ヒメオオの寄り道


カテゴリ:蛾( 29 )



再見フッチーinさいたま市内20170304(フチグロトゲエダシャク)

a0126632_4192764.jpg

フッチーこと「フチグロトゲエダシャク」は冬の終わりを告げる
冬尺蛾の仲間です。
3年前に出逢ってから毎年何度か探していますが惨敗続きでした。
今日も満を持して出かけたものの全く見つかりません。
a0126632_19205137.jpg

諦めて帰りかけると触角の立派な蛾が飛んできました。
a0126632_19302687.jpg

a0126632_19305492.jpg

一緒に探していたフッチー探し仲間3人で必死に6個の目で追い
かけて、やっと枯草の中でフッチーを見つけました。
a0126632_19341032.jpg

a0126632_19343082.jpg

一度止まるとチョウと異なり結構大人しく105㎜マクロに次いで
コンデジのスーパーマクロ機能で
a0126632_1936450.jpg

次に魚眼レンズでも撮影叶いました。
a0126632_4195630.jpg

皆さんの好意に甘えて飛翔シーンも狙ってみました。ピンボケ
の写真しか写せませんでした。さて、何処に写っているか分か
りますか?

たった1頭しかフッチーに出逢えませんでしたが、久しぶり撮影
出来て大満足の早春の冬尺蛾探しとなりました。
現地でお逢いしたmtanaさんほか皆さん大変お世話になりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

*最初と最後の画像は生息地が特定出来るので差し替えました。


           in2017.03.04さいたま市内
by himeoo27 | 2017-03-04 19:50 | | Comments(18)


八重山の迷蛾?と東京都郊外の鮮やか蛾 in2016.09~10

a0126632_16224479.jpg

10/06~09石垣島&西表島遠征で一番盛り上がった昆虫は、
宿泊したビジネスホテルの玄関の台風避けの網に止まっていた
a0126632_162559100.jpg

ウンモンスズメいやいや偶産種「キョウチクトウスズメ」です。
案内お願いした入野さんも今年初観察とのことでした。
         in2016.10.07石垣島
a0126632_16291796.jpg

少し時間を遡って自宅マンションの駐車場の天井に止まっていた
のは
a0126632_16305465.jpg

「リュウキュウキノカワガ?」でしょうか怪異な風貌が存在感を
感じます。
         in2016.09.24さいたま市大宮区
a0126632_16334724.jpg

自宅のマンションの階段で見つけたのは「チャドクガ」です。
毒がある自信かモフモフした哺乳類に近似した顔が可愛く感じます。
         in2016.10.13さいたま市大宮区
a0126632_16385969.jpg

これも自宅マンションの駐車場の天井に止まっていました。
「ホシヒメホウジャク?」でしょうかホウジャクガの仲間も色々です。
         in2016.10.19さいたま市大宮区
a0126632_16432571.jpg

ツシマウラボシシジミ幼虫飼育のお手伝いの時、都心の公園で見つけ
たこの蛾は
a0126632_164518.jpg

「ミツモンキンウワバ?」でしょうか少し地味な種でした。
uke-enさんのご指摘↓より
>銀紋の形状や後縁の波線からヤガ科キンウワバ亜科のイチジクキンウワバ
かもしれません。蛾の同定には自信がありません(涙)。
uke-enさんのご指摘ありがとうございます。
         in2016.10.22東京都心の公園
a0126632_16503859.jpg

a0126632_16505757.jpg

東京都郊外の里山ではオオミノガの大きな巣が何個か見つかりました。
これから暖かい巣の中で幼虫は厳しい冬を乗り切って欲しいです。
a0126632_16544897.jpg

草むらに鮮やかな朱色の珍妙な蟲が!
a0126632_1656551.jpg

接写してその形状を見ると鳥の羽根に似た蛾というグループトリバガの
仲間のようです。他の人のHPより「シラホシトリバ?」と推定しました。
uke-enさんのご指摘↓より
>脚がメジャーポール柄のようなので、トリバガ科カマトリバガ亜科のキン
>バネチビトリバ
のようです。uke-enさんのご指摘ありがとうございます。
         in2016.10.29東京都心の公園
by himeoo27 | 2016-10-30 17:05 | | Comments(16)


八重山諸島~関東・甲信地方の蛾 2016年5月~8月

先週に続き、2016年5月~8月に八重山諸島、関東地方南部の里山、
長野や山梨県の高原で撮影したチョウ以外の昆虫「蛾」を掲載します。
a0126632_11522518.jpg

       in2016.05.06西表島
朽ちた葉に良く似た色合いのクチバ蛾の仲間は、
「オキナワアシブトクチバ」でしょうか?紫色を基調とした模様がとっ
ても素敵ですね!
a0126632_12144697.jpg

       in2016.07.23東京都郊外の里山
東京都郊外の里山で見つけたクチバ蛾の仲間です。みずみずしい青葉の
上にのっていると折角の擬態が台無しの「ウンモンクチバ?」です。
a0126632_12202177.jpg

       in2016.05.07石垣島
アサヒナキマダラセセリ飛翔を撮っているとスズメ蛾が飛んできました。
翅の形状と、その色合いと八重山諸島で観察したことから「オキナワクロ
ホウジャク?」のように思います。
a0126632_1225854.jpg

a0126632_12252614.jpg

       in2016.05.13さいたま市大宮区
楽しいゴールデンウイークも終わり重い足を引きずりながら5:30頃
自宅から大宮駅に向かっていると、街中で綺麗なスズメ蛾の仲間を発見!
大好きな「ウンモンスズメ」でした。会社までの足が軽くなったのが、
不思議です。
a0126632_12315499.jpg

a0126632_1232144.jpg

       in2016.06.02さいたま市大宮区
仕事がやっと終わって我が家のあるマンションにたどり着くと
エントランスで出迎えてくれたのが「セスジスズメ」です。
濃いアイシャドーを持つ鋭い顔と、前翅及び胸部~胴部の強い筋が
強烈なインパクトがあるスズメ蛾です。
a0126632_12382060.jpg

a0126632_12384721.jpg

       in2016.07.23東京都郊外の里山
アカハネナガウンカ撮影に訪れた東京都郊外の里山の最寄り駅で歓迎
してくれたのは「コウチスズメ」かな?地味なスズメ蛾ですが、駅舎
内に止まっていると都会的な感じがするのが奇妙です。
a0126632_1246672.jpg

a0126632_12462759.jpg

a0126632_124653100.jpg

       in2016.08.17さいたま市大宮区
スズメ蛾の最後は、長い盆休みが終わり休み明けの早朝に出逢った
「コスズメ」の交尾ペアです。撮影後、新聞配達員のバイクや自転車
に轢かれぬように道路から壁の上に退避させました。
このペアの「おかげ」で何とか盆休みに溜まった書類を処理することが
叶いました(笑)。
a0126632_12552085.jpg

a0126632_12554435.jpg

       in2016.05.15裏高尾の林道
日本チョウ類保全協会の春のチョウ観察会で出逢ったチョウ蛾は、
ジャコウアゲハに良く似た「アゲハモドキ」です。今から42年前の初夏
に北九州の山中で大人しい蝶だと勘違いして撮影したことを思い出しま
した。
a0126632_1314158.jpg

a0126632_132463.jpg

       in2016.06.04東京都心の公園
蜂に擬態した蛾シリーズです。
最初は、ツシマウラボシシジミ幼虫飼育のお手伝いの時に都心の公園で
出逢った「セスジスカシバ?」です。見つけて直ぐは蜂と思って怖くて
近づけませんでした。
鍵コメ1さんのご指摘によりhpで確認したところ、標本写真ではセスジ
スカシバと思いましたが。生体写真を見るとスカシバガ科スカシバガ亜科
の「カシコスカシバ」のようです。
鍵コメ1さんのご指摘ありがとうございました。
a0126632_1384315.jpg

       in2016.06.18さいたま市中南部の公園
ゼフィルスとフクロウの公園で見つけた蜂に擬態した蛾は
「ヒメアトスカシバ」です。この蛾の方が「セスジスカシバ?」より
怖そうでした。
a0126632_1314519.jpg

a0126632_13151321.jpg

       in2016.06.25さいたま市大宮区
胴・胸部の黄色と黒色の帯がクッキリし、やや大柄なのので
キハダカノコ」かな、この子も通勤途中で出逢えました。
鍵コメ1さんのご指摘によりhpで確認したところ「カノコガ」のようです。
鍵コメ1さんご指摘が有難うございました。
a0126632_13193574.jpg

       in2016.07.23東京都郊外の里山
小さいけれども色合いがとっても綺麗な「マドガ」です。写真に撮りこむ
のは結構難儀しました。
a0126632_1322898.jpg

       in2016.07.23東京都郊外の里山
白衣を着てとっても清楚な蛾は「ツトガの仲間?」でしょうか、色合い
が素敵ですね!種名も分類も分かりません(涙)。
ukenさんのご指摘↓により
ツトガ科(Crambidae) オオメイガ亜科(Schoenobiinae)
「ヒトスジオオメイガ」のようです。白色がとっても綺麗な蛾ですね!
a0126632_13312388.jpg

       in2016.08.11長野県浅間山系
この小さな蛾は標高2,000mの浅間山系の長野県側で撮影しました。
「ツトガの仲間??」なのか、数多い種名も分類もわからない蛾です。
ukenさんのご指摘↓により
ツトガ科(Crambidae) ツトガ 亜科(Crambinae)
「ヒシモンツトガ」のようです。山地性の綺麗なツトガなのですね!
ukenさんのご指摘ありがとうございました。
a0126632_13373618.jpg

       in2016.08.11長野県浅間山系
ベニヒカゲ、ミヤマモンキチョウ、アキアカネ、カオジロトンボに
出逢えた高原性湿地の花に吸蜜にきたので新種のチョウと思ったら、
「ヒョウモンエダシャク」でした。
a0126632_1346714.jpg

       in2016.08.11長野県浅間山系
左側の素敵な翅の色合いの蛾は「シロジマシャチホコ」です。
右側の蛾は全く同定に自信ありませんが「ノンネマイマイ雄?」かな
a0126632_13521782.jpg

       in2016.08.14山梨県の里山
標高1,000mの山梨県の里山の林の中で出逢えたのは、上記右個体より
大きく、翅が丸っこいことより「ノンネマイマイ雌?」でしょうか
ノンネマイマイよりかなり大きく、形状が丸っこいこと、翅の模様が
異なることと、uke-en↓さんのご指摘により 「ドクガ科のカシワマイ
マイから分離されたオキナワマイマイ」のようです。
ukenさんのご指摘ありがとうございました。

堂々と記載した蛾も殆ど自信ありません。ご存知の方おられたらぜひ
ご指導ください。よろしくお願いいたします。
by himeoo27 | 2016-08-28 14:03 | | Comments(29)


埼玉の冬の蛾&八重山諸島の蛾 in2015.12.27~2016.01.02&2015.11.20~23⑦

a0126632_16354513.jpg

昨年末から探し回っていた冬尺蛾にやっと昨日、埼玉県中部
の公園で撮影出来ました。
a0126632_16365281.jpg

綺麗な「ウスバフユシャク雄」です!
a0126632_16375215.jpg

やっと接写出来たので満足して帰ってよく見ると赤丸の中に
別の個体が、
ア~!!!「ウスバフユシャク雌」のようです(涙)。
いつものように詰めの甘いヒメオオです。
        in2016.01.02埼玉県中部の公園つづく
a0126632_16423918.jpg

冬尺蛾と並んで冬の蛾というとやはり「キノカワガ」でしょう。
この個体も次の個体もchosanpoさんが見つけてくれました。
a0126632_1644928.jpg

桜の幹に止まったこの個体は「木遁の術」としては今一ですね。
a0126632_16484236.jpg

クヌギの幹に止まったこの個体は
a0126632_1649239.jpg

角度を変えると極めて見つけにくいです。
a0126632_16501066.jpg

キノカワガを赤丸で囲んでみました。クヌギの幹に同化して
素晴らしい擬態だと思います。
        in2015.12.27埼玉県中部の公園つづく
a0126632_16514954.jpg

西表島で入野さんに見つけてもらった「リョクモンエダシャク」
は、新鮮な葉に似せた中央部と、枯れ葉に似たその周りの模様が
絶妙でキノカワガとは違う凄い擬態ですね!
a0126632_1658045.jpg

リョクモンエダシャクと真逆に目立つ「ベニイカリモンガ」は、
赤いチョウのように亜熱帯雨林の密林を飛び回っていました。
a0126632_16594916.jpg

「タイワンアヤシャク」?はしっとり落ち着いた模様が上品な蛾
でした。
a0126632_174295.jpg

石垣島北部の林道で見つけた「ホソオビアシブトクチバ」は
同じく石垣島・西表島に生息するヤエヤマイチモンジ雄に似た
シャープで格好良い蛾ですね!
       in2015.11.20~23石垣島&西表島つづく
by himeoo27 | 2016-01-03 17:15 | | Comments(24)


冬の日溜り in2015.01.24&31①

先週&今週末続けて冬の生き物探しに埼玉県中部の公園に
出かけてきました。
a0126632_1422184.jpg

日溜りで見つけたのは「ノムラツバメエダシャク」幼虫で
しょうか?こちらを向いてポーズをつけてくれました。
             in2015.01.31
***************************
さすがに、この時期舞っているのは
a0126632_1430434.jpg

色合いもゴージャスで、堂々としているのは雉雄です。
しかしながら、ちょうど顔のあたりに陽を浴びたので、恥
ずかしそうに顔を赤らめたように感じました。
a0126632_14312571.jpg

愛らしいジョウビタキ雌などの野鳥くらいです。
a0126632_14331769.jpg

「キノカワガ」は、今季まだ未見だったので、観察指導員に
教えて貰いました。先日のコムラサキ幼虫と同じように樹皮
にソックリですね!
             in2015.01.24
****************************
a0126632_14406100.jpg

こちらのキノカワガは前の個体と翅の色合い、模様が異なって
います。カメレオンのように樹皮に似せたように感じます。
こちらはchosanpoさんに見つけてもらいました。
             in2015.01.31
****************************
a0126632_14454354.jpg
a0126632_14455665.jpg

冬と活動する蛾というとやはり「冬尺蛾」ですね!
この子はクロテンフユシャクorウスバフユシャク雌かな?
             in2015.01.24続く
****************************
a0126632_14541292.jpg

「クロテンフユシャク」の雄(たぶん?)が見つかりました。
ほぼ同じ場所に居たので以下の冬尺蛾雌3頭もクロテンフユシ
ャクかな?
a0126632_1521546.jpg

最初に見つけたのは産卵を終えたと思われるお腹のへこん雌で
した。
a0126632_153813.jpg

2番目に見つけた個体は、羽化直後なのか丸々しています。
a0126632_155362.jpg
a0126632_1551758.jpg

3番目の子は2番目以上にお腹がふっくらしていたので真上から
写してみました。この個体は紡錘状でやや縦長なので、上記2種
とは別種かもしれません???
いずれにしても翅が退化した冬尺蛾雌を可愛いと思うヒメオオ
です。
             in2015.01.31続く
by himeoo27 | 2015-02-01 15:14 | | Comments(8)


我がマンションにきた蛾 in2014.08.13~09.05

我がマンションには色々な蛾が訪問してくれます。
a0126632_20141393.jpg

             2014.08.18
先発は、駐車場付近の生け垣に止まっていた、やや大きめの「コスズメ」です。目力が強く存在感ありますね!

a0126632_20191560.jpg
a0126632_2019239.jpg

             2014.08.24
2番目は、エントランスホールから駐輪場に抜ける外壁に止まっていた「不明蛾1」です。比較的大きく結構立派な蛾です。
鍵コメ1様のご指導によりhpで検索すると「クビワシャチホコ」のようです。鍵コメ様いつもご指導有難うございます。

a0126632_20251413.jpg

             2014.08.29
3番目は、更に大きい蛾です。マンション内ではありませんが、子供が15年近く前通っていた中学校正門付近に止まっていました。
2番目の蛾より更に大きく直ぐに同定出来ると思いましたが、これも「不明蛾2」となりました(涙)。
「だんちょう」さんのご指導↓によりhpで検索すると「コエビガラスズメ」のようです。だんちょうさんのご指導有難うございます。

a0126632_2029223.jpg

             2014.08.13
4番目は、中型の「アカエグリバ」です。この子は駐車場の天井に止まっていました。
枯葉にそっくりそのままですが、この場所では全く役にたたないですね(笑)。

a0126632_20331746.jpg

             2014.08.21
5番目は、買い物の為に下車した自宅に2番目に近いS駅では「ムクゲコノハ」?が出迎えてくれました。望遠ズームでストロボ撮影をしたので手振れしてしまいました。それにしても、下翅鮮やかですね!

a0126632_20383149.jpg

             2014.08.29
6番目は、蛾来訪の多い駐車場の天井に止まっていた「ホシヒメホウジャク」です。この蛾までは中型で見つけ易かったです。

a0126632_20452235.jpg

             2014.09.04
7番目からは、中小型蛾です。「ヒロヘリアオイラガ」は、黄緑色の翅がとっても鮮やかです。

a0126632_20484021.jpg

a0126632_2048491.jpg

             2014.09.01
8番目も、中小型蛾です。「キハラゴマダラヒトリ」でしょうか?首に巻いた白毛のマフラーが素敵です。
7~8番目の2種類は、駐車場の天井に止まっていました。

a0126632_20523557.jpg

             2014.09.01
9番目までが中小型蛾です。「ウスキミスジアツバ」かな?頭部にある角状の突起とほぼ正三角形の形が面白いですね!

a0126632_2112696.jpg

             2014.09.05
最後は、小型ですが彫金細工のように黄銅色と黄金色に輝く「カシノシマメイガ」です。
9~10番目の2種は、マンションのエレベーターホールの横の壁に止まっていました。

        in2014.08.13~09.05さいたま市大宮区内おわり             
by himeoo27 | 2014-09-06 21:11 | | Comments(28)


我が家にやってきたスズメガの仲間

a0126632_14461688.jpg

今年、我が家にやってきたスズメガの仲間のトップは、お気に入りの
「ウンモンスズメ」です。緑色の模様がとっても素敵です。
          in2014.05.31埼玉県さいたま市大宮区
**********************************
a0126632_1448383.jpg
a0126632_14484770.jpg
a0126632_14485568.jpg

こちらは自宅ではありませんが、先日オオムラサキコムラサキ
撮影しに東信地方を訪問した時、コンビニの窓ガラスにウンモンスズメが
止まっていました。
          in2014.07.19長野県上田市付近
**********************************
a0126632_1511263.jpg

a0126632_1512238.jpg

次に我が家にやってきたのは、エントランスにいたこの子です。大きく
堂々としたスズメガの仲間です。
          in2014.06.15埼玉県さいたま市大宮区
**********************************
a0126632_1583170.jpg

a0126632_1585074.jpg

↑の個体とは当然別とは思いますが、2か月ぶりに我が家にきてくれたの
は多分同一種のこのスズメガの仲間です。止まった形状では、エゾスズメ
のようですが、模様が少し違うように思います。どなたか名前教えてくだ
さい。
鍵コメ様のご指摘によりhpを調べてみると、最近都心部で増えている
「コウチスズメ」のようです。鍵コメ様ご指摘有難うございます。
          in2014.08.14埼玉県さいたま市大宮区
**********************************
a0126632_15211556.jpg

a0126632_1521327.jpg

盆休み開始に我が家へやってきてくれた3種目のスズメガの仲間は、
「ベニスズメ」です。マンションの駐車場に止まっていました。
淡い縁取る桃色が綺麗ですね!
a0126632_1527432.jpg
a0126632_15271591.jpg

4種目のスズメガの仲間は、「コスズメ」です。名前は「コ」ですが、
ウンモンスズメと同じくらいの比較的大きい蛾です。
この子もマンションの駐車場に止まっていました。シャープな模様が
結構素敵です。
          in2014.08.13埼玉県さいたま市大宮区
by himeoo27 | 2014-08-17 15:36 | | Comments(14)


蝶なら大珍品(ツマキカノコ)他 in2014.05~2014.06

蝶で、日本国内で1~2の島にしか棲んでいないとなるとオガサワラシジミや
ツシマウラボシシジミのように超希少種ですが、
a0126632_11335786.jpg
a0126632_1134924.jpg

与那国島で蝶撮の合間に写した「ツマキカノコ?」は、図鑑によると与那国島
と悪石島にしか生息していない蛾だそうです。翅の黄色い点がとても鮮やか
でした。
              2014.05.04与那国島
**********************************
a0126632_11434750.jpg

同じ仲間の「カノコガ」は、6月より埼玉県内でも良く見られるので魚眼レンズで
交尾ペアを写してみました。ツマキカノコ?ほど鮮やかな色合いではありません
が、蝶以上に目立っています。
a0126632_1291112.jpg
a0126632_1292520.jpg

オオムラサキやカブトムシが集まる樹液酒場には「ヨトウガ?の仲間」が樹液を
吸汁していました。色合いが面白くこの日「埼玉県中北部の公園」で出逢った蛾
で一番のお気に入りです。
itotonbosan さんのご指摘より「ノコメセダカヨトウ」のようです。渋い模様が
素敵ですね!itotonbosan さん有難うございます。
             2014.06.21埼玉県
**********************************
a0126632_12161642.jpg

「シャチホコガの仲間?」でしょうか、ミドリシジミを探していて見つけたこの子は
まるで兎のように愛らしく、この日のお気に入りno1の蛾です。
itotonbosan さんのご指摘より「セグロシャチホコ」のようです。哺乳類のようで、
可愛いね♡itotonbosan さん有難うございます。

             2014.06.14埼玉県
***********************************
a0126632_1222012.jpg

5~6月に我が家のベランダにやってきた蛾の中で最もお気に入りの蛾は、この
「ホソオビアシブトクチバ?」or「シロスジトモエ?」です。濃い下地に鮮やか
な白色の太い筋がとっても素敵でした。
これもitotonbosan さんのご指摘より「ホソオビアシブトクチバ」のようです。
イチモンジチョウのような白い線綺麗ですね!
itotonbosan さん有難うございます。
             2014.05.29埼玉県
***********************************
a0126632_12255220.jpg

与那国島では山中の高台にある宿に泊まったので夜その街灯に色々な蛾が飛来
してくれました。その中でも一番のお気に入りの蛾はこの子です。
図鑑等探してみましたが名前はサッパリわかりません。それにしても、この何とも
いえぬ存在感素晴らしいですね!
鍵コメ様、 uke-en 様のご指導によるとツバメガ科フタオガ亜科のハガタフタオ、
ヒメクロホシフタオのようです。鍵コメ様、 uke-en 様有難うございます。
              2014.05.04与那国島             
by himeoo27 | 2014-06-28 12:34 | | Comments(30)


お見事! in2014.01.11狭山丘陵②

昨日、飯田市美術博物館の四方さんに蛾の擬態の話を聞いたので
a0126632_20551280.jpg

狭山丘陵で冬尺蛾探しの合間にみつけたのは?
a0126632_2056792.jpg

画面中央いっぱいに中央部を拡大してやっと分かったと思います。
「キノカワガ」です。
a0126632_20591444.jpg

横から見ると広角撮影でも判別しやすいかな?
樹皮にここまで化けるところは、「お見事!」ですね!

                   in2014.01.11狭山丘陵おわり
by himeoo27 | 2014-02-16 21:02 | | Comments(16)


狭山丘陵の冬尺蛾 in2014.01.11①

昨年度から「冬尺蛾」探しでご指導いただいている鳥蝶デビスコのmatanaさん
に今期の状況について問い合わせたところ「狭山丘陵なら見つかるのでは?」と
ご指導いただき出かけてきました。
a0126632_20504170.jpg

まず見つけたのは、「イチモジフユナミシャク雌」?です。
鍵コメ1さんによると写真1、鍵コメ2さんによると写真1~4は、翅と胴体の相対比よ
り「ナミスジフユナミシャク」の雌では?とのことです。鍵コメ1さん、鍵コメ2さんご指
摘有難うございます。
a0126632_211524.jpg

小さな翅が、とても可愛い冬尺蛾です。
a0126632_2131613.jpg

丁度イチモジフユナミシャク?の発生ピークなのか、この「御神木」には私が見つけた
だけでも5頭の個体数が生息していました。
a0126632_2142034.jpg

低い位置に止まっていたので、正面からドアップで写してみました。この個体は、上
4個体と異なり翅と胴体の相対比が小さいので、イチモジフユナミシャク?か、シロ
フフユエダシャク?かもしれません。
冬尺蛾は、蝶以上に同定難しいですね!

a0126632_2183895.jpg

「シモフリトゲエダシャク」かな?現地で会ったchosanpoさんが見つけてくれました。
a0126632_211036.jpg

こちらは「シロオビフユシャク」でしょうか?この個体もchosanpoさんが見つけて
くれました。
a0126632_21122897.jpg

最後に「御神木」の近くで撮影したのは「チャバネフユエダシャク」雌です。
黒白のツートンカラーで如何にもホルスタインという愛称がピッタリな感じです。
a0126632_2117298.jpg

山なみに陽が沈むと、西の空を赤く染めました。

                      in2014.01.11つづく
by himeoo27 | 2014-01-11 21:20 | | Comments(10)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
Sippoさんと同じく、..
by yurinBD at 06:41
野生のコノハチョウ、見て..
by Sippo5655 at 22:11
こんばんは!! コ..
by だんちょう at 23:15
最近の蝶の生態シリーズみ..
by 武ちゃん at 22:20
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:37
ルリタテハのスバル斑なん..
by uke-en at 19:08
コノハチョウ、綺麗ですね..
by torinara at 17:03
torinara 様 ..
by himeoo27 at 12:05
naoggio 様 ..
by himeoo27 at 11:58
ainomidori44..
by himeoo27 at 11:44
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧