ヒメオオの寄り道


カテゴリ:アゲハチョウ( 63 )



黒系ほかアゲハ類の乱舞! in埼玉県100522②

埼玉県内の第4ポイントに着くと早速
a0126632_18343884.jpg

左から「モンキアゲハ」「オナガアゲハ」「アオスジアゲハ」が吸水しておりました。
a0126632_18364373.jpg
a0126632_18365297.jpg

その中でもこの「モンキアゲハ」はfriendlyでカメラを彼に触るほど近づけても飛び立ちませんでした。上の半開翅の写真はこの日のお気に入りの1枚です。
a0126632_1842318.jpg

a0126632_18421515.jpg

「オナガアゲハ」は先々週♂を接写したので♀を中心に撮影しました。この後♂のオナガも登場して追尾飛翔を始めましたがその画像はyodaさんの昨日のブログを参照下さい。
a0126632_1840562.jpg

この「アオスジアゲハ」は第3ポイントで撮影しました。この日アオスジアゲハは埼玉県各所でその美しい姿を確認することが出来ました。
a0126632_18473844.jpg

オナガアゲハを撮影していると未撮影の「カラスアゲハ」が登場しました。
a0126632_18484153.jpg

普通種ですが、ヒメオオ的に初撮影なのでモンキアゲハに比べて甘い写真になりました。こちらは同じ頃第3ポイントでmaximiechan さんが撮影したブログを参照下さい。
a0126632_1853460.jpg

今年「ウスバシロチョウ」少ないと心配しておりましたが、第3第4ポイントで多数観察することが出来ました。

(画像をクリックすると少し大きく表示いたします)

in埼玉県100522 続く
by himeoo27 | 2010-05-23 18:56 | アゲハチョウ | Comments(24)


吸水する蝶達 in越生町100510①

そろそろ吸水するアゲハチョウの仲間が山中の水溜りに集まっているのでは?と埼玉県越生町の山中に出かけてみました。山道を歩いていると昨年も同じ日に出会った「ブリくんのおさんぽ撮影日記」の「ブリくん」達に出会いました。それから皆さんと今日1日蝶探索を楽しみました。
6個の眼で探すと直ぐに
a0126632_20102095.jpg

「オナガアゲハ」が飛来しました。
a0126632_2011595.jpg
a0126632_20111574.jpg

ゆったり吸水を始めたので近づくと
a0126632_201228.jpg

翅を開いてくれました。綺麗なカラスアゲハも居ましたが、近づかせてくれませんでした。
a0126632_20124154.jpg

「トラフシジミ」も舞い降りてきて吸水を始めました。この蝶は吸蜜シーンしか今まで見たことがなかったので少し驚きました。
a0126632_2015396.jpg

いつもの「ルリシジミ」も吸水していたのでまず順光で
a0126632_20163111.jpg

次に逆光で撮影してみました。
a0126632_201843.jpg

4月29日も泳いでいた「カルガモ」のペアに今日も出会いました。
a0126632_20185910.jpg

さらに花も咲き始めており吸蜜する蝶も・・・・・・・・

   (クリックにより写真は少し大きくなります)

           in越生町100510続く
by himeoo27 | 2010-05-09 20:21 | アゲハチョウ | Comments(23)


カタクリ&白馬ギフ in白馬村100502~04②

ヒメギフについで目標だったのがヒメシロチョウの初見でした。2日の朝、残雪が多く白馬村について最初シロチョウ類には全く出会いませんでした。それでも午後になると気温も上がり
a0126632_16374835.jpg

「スジグロシロチョウ」やモンシロチョウに出会うことができました。ヒメシロチョウ、ツマキチョウには出会えませんでしたが、シロチョウ類にも出会えて嬉しかったです。
セセリチョウの仲間は、ミヤマセセリらしい姿をチラっと見ただけでした。
それに対して、タテハの多彩な仲間には出会いました。
a0126632_16433349.jpg
a0126632_16434284.jpg

「キタテハ」も暖かい日差しを浴びて吸蜜に忙しそうです。近づいて綺麗に撮ろうとしましたが、流石に逃げられてしまいました。
a0126632_16464922.jpg

残雪の上にかなり傷んだ古武士のような風格のあるチョウが止まっていました。さいたま市内には居ない「エルタテハ」のようです。エルタテハとすると、学名に「samurai=侍」とついておりなるほどと納得しました。
a0126632_16544837.jpg

こちらも上の写真と同一個体かと思いましたが、「ヒオドシチョウ」かもしれません。
a0126632_16545646.jpg

この蝶は、私がギフチョウを待っていた材木置き場にテリトリーを張っており、かなり接近して撮影出来ました。裏面の模様が「L」状か?「C」状か判別困難ですが色合いより「シータテハ」の可能性もあります。
a0126632_1656526.jpg

さらに、同じくギフチョウ撮影を狙っていた方の帽子の上にも止まって、待ち時間の間を持たせてくれました。これらの写真を撮った場所は多彩のタテハチョウが舞っていたので混同したのかもしれません。ご指摘いただいた研究者の「I」さん、yodaさん有難うございました。
このほかに、キベリタテハ、クジャクチョウ、アカタテハ、ルリタテハ等々のタテハ類も観察出来ましたが、鈍いヒメオオのカメラでは捉えることが出来ませんでした。

そうそう肝心の「ギフチョウ」ですがヒメギフチョウを撮影したのとほぼ同じ場所で、
a0126632_1715667.jpg

たった1頭だけですが、カタクリの花に吸蜜に来てくれました。
a0126632_1723367.jpg

裏に回り込んでパチリ!
a0126632_173630.jpg

接近してもう1コマと大盤振る舞いに撮影させてくれました。期待していた「イエローバンド」の個体ではありませんが、ヒメギフについで「白馬ギフ」も見れて大満足のヒメオオでした。

   (横向きの画像はクリックにより少し大きくなります)

           in白馬村100502~04続く        
by himeoo27 | 2010-05-05 17:09 | アゲハチョウ | Comments(32)


なんとか「ヒメギフ」に出会えました。 in白馬村100502~04①

「安曇野の蝶と自然」のkmkurobeさんに蝶のポイントを教えてもらい、白馬村に3日間滞在してその大自然を堪能してきました。
5月2日白馬村に到着して驚いたのは麓にも雪の塊が多数残っていることでした。
a0126632_18542481.jpg

「フキノトウ」の周りにも残雪です!蝶は飛ばないかも?という不安を吹き飛ばしてくれたのは
a0126632_18575964.jpg

「ハルリンドウ」の写真を撮っている時に気がついた
a0126632_18585688.jpg
a0126632_1859148.jpg

元気ものの「コツバメ」君達です。この蝶は私が住んでいる「大宮台地」では絶滅したのでは?と心配されていますがこの村では多数飛び交っていました。今回この蝶を一番多く観察しました。
a0126632_1913171.jpg
a0126632_1914083.jpg

逆光で撮影すると翅の縁の部分がメタリックブルーに輝くとのことでチャレンジしてみましたが今一歩でした。
a0126632_1942136.jpg

こちらでは春が始まったばかりのようで「福寿草」や
a0126632_195137.jpg

「ザゼンソウ」が例年より10日以上遅れてちょうど盛りでした。
a0126632_1971989.jpg

数は少ないものの「ルリシジミ」も顔を出してくれました。
今回の最大の目標の「ヒメギフチョウ」に接近出来たのは5月2日に村について直ぐに出会ったこの1頭が最初で最後でした。
a0126632_1911381.jpg
a0126632_19111183.jpg
a0126632_19112142.jpg

裏側からもパチリ!
a0126632_19113192.jpg

この個体が初見だったので、見つければ簡単に撮影出来ると誤解してしまいました。5月3日は昼過ぎに4~5頭の群れを見つけましたが全く止まらず・・・・・・・
それにしてもまあ少し撮れたので良しとしましょう!

(横向きの写真はクリックすると少し大きくなります)

                   in白馬村100502~04続く
by himeoo27 | 2010-05-04 19:20 | アゲハチョウ | Comments(12)


ホソオ春型はちょっと少なめ in狭山丘陵100418

昨年夏「蝶の観察記録」の霧島緑さんに案内していただいた「ホソオチョウ」の春型が、狭山丘陵で出ていると「風任せ自由人」のmaximiechanさんのブログに掲載されていたので早速出かけてみました。道順を覚えていたつもりでしたが、大外れでかなり迷ってやっと辿りつきました。
a0126632_18434383.jpg

今年初見の「ヤマトシジミ」
a0126632_18441841.jpg

「モンシロチョウ」が出迎えてくれました。ヒメオオ的にはこのモンシロチョウの写真がこの日のお気に入りです。
a0126632_18453120.jpg

モンシロチョウにしては小さいなと思ったら「ツマキチョウ」♀でした。♂を探してみましたが、1頭も見つけることが出来ませんでした。
目標の「ホソオチョウ」は「ウマノスズクサ」が絡まったフェンスの向こう側にはいるものの、こちらには出てこないので悔しがっているとチョウ類保全協会の「o」さんがやって来られました。彼が福の神だったようで
a0126632_18505045.jpg
a0126632_1851139.jpg

羽化直後と思われるホソオの♂が数頭舞い始めました。夏型と異なり小ぶりですが、赤がとっても綺麗です。♂の写真も撮り飽きたねと贅沢なことをヒメオオが言っていると
a0126632_18523557.jpg
a0126632_18524611.jpg

願いが通じたのかこちらも綺麗な♀も出てきました。このチョウの春型は♀が一段と艶やかで小さい青い点が輝いて見えました。
a0126632_18555931.jpg

ひ弱そうなチョウですが、真正面から見るとちょっとカッコ良いですね!
a0126632_1858179.jpg

♂♀が急接近したので「スワ交尾か?」と「o」さんと興奮しましたが、このペアは交尾まで成立しませんでした。

霧島緑さん、maximiechanさん、「o」さんどうも有難うございました。
by himeoo27 | 2010-04-18 19:08 | アゲハチョウ | Comments(18)


今年初のギフチョウ in100403神奈川①

今年もギフチョウが見たいな!と考えていると「蝶鳥ウオッチング」の
yodaさんより電話があり一緒に神奈川県にプチ遠征に行きました。

山頂付近にいるのではとフーフー言いながら登頂しました。しかし、風も
冷たくその直前居たという「ヒオドシチョウ」も隠れてしまい。重い足を
引きずり麓におりてきました。
地元のⅠさん、蝶類保全協会のUさん、Mさんがギフチョウを待っていま
した。
30分程度待っていると太陽が顔を出すとともに、ブログの先輩の「蝶の
観察記録」の霧島緑さん、「蝶の玉手箱」のcactussさんをはじめ続々撮影
者が、やってきました。すると!
a0126632_2135734.jpg

a0126632_21361567.jpg

突然「ギフチョウ」が現れ桜の花で吸蜜を始めました。
yodaさんがこっちにも居るよと呼んでくれたのでそちらに飛んで行くと
a0126632_21391932.jpg
a0126632_21393193.jpg

羽化直後の個体が直ぐ近くで吸蜜をしていました。
a0126632_21411287.jpg

この子吸蜜にも疲れたのか翅を開いて日光浴をしてくれました。

             100403 in神奈川続く         
by himeoo27 | 2010-04-03 21:43 | アゲハチョウ | Comments(26)


アゲハチョウの研究DVD

先日、チョウ類保全協会の総会が小田原で行われた時に編集者の井上さんに
お願いしていたアゲハチョウの研究のDVDが届きました。
a0126632_19392541.jpg

パッケージからしてお洒落で可愛いデザインです。
a0126632_19424040.jpg

まず、「アゲハは口で甘味をみる」を拝見しました。それまでの、蝶は脚で
吸蜜の味覚を感じるというこれまでの定説に疑問を持ち実験を積み重ねて、
その結果から、「アゲハは口で甘味をみる」という新しい説を導く内容で
した。びっくり箱を次々開けていくようにワクワクしました。
中身と全く関係ありませんが、この中で出てきた珈琲カップが可愛い蝶柄
で羨ましかったです。
a0126632_19544569.jpg

次に、「アゲハ類の産卵行動研究-1」を観賞しました。
アゲハの前脚による産卵の判断を、フィールドでの観察、微細構造の顕微鏡
調査、生化学的解析と、「アゲハは口で甘味をみる」と同じように手間隙か
けた研究に頭が下がりました。産卵の場合、吸蜜と異なりアゲハチョウの♀は
脚で食草を見分けていることが良く分かりました。
どちらの研究も生化学からかなり遠ざかり、チョウも素人に毛が生えた程度の
私にも興味深い内容でした。
またDVDの中に生態ビデオだけでなく、パッケージと同じタッチの愛情溢れ
るチョウの漫画がとても可愛い表情でとても良かったです。
小林さんはじめこの研究に参加された皆さん有難うございました。

チョウの写真がないと寂しいのでDVDにも出てきたアゲハ類の写真掲載します。
モンキアゲハ(2010.02.20多摩動物公園)
a0126632_2011545.jpg

シロオビアゲハ(2010.02.20多摩動物公園)
a0126632_20114239.jpg


            アゲハチョウの研究DVD終わり
by himeoo27 | 2010-02-24 20:12 | アゲハチョウ | Comments(6)


藤沢の越冬中の蝶の幼虫&蛹

2月13日実施した藤沢市のチョウの観察の最終回です。
a0126632_10394118.jpg

今回掲載する藤沢市のチョウ達は上の写真のように車が多く通る道路に
沿った生垣の中に居ました。そのような環境にチョウが棲息しているこ
とが最も驚きでした。車道の側溝とガードレールが分かりますか?
チョウは何処にいるか、分かりにくいので次に拡大写真を掲載します。
a0126632_10321485.jpg

「アオスジアゲハ」の蛹です!特長のある尖がり頭で緑色も鮮やかです。
09.05.02さいたま市見沼田んぼ♀
a0126632_10505763.jpg

成虫も居ないと寂しいので昨年の写真を再掲します。
a0126632_10522155.jpg

アオスジアゲハの蛹の近くには飴色の綺麗な「ジャコウアゲハ」の蛹が
付いていました。多数のジャコウアゲハの蛹がありましたが、でも生存
していたのはこの個体くらいでした。羽化が旨くいくことを祈っています。
09.08.08狭山丘陵♂
a0126632_10585684.jpg

道路沿いの生垣のチョウとしては「サラツマキ」さんによると、藤沢市では
「アカボシゴマダラ」が有名になっているそうです。
a0126632_1164952.jpg

生垣を掻き分けて間に生えた小さな「エノキ」の枝に短角型5令幼虫が付い
ていました。この写真では分かりにくいのですが尾状部の突起がくっついて
いるのがこの種の幼虫の特長だそうです。
a0126632_1115542.jpg

大きな長角型5令幼虫もいましたが、色が黒ずみかなり弱っていました。
長角型5令幼虫は越冬困難なそうで、残念ながらこの寒さは越せないので
しょうか・・・・・・!!
09.08.08狭山丘陵♀
a0126632_11212245.jpg


霙混じりの天気の中、色々ご指導いただきました「サラツマキ」さんとて
も有難うございました。

               藤沢市での2月13日の観察記録終わります。
by himeoo27 | 2010-02-20 11:23 | アゲハチョウ | Comments(8)


キアゲハ、アオスジアゲハの蛹 他

「ぐんま昆虫の森」で出会った越冬昆虫の最後です。

2010.01.17ぐんま昆虫の森
a0126632_15265085.jpg

まずは、キアゲハの蛹です。「富士山沼ゾーン」の作業小屋の横の石垣に付いて
いるのを指導員の方が教えてくれました。
2009.05.04北本自然観察公園
a0126632_15311690.jpg

昨年春に撮影した成虫も一緒に掲載します。

2010.01.17ぐんま昆虫の森
a0126632_15323274.jpg

上のキアゲハの蛹の近く作業小屋の裏の工事標識に付いているのを指導員の方が
見つけてくれたアオスジアゲハの蛹です。標識を何度か動かした為か宙ぶらりん
の状態でした。
2009.05.01見沼田んぼ
a0126632_15364049.jpg

見沼田んぼでかなりフレンドリーな個体を見つけたので接写してみました。

2010.01.17ぐんま昆虫の森
a0126632_15385857.jpg

この日一番驚いた昆虫はこの「カレハガ」の幼虫です。昨日掲載したコムラサキ
の幼虫と同じ柳の木の幹に付いていました。写真を見ても分かりにくいと思いま
すが、平たい蒲鉾状に幹に引っ付いた白い毛玉のようなものです。毒を持ってい
るので細い木で突くとモゾモゾと少し動きました。

2010.01.10ぐんま昆虫の森
a0126632_15433330.jpg

最近また復活してきましたが、子供の頃よりかなり数が少なくなったオオミノガ
の巣です。

2010.01.10ぐんま昆虫の森
a0126632_15451276.jpg

こちらは、良く見るイラガの繭です。指導員の方によるとこの繭の模様は全く同
じものは無いとのことでした。

ぐんま昆虫の森2010越冬昆虫終わり
by himeoo27 | 2010-01-24 15:47 | アゲハチョウ | Comments(6)


ジャコウアゲハの蛹 in「ぐんま昆虫の森」 越冬昆虫②

10.01.17ぐんま昆虫の森
a0126632_19501842.jpg

2週続けて「ぐんま昆虫の森」へ出かけた目的の1つがこのジャコウアゲハの
蛹の撮影でした。昨年2回訪問した「狭山丘陵」の食草のウマノスズクサある
場所とどちらにしようか?迷いましたが探すのが楽そうなので「ぐんま」に軍配
があがりました。この独特の色彩と形状は素敵ですよね!
09.08.08狭山丘陵
a0126632_1956679.jpg

ホソオチョウの観察に訪問した時産卵している子もおりました。
09.08.08狭山丘陵
a0126632_19584459.jpg

ジャコウの幼虫は、形状がグロテスクでとても存在感がありました。
09.10.10狭山丘陵
a0126632_2003077.jpg

クロコノマチョウの観察に行った時、成虫や蛹を見つけることは出来ませんでし
たが、前蛹が付いていました。
10.01.17ぐんま昆虫の森
a0126632_204599.jpg

最初の写真の蛹は食草の直ぐ近くでなるほど!という場所でしたがこれらの蛹
はその場所から20m以上離れた「かやぶき民家」の北側の壁に居ました。
09.08.08狭山丘陵
a0126632_2095117.jpg

羽化直後の♂が綺麗に翅を開いてくれました!
09.08.08狭山丘陵
a0126632_20112447.jpg

この♀少し翅が欠けていますが、表翅の輝きがとても好きな個体です。
ということで今回のジャコウアゲハシリーズ終了いたします。
by himeoo27 | 2010-01-18 20:15 | アゲハチョウ | Comments(8)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
こんばんは(o´∀`)b..
by だんちょう at 21:56
お庭でウラナミシジミに会..
by Sippo5655 at 22:49
拙宅庭にはハギなどマメ科..
by fanseab at 22:01
マメ科好きなウラナミシジ..
by 椿の茶屋 at 18:00
秋になり、表翅の色合いの..
by yurinBD at 10:52
ご自宅に植えられたマメ科..
by ダンダラ at 09:53
ウラナミシジミ 今年は未..
by 22wn3288 at 09:09
我が家ではウラナミシジミ..
by uke-en at 08:24
こんばんは。 ご自宅に..
by MIYAKOUTA5040 at 22:53
武ちゃん 様 コメント..
by himeoo27 at 18:13
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧