマ蛹も複数いましたが、残念ながら肉食性の蜂に食べら
れている子もいました。ねこきちさんが、見つけてくれました。
15:00過ぎまで粘ってみましたが、残念ながら羽化を見ること
は出来ませんでした。

a0126632_20145094.jpg

枯葉が載っているようですが、コミスジの幼虫です。ねこきちさん
に見つけて貰いました。少し地味ですが、小さなシャチホコガの
幼虫のようです。

a0126632_20221841.jpg

キタテハ前蛹です。タテハチョウの仲間独特の形状ですね!
a0126632_20234581.jpg

キタテハ蛹です。これらキタテハの前蛹、蛹もコミスジの幼虫と
同じくねこきちさんに見つけて貰いました。
ねこきちさんはチョウの成虫だけでなく、幼虫、蛹も詳しく楽し
い観察が出来ました。

a0126632_20281540.jpg

今日は天気も曇りで、気温も上がらずチョウは殆ど飛んでいません
でした。クロコノマ3、ベニシジミ1、キタテハ1、そしてこの
ヤマトシジミ5といった状況です。
ゆえに、この子眼の色も灰色ですしシルビアシジミと思い込みたく
なりました。ヤマトシジミでもとってもチャーミングな個体でした。

  (北本自然観察公園昆虫等 続く)
*************************************
私が入っている(と言ってもまだ1年目ですが)日本チョウ類保全
協会主催で今年12月13日(日)10:00~16:00嵐山町
にて「チョウ類保全シンポジウム」があります。
昆虫写真家の海野和男さんの特別講演や各地のオオムラサキの保全
活動の報告等があります。

前回は、昨年5月山形県鮭川村にて行われました。当時チョウの写真
を全く撮ったことの無かったヒメオオですが、無謀にもギフチョウの
撮影会に参加いたしました。それも持参したカメラは望遠機能も全く
無いコンデジだけという考えなし極まれりという状態です!
この時も写真家の海野さんが、お見えになられ参加された皆さんに丁
寧な撮影指導をしてくださいました。
また、鮭川村の皆様のご協力、日本チョウ類保全協会の諸先輩のご指
導、さらにギフチョウの思いやりか?帰る直前に
a0126632_21319.jpg

ギフチョウの産卵の写真をコンデジで撮らせていただきました。

ということで、チョウ類の保全や、昆虫写真に興味のある方は参加さ
れたら良いのではと思います。

詳細は、「日本チョウ類保全協会」のhpを御覧ください。
**************************************

(どの写真もクリックにより大きくなります)
by himeoo27 | 2009-10-24 19:59 | チョウ全般 | Comments(12)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
こんばんは! やえやま..
by だんちょう at 21:08
「ヤエヤマボタル」の光跡..
by yurinBD at 16:55
nihon-burari..
by himeoo27 at 14:42
いつも日本ブラリをご覧い..
by nihon-burari at 11:53
椿の茶屋 様 最低気温..
by himeoo27 at 21:10
uke-en 様 埼玉..
by himeoo27 at 21:02
だんちょう 様 「ミカ..
by himeoo27 at 20:53
naoggio 様 愛..
by himeoo27 at 20:36
22wn3288 様 ..
by himeoo27 at 19:12
MIYAKOUTA504..
by himeoo27 at 19:01
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧