ヒメオオの寄り道


カテゴリ:鳥( 12 )



八重山諸島&武蔵野の野鳥 in2016.10~11

a0126632_14263934.jpg

11/5~13さいたま市で開催された「秋ヶ瀬の鳥たち」を先日
見学してきたので、八重山諸島と見学時に秋ヶ瀬公園で撮影し
た野鳥の写真を掲載します。
a0126632_1430849.jpg

10/6羽田空港を離陸した飛行機は一路石垣島へ!
八重山諸島遠征の竿頭は、眼下に見える富士山の姿です。
a0126632_14315661.jpg

西表島で出逢ったのは、まず「サンショウケイ」かな?
a0126632_1436932.jpg

フレンドリーなこの子は日本全国海岸線で見られる
「イソヒヨドリ雌」のようです。
a0126632_14382154.jpg

降雨の中、林道を歩いていると電線に
「チュウダイズアカアオバト」が止まっていました。
撮影には最悪の状況で綺麗な緑(アオ)色には全く写せ
ませんでした。
a0126632_14463665.jpg

海岸線に沿って走っていると無数の白鷺が群れていました。
a0126632_14475883.jpg

望遠ズームで拡大すると「アオサギ」と「ダイサギ」のようです。
a0126632_14492410.jpg

「船浦湾」の奥にある「ヒナイ滝」の下でも白鷺の群れが観察
出来ました。
a0126632_14521428.jpg

石垣島に戻ってくると僅かな雨の休みに「カンムリワシ」が少し
羽根を広げて乾かしていました。
a0126632_14554227.jpg

今回の八重山諸島遠征は、雨ばかりでしたが「運良く」カンムリワシ
を間近に観察出来ました。
a0126632_14572313.jpg

八重山諸島遠征の掉尾には
羽田空港への着陸時と日没が重なり手前に房総半島、遥か雲の上に
富士山が顔をのぞかせ、目を楽しませてくれました。
         in2016.10.06~10.09
********************************
a0126632_1513068.jpg

秋ヶ瀬公園に到着すると、高い樹上に小さな野鳥が止まっていました。
撮影者の方々のお話によると「エゾビタキ」とのことです。
a0126632_1545017.jpg

木の実を熱心に食べているのは「シメ」君かな?
a0126632_1523148.jpg

これは腹が赤色なので「アカハラ」雌でしょう。
a0126632_15242824.jpg

よく見ると右2頭がアカハラ雌、左3頭がアカハラ雄のようです。
a0126632_1527656.jpg

少し日がかげると目の上下に白い線が目に付く「マミチャジナイ」
と思われる個体も登場してくれました。
         in2016.11.05さいたま市西区
by himeoo27 | 2016-11-13 15:36 | | Comments(24)


マングローブ林に白鷺舞う&「ナベコウ!」 in2013.12.28~2014.01.02⑨

a0126632_1053256.jpg

白鷺というと、「真っ白な雪の中、松の小梢にポツンと佇む」といった水墨画の
イメージを持っていました。与那国島にあるマングローブ林を見ると「チュウサギ」
かな?yodaさん、「ごま」さんのご指摘により確認したところ嘴の先が黒くないので
「アマサギ冬型」かもしれません。
1羽の白鷺が止まっていたのでシャッターを押しました。
a0126632_10591130.jpg

日本航空では、沖縄本島と石垣島などを結ぶ路線に「ジンベイサメ」のジェット機
を運行しています。今回のブログはやや大きめの野鳥の特集なので、前の小鳥
&プロペラ機の対比で掲載いたします。
a0126632_1125131.jpg
a0126632_113289.jpg

与那国島に到着した30日は午後から雨となり、更に道を間違えてしまいました。
ずぶ濡れになって、畑の中を見ると黒っぽい鷺が2羽いました。「クロサギ」でしょう
か?私の持っている図鑑にはズバリの野鳥は掲載されていませんでした。
yodaさんの指摘によりhpで確認すると真っ黒いのは沖縄でも珍しい「ナベコウ」、
白と灰色は「アオサギ」のようです。yodaさんの指摘有難うございました。
a0126632_19453346.jpg

ナベコウと判別しやすい写真があったので追加します。
a0126632_1184192.jpg

「チュウサギ」または「アマサギ」がマングローブ林から飛び上がりました。よく見る
とこちらも2羽いたのですね!
a0126632_118893.jpg

晴れ間が出たので、迷蝶ポイントの山頂に登ってみました。蝶はアカタテハしか
出逢えませんでしたが、頭上高く「ノスリ」?が舞っていました。
a0126632_11143187.jpg

場所は、竹富島に移って探蝶してふと空を見上げると「ジンベイサメ」のジェット機
が、通り過ぎていきました。
a0126632_11181039.jpg

竹富島のやや薄暗い樹上には見慣れぬ緑色の鳩が止まっていました。「チュウダイ
ズアカアオバト」かな?

              in2013.12.28~2014.01.02八重山諸島 つづく
by himeoo27 | 2014-01-25 11:24 | | Comments(18)


八重山諸島の小鳥たちin2013.1228~2014.01.02③

a0126632_16444125.jpg

今回の八重山諸島遠征で撮影した写真の中で我が家における一番人気は、
この「リュウキュウメジロ」の一コマでした。奄美大島以南の琉球列島に生息して
います。
関東平野に生息しているメジロより少し小さく脇腹部が灰色であることが違いの
ようです。
a0126632_1649997.jpg

リュウキュウアサギマダラの集団の近くで見慣れない黒っぽい小鳥がいました。
入野さんに聞くと「イシガキシジュウカラ」とのことです。石垣島を中心に八重山
諸島に生息しています。
a0126632_16544177.jpg
a0126632_16545121.jpg

リュウキュウメジロはとってもフレンドリーで、八重山諸島で蝶やカメムシを撮影
していると目の前にあらわれて一緒に遊んでくれました。
a0126632_1656575.jpg

曇天の石垣島をプロペラ機で離陸して一路与那国島へ!
a0126632_16593658.jpg

与那国島でも蝶より先に登場したのはやはり、リュウキュウメジロたちでした。
a0126632_17079.jpg

関東平野南部でもお馴染みの「ジョウビタキ」は結構俊敏でリュウキュウメジロ
やイシガキシジュウカラのように近寄らせてくれませんでした。
a0126632_1721575.jpg

与那国島の林縁部で道案内してくれるのは「シロハラ」かな?
a0126632_1732365.jpg

タイワンシロチョウ、ウスキシロチョウ等々と遊んでいると、電柱に変わった小鳥
が止まっていました。図鑑によると沖縄本島南部~八重山諸島に生息している
「シロガシラ」のようです。
a0126632_1781245.jpg

最後やっと青空に恵まれた与那国島を再びプロペラ機で飛び立ちました。

             in2013.12.28~2014.01.02八重山諸島つづく
by himeoo27 | 2014-01-07 22:10 | | Comments(16)


白鳥舞う in2013.02.10①

a0126632_21172640.jpg

「武ちゃんのフォトギャラリー(続)」の武ちゃんさんの案内で
白鳥で有名な埼玉県中部の河原へ出かけてきました。
a0126632_21181421.jpg

白鳥たちはフレンドリーでカメラ目線で答えてくれます。
a0126632_21194993.jpg

この河原は白鳥だけでなく頬がゼフィルスの表翅のように金属光沢に輝く「コガモ」や
a0126632_21214429.jpg

「ジョウビタキ♀」の美人さん
a0126632_21223828.jpg

冬型の「ハクセキレイ♀」も登場してくれました。
うららかな日差しで白鳥たちが寝入ってしまったので越冬蝶探しに移動しました。
その結果は後日「in2013.02.10②」で掲載します。
・・・・・・・・・・中略・・・・・・・・・・
a0126632_21291255.jpg

陽が傾き逆光に白鳥が煌めく時に河原に戻ると
a0126632_21314865.jpg

「セッカ」?かな雀より小さな野鳥が登場してくれました。
a0126632_2135358.jpg
a0126632_21351661.jpg

泳いでいた「オナガガモ」も塒を求めて舞い上がり
a0126632_21365326.jpg

「カルガモ?」も飛び立ちました。
a0126632_21374878.jpg
a0126632_2138247.jpg

今日は白鳥は飛ばないかな?と諦めて帰ろうとすると
最後の最後にやっと少しだけ舞ってくれました。

                         in2013.02.10続く
by himeoo27 | 2013-02-17 22:38 | | Comments(20)


冬尺蛾探しのハズが? in2013.01.03狭山丘陵

本日は冬尺蛾で有名な狭山丘陵の某ポイントに出かけてきました。
まず出逢えたのは
a0126632_19214581.jpg

樹上から見下ろしていた「メジロ」でした。緑色の羽毛がとっても輝いて
いました。
a0126632_1929926.jpg

「ルリビタキ♀?」も出てきたので撮影していると蝶散歩
chosanpoさんがいたので一緒に冬尺蛾を探しました。
akakokkoさんのご指摘により↑の野鳥はルリビタキ♀ではなく
「ジョウビタキ♀」のようです。akakokkoさん有難うございました。
4つの目を使って手分けして探した結果1.5時間後やっとchosanpoさんが
a0126632_19371276.jpg
a0126632_19372832.jpg

「チャバネフユエダシャク♀」を見つけてくれました。

私も何とか見つけようとさらに1時間程度探していると
a0126632_1940373.jpg

樹上の小鳥たちが笑うように囀っていました。「エナガ」君たちです。
風も強く、体感気温が急低下したので3種の野鳥に逢えたのでまあ良し
として退却しました。

chosanpoさんお世話になりました。

                        in2013.01.03狭山丘陵 終わり
by himeoo27 | 2013-01-03 19:55 | | Comments(28)


冬の野鳥「エナガ」他 in埼玉県中部の公園20120226②

モンキチョウを探していると樹上で鳥の鳴き声がするので見上げると
a0126632_13125162.jpg

顔が丸くて目と口が小さな「エナガ」が止まっていました。ちょっとこっち向いてと思ってみていると
a0126632_13135786.jpg

真正面からこちらを見てくれました。いや~正面からも可愛いです。
a0126632_1316146.jpg

また横を向いたら、直ぐに
a0126632_13164750.jpg

舞い上がってしまいました。
この公園ではエナガを良く観察することが出来ますが、
初めて虫用のレンズでそこそこ撮れたので少し満足しました。
でも次回は背景も考えて写したいな!
a0126632_13174518.jpg

やや大きな鳥が樹の上に居るので、カメラを向けてみました。堂々とした風貌から「ツグミ」かな?
a0126632_1323316.jpg

池には「マガモ」やコガモが泳いでいました。すると
a0126632_13252129.jpg

1頭の「アオサギ」が目の前を横切っていきました。

野鳥にカメラをあまり向けない方ですが、エナガも結構間近に見れて嬉しい1日となりました。

              in埼玉県中部の公園20120226終わり
by himeoo27 | 2012-03-01 21:04 | | Comments(14)


「コミミズク」再見 in2012.02.11埼玉県

「さいたま」に今年は「コミミズク」が来ていると聞いていました。
私は、自宅の直ぐ近くの「さいたま市内」とかってに思いこんで風任せ自由人のmaximiechanさんにお願いして出かけてきました。
a0126632_22204748.jpg

「埼玉県内」の少し離れた場所でしたが、無事コミミズクに遭遇出来ました。雪山の近さで我が家から遠い場所であることが良く分かります。
a0126632_22221083.jpg

気持ち良さそうに飛んでいますが、上手くピントが合いません!!!
a0126632_2223264.jpg

カメラで一生懸命追っかけていると、もう一頭出てきてくれました。
a0126632_22245723.jpg

そのうち、突然目の前に真っ逆さまに落ちるように舞い降りてきました。獲物を狙ったようです。
このタイミングでは残念ながら餌にはありつけませんでした。
a0126632_22273638.jpg
a0126632_22274713.jpg

今日は「コミミズク」を中心に大勢のカメラマンが集結していましたが、その中を悠然と飛び回って皆さんにサービスしてくれました。
a0126632_2229636.jpg

サイクリング道路の上を自転車を追いぬかすように飛び去る子も出てきました。
a0126632_22301110.jpg

最後は、礎石の上に止まって見送ってくれました。
本日は、3~4頭のコミミズクの登場で、撮影結果は置いといて、とても楽しみました。

maximiechanさんに昨年に引き続き、今年もお世話になりました。
by himeoo27 | 2012-02-11 22:35 | | Comments(18)


カンムリワシと林に潜む蟲達 in2011.12.29~2012.01.01⑥

八重山諸島には巨大な鷲の仲間がいると入野さんが話していると
a0126632_8483121.jpg

突然、電信柱の上にいる大きな鳥が目に飛び込んできました。
a0126632_8494944.jpg

堂々とした風貌より、これが「カンムリワシ」です。蝶の撮影の「ノリ」でさらに近づいて撮影しようとすると、悠然と飛び去ってしまいました。カンムリワシとの初めての遭遇でした。
***********以上2011.12.29石垣島***************
シロウラナミシジミを探すために西表島を車で走っていると
a0126632_8563792.jpg

やや小型のカンムリワシが登場しました。雨が降っている時の登場は珍しいそうです。この日は29日と比べると天気がさらに悪く証拠写真を抑えるのが精いっぱいでした。
***********以上2011.12.31西表島***************
a0126632_901614.jpg

時間を巻き戻して石垣島でカンムリワシに出会ってから樹が鬱蒼と茂った山中に分け入ると、とっても大きなナナフシの仲間が居ました。「アマミナナフシ」?かな?関東で見かけるものの倍以上の大きさに感じました。
***********以上2011.12.29石垣島***************
今度は西表島の密林でリュウキュウウラボシシジミを探していると
a0126632_982750.jpg

巨大な蟻のような「クロカタゾウムシ」がとまっていました。飛ぶ能力はないそうですが、これだけ堅いと捕食者も容易に食べれないと思います。
a0126632_9111131.jpg

さらにその森の中にて、「綺麗なカタツムリだ!」と写真を撮ってみると、カタツムリ特有の触覚等が有りません。「アオミオカタニシ」という陸生の「タニシ」の仲間でした。緑色の綺麗な殻のように見えますが、殻は白色半透明で、体が緑色だそうです。
***********以上2011.12.31西表島***************
a0126632_9173437.jpg

アオミオカタニシは密林のタニシと思い込んでいましたが、竹富島の林縁部でも見つけることが出来ました。
a0126632_9185247.jpg

「ホオグロヤモリ」でしょうか、街から港へ向かう道路に沿った樹の幹にとまっていました。ホオグロヤモリとすると「チッチッチッ」と良く通る声でなくそうです。
a0126632_9275432.jpg

竹富の街の中の草むらで綺麗な「テントウムシ」を見つけました。模様的には「ダンダラテントウ」かな思いましたが、形状的には「ナミテントウ」のような感じです。
a0126632_9302730.jpg

テントウムシが居た草むらから顔を上げると多肉植物が生えた壁で囲まれた民家が目に入ったので取りあえずシャッターを押してみました。
***********以上2012.01.01竹富島***************

                in2011.12.29~2012.01.01八重山諸島 続く
by himeoo27 | 2012-01-14 09:36 | | Comments(20)


凍てつく(猫柳→ヒワ→鴨→百舌鳥→蝶卵)さいたま市内20110211

今朝は霙で寒さに弱いヒメオオは自転車で出かけるのは億劫だなと「パソコン」の前で震えていると、「蝶鳥ウオッチングのyodaさんが車を出すのでさいたま市近郊の野鳥を撮影しませんかとのお誘いがあり出かけてみました。
a0126632_2091063.jpg

第一ポイントでは霙が球形に輝き凍りついた「猫柳」の芽が優しく迎えてくれました。
a0126632_20112747.jpg

広い公園の空き地にはヒワの仲間たぶん「カワラヒワ」や「マヒワ」の数十頭を越す大群が遊んでいました。そこへ鴨が乱入してきたので一斉に舞いあがりました。
a0126632_20151416.jpg

中央の池に鴨が泳いでいたのでyodaさんに名前を聞くとカルガモでは無さそうです。家畜のアヒルが野生化したのかな?
a0126632_20175258.jpg

第1の本命が出てこないので第2の本命を狙って第二ポイントへ移動してみました。ここでも霙は降りやまず、枝先に止まった百舌鳥も震えあがっていました。
a0126632_20252671.jpg

第2第3の本命も出会えず、せめて蝶の卵とぼやいているとyodaさんが「ミドリシジミ」の卵を見つけてくれました。これらの卵は、上向きについていたので霙で傷まないのでは?と心配になりました。

車を出してくれて色々野鳥について教えてくださったyodaさんありがとうございました。
by himeoo27 | 2011-02-11 20:33 | | Comments(20)


遊水地に舞う「コミミズク」 20110205

「風任せ自由人」のmaximiechanさんと蝶仲間のブログに掲載されている「コミミズク」を見に栃木県の遊水地へ出かけてきました。
a0126632_21495199.jpg

しばらく土手の上で待っていると突然草むらからコミミズクが飛び出しました。待機していた100人以上のカメラマンから一斉にどよめきがあがりました。
a0126632_2150623.jpg

こちらの撮影者たちに睨みをきかすように悠然と飛翔します。
a0126632_21502038.jpg

やっと止まりましたが草藪の中なので顔しか写せませんでした。
a0126632_21502814.jpg

遊水池に太陽が沈むと空は茜色に染まりとても綺麗な光景となりました。

見れるだけで十分と思い出かけてみましたが、maximiechanさんの指導もあり無事撮影出来て幸せな撮影行となりました。maximiechanさんお世話になりました。
by himeoo27 | 2011-02-05 22:00 | | Comments(14)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
こんばんは(o´∀`)b..
by だんちょう at 05:08
いつも最新の生態写真は素..
by 武ちゃん at 21:57
今年はスジボソヤマキ1度..
by naoggio at 16:15
ミヤマモンキチョウって翅..
by uke-en at 10:05
スジボソヤマキチョウ♂の..
by 22wn3288 at 08:17
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:30
スジボソヤマキチョウ、 ..
by Sippo5655 at 22:13
霧島緑 様 私は、暑い..
by himeoo27 at 13:50
uke-en 様 3~..
by himeoo27 at 13:37
だんちょう 様 この場..
by himeoo27 at 13:28
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧