ヒメオオの寄り道


カテゴリ:アゲハチョウ( 63 )



羽化直後のウスバシロチョウはウスバキ!in2012.04.29①

a0126632_195724.jpg
chosanpoさんの蝶散歩に「ウスバシロチョウ」が昨日発生を確認したとの記事が載っていたので埼玉県中北部の公園へ早速出かけてみました。
a0126632_1961687.jpg
a0126632_1962398.jpg

まず皆さんが見つけてくれた「オオミドリシジミ」の幼虫を確認してみました。この冬はまだ卵だった子がモリモリ食べて大きく、立派になっていました。
a0126632_198549.jpg

「ミズイロオナガシジミ」の卵があった付近で幼虫を探してみましたが、見つからず逆に「カゲロウの仲間」が待っていてくれました。
a0126632_1913054.jpg

吸蜜源の花が多い広場に行くと「o」さん、「まあささん、地元の皆さんが迎えてくれました。
まず写せたのが「モンシロチョウ」です。小さな蜂虻の仲間も追尾してくれたので結構面白い絵になりました。
a0126632_19165145.jpg

「モンキチョウ」も数多く飛んでいました。望遠レンズを使い、半逆光で、狙ってみました。背景がボケて私としてはお気に入りです。
a0126632_19185892.jpg
a0126632_1919694.jpg

「ウスバシロチョウ」も複数飛んでいますが、全く止まる気配がないので望遠飛翔にチャレンジしてみました。
100コマ以上シャッターを押しましたが、どれもこれも今一で・・・・・・・・
a0126632_19212291.jpg

先日幼虫が観察出来た付近でねこきちさん、春日部の「S」さんが居たので、近づくと羽化直後と思われる新鮮個体が目の前に休止していました。「ウスバキチョウ」のように全身黄色っぽく、とてもオーラの出ている個体でした。

                            in2012.04.29続く
by himeoo27 | 2012-04-29 19:27 | アゲハチョウ | Comments(24)


神奈川県ギフチョウ舞う in2012/04/08①

本日は散々出かけるべきか?迷って神奈川県のギフチョウの山に出かけると、現地で蝶と蜻蛉の撮影日記のdragonbutterさんにお会いしました。その後2人で探蝶を行うことにいたしました。
a0126632_19134779.jpg

とあるポイントに辿り着くと「ギフチョウ」と蝶の探手箱のcactussさんと横浜のKさんが迎えてくれました。
cactussさんによると丁度飛び始めたばかりとのことで、超ラッキーな到着となりました。
a0126632_19275615.jpg

まずは大好きなマクロレンズによる接写で1コマ
a0126632_19285179.jpg

「地面でも良いけど、枝先に止まってくれたら背景がとぶのに」などと厚かましいことを思っていると想定通りに枝先に止まりました。
a0126632_19304667.jpg

綺麗な裏面も写したかったので回り込んで3コマ目
a0126632_19312967.jpg

図鑑プロジェクトの影響で、側面も狙ってみるが閉翅不十分でした・・・・・・・

*そうそう、今月末にやっと3年越しの大プロジェクトチョウのフィールド図鑑完成するようです。

a0126632_1934112.jpg

一応ギフチョウを今年も撮影出来たので余裕をかまして、「撮影風景」や
a0126632_1935949.jpg

望遠ズームによる「飛翔」も狙ってみました。こちらはyodaさんのようには上手くいきませんでした。

一旦、cactussさんと横浜のKさんと分かれて、dragonbutterさんと菫の花のポイントに行くと
a0126632_193848100.jpg

運良くギフチョウが吸蜜してくれました。

               in2012/04/08続く
by himeoo27 | 2012-04-08 19:43 | アゲハチョウ | Comments(48)


ブータンシボリアゲハとチョウ類保全を考える集い in2012.02.18~19②

幻の蝶と言われていた「ブータンシボリアゲハ」の再発見について
NHKで放映されたのでご存知の方も多いと思います。
a0126632_9195238.jpg

ブータン政府と日本蝶類学会との共同調査隊により採取された2頭の標本が、
昨年秋に国賓で来日されたブータン国王・ワンシュク陛下から、
日本&ブータンの友好の証として「東京大学総合研究博物館」と「進化生物学研究所」
に贈呈されました。
このブータンシボアリアゲハの標本が、2月17日から
「東京大学総合研究博物館本館1F」(~2月24日で終了しました)
「東京農業大学「食と農」の博物館」(~3月11日:月曜日休館)
一般公開されたので早速撮影してきました。
下の3種のシボリアゲハと比較すると「デカイ」&「立派」&「綺麗」です。
東京農業大学でぜひ実物をご覧になって下さい。
a0126632_93532100.jpg

この写真は、ブータンシボリアゲハの仲間で、上から「シボリアゲハ」「シナシボリアゲハ」「ウンナンシボリアゲハ」です。
何れもなかなかの美麗種ですが、迫力においてブータンシボリアゲハには全く叶わないように感じました。
a0126632_9395681.jpg

「チョウ類保全を考える集い」でも18日東京大学総合研究博物館の矢後さんより「ブータンシボリアゲハの生態と生息環境について」報告がありました。
a0126632_9425214.jpg

ブータンシボリアゲハの調査隊にも加わっていたNRCの渡辺さんから「ヒメチャマダラセセリの現状」ということで、生息地の高山植物の減少により生息環境が急激に悪化しているとの報告もありました。
a0126632_947669.jpg
a0126632_947204.jpg

ヒメチャマダラセセリだけでなく事務局の中村さんより「チャマダラセセリ」「ヒョウモンモドキ」「ツシマウラボシシジミ」等も非常に厳しい状況であるとの報告がありました。
そのほか
山梨県北杜市オオムラサキセンターの活動とオオムラサキの状況
東日本大震災による津波による生物多様性への影響
等々の盛り沢山の内容で十二分に楽しんできました。

講演してくださった皆様、
事務局として受付、進行、準備を行ってくれた皆様
ありがとうございました。

                           in2012.02.18~19終わり
by himeoo27 | 2012-02-25 10:02 | アゲハチョウ | Comments(10)


ブッドレアの花に来た蝶&蛾 in20111008①

a0126632_1945776.jpg

(クリックにより拡大します)
昨日、都内の足立生物園でアゲハチョウの生態を研究している井上さんの講演会があったので出かけてみました。講演がはじまるまで、公園内で蝶探しです。
a0126632_19473960.jpg

ブッドレアの花が咲いていたので待っていると5~6頭の「アオスジアゲハ」が集まってきました。
a0126632_19484199.jpg

どの子も比較的新鮮です。
a0126632_19495216.jpg

その内1頭が草むらに舞い降りてくれて、開翅し、接写させてくれました。この蝶は通常機敏であまり近づけないので興奮しながらシャッターを押しました。図鑑用に間に合うかな?
a0126632_19532013.jpg

アオスジアゲハに次いで、「ホシホウジャク」も登場です。
a0126632_19541929.jpg

ヒメアカタテハにも急接近しました。
a0126632_1955228.jpg

この日は、アオスジアゲハ以上に動きが早く接近して何とかピントを合わせるのが精いっぱいでした。
a0126632_19571461.jpg

ブッドレアに来ていた「ウラナミシジミ」が舞い降りて黄色い花で吸蜜を始めました。
a0126632_19584360.jpg

接近すると綺麗に翅を開いてくれました。
a0126632_19591969.jpg

(クリックにより拡大します)
これも図鑑用に狙って撮影した「ツマグロヒョウモン♀」です。少し傷みありますが、背景、光の加減、カメラと被写体の関係は上のアオスジアゲハと双璧では?

           in20111008温室シリーズに続く
by himeoo27 | 2011-10-09 20:05 | アゲハチョウ | Comments(24)


クロコノマには会えぬも黒いアゲハと彼岸花 in20110924①

クロコノマチョウの秋型がそろそろ発生しているのでは!と埼玉県中部の公園に出かけてみました。
a0126632_19432772.jpg

公園内に入ると、早速「クロアゲハ」が迎えてくれました。
a0126632_19442980.jpg

少し傷んだ個体ですが、期待通り「彼岸花」で吸蜜してくれました。
a0126632_19471029.jpg

さらにカメラを近づけると飛び去ってしまいました。
a0126632_19484265.jpg

何か別なアゲハチョウ来ないかな?と贅沢なことを考えていると比較的綺麗な「ナガサキアゲハ♂」が登場してくれました。
a0126632_19511535.jpg

この個体比較的新鮮で、アゲハチョウの仲間では珍しくさらに近づかせてくれました。
ナガサキアゲハを写していると、「蝶散歩のchosanpoさんがやって来られました。それから共同で蝶探しを開始しました。
a0126632_19573560.jpg

2人で当初の目標の「クロコノマチョウ秋型」を探してみましたが、見つかったのはその幼虫と
a0126632_19585358.jpg

「ミヤマチャバネセセリ」の幼虫くらいでした。ミヤマチャバネセセリの幼虫は初見ですが、顔がとっても可愛いのには吃驚しました。
a0126632_2004225.jpg
a0126632_2005429.jpg

昨年は比較的多くいた「アカボシゴマダラ」ですが、本日は1頭しか出会えませんでした。綺麗な蝶ですが、人為外来種なので減ってくれた方が良いのかもしれませんが・・・・・・・
a0126632_2032425.jpg

「ツマグロヒョウモン♀」の開翅の写真は某プロジェクトでまだ△なので、チャレンジしようと近づいてみました。
すると食草もないような地面に直接産卵を始めました。ここまで大胆な産卵行動は初めて見たので驚いてシャッターを押して某プロジェクトの件は何処かに飛んでいきました。
a0126632_20104549.jpg

産卵というと川沿いの樹上で、「コムラサキ♀」が産卵していました。もっときちんと写そうと近寄ると
a0126632_20131265.jpg

飛び去ってしまいました。

         in20110924続く  
by himeoo27 | 2011-09-24 20:16 | アゲハチョウ | Comments(24)


我が家で会ったアゲハチョウ、アブラゼミ&スギドクガ

20、21日雨天で遠征を控えたので、最近我が家にやって着た昆虫を掲載いたします。
a0126632_2121270.jpg
a0126632_2122672.jpg

まずは産卵に良くやってくる「アゲハチョウ」さんです。望遠マクロで撮影すると背景のボケがまずまずかな?
a0126632_2142465.jpg

別の日に少し傷んだアゲハチョウさんがやってきました。やや広角で撮ると手入れのされていないベランダが丸見えですね!

a0126632_217669.jpg

「アブラゼミ」はベランダや共用廊下で最も良く出会う蝉です。ここまで接近出来ると迫力ありました。

a0126632_21114347.jpg
a0126632_21115441.jpg

朝新聞受けに取りに1階に降りて戻ってくると「玄関」の上に「スズキシャチホコ???」「スギドクガ」が止まっていました。近づくと渋い模様でゲテなのか?美しいのか?良く分からないがとっても興味深い蛾です。但し、名前がスズキシャチホコかどうか全く自信ないです。間違っていたらぜひご指摘下さい。↓のポンタさんのご指摘によりhpで確認すると「スギドクガ」のようです。ポンタさん有難うございました。

              in自宅前20110701~0820終わり
by himeoo27 | 2011-08-21 21:18 | アゲハチョウ | Comments(14)


ナガサキアゲハ と 雲上の落陽 2011.07末~08初旬

先日我が家のあるマンションの駐輪場を見ると
a0126632_2151140.jpg
a0126632_2152577.jpg

かなり傷んでいるものの堂々とした「ナガサキアゲハ」が居たので接写してみました。
これだけ傷んでいても各パーツはとっても素敵でした。
次回は吸蜜シーンでも撮影したいです。

ナガサキアゲハだけでは少し寂しいので
a0126632_2181143.jpg
a0126632_2182127.jpg
a0126632_218318.jpg

先日、仕事の帰りの飛行機から写した「落陽」を掲載します。
ガラス越しなのが不満ですが、面白い絵になりました。
by himeoo27 | 2011-08-07 21:12 | アゲハチョウ | Comments(14)


揚羽舞う in石垣島・西表島20110429~0504⑥

久しぶりに先月訪問した八重山の揚羽蝶たちのご紹介です。
a0126632_2112038.jpg
a0126632_2112104.jpg

アゲハチョウの仲間で一番数が多くフレンドリーな子が多かったのは「シロオビアゲハ」君達でした。そこそこ満足する絵を撮らせてくれました。
a0126632_21202114.jpg
a0126632_21203390.jpg

普通のカラスアゲハ八重山亜種?と思って写しましたが、どうも図鑑を見ると「ヤエヤマカラスアゲハ」という種のようです。吸水中の表翅の輝きがとっても素敵でした。
a0126632_21292242.jpg

a0126632_21364118.jpg

「八重山亜種のジャコウアゲハ」はややキツイ朱色が鮮やかでした。
a0126632_21395260.jpg

この子はジャコウアゲハに似ていますが、別種の「ベニモンアゲハ」の幼虫のようです。
a0126632_2143324.jpg

アゲハチョウの仲間が多く居た花畑の隣の牧場には牛と鷺が仲良く遊んでいました。
a0126632_21464079.jpg

案内して下さった「蝶館カビラ」の入野さんが今回一番盛り上がったのはこの「ナガサキアゲハ♀」が石垣島の上空を舞った時でした。沖縄本島の白い帯の広いナガサキアゲハ♀は有名ですが、石垣島でこの蝶を観察するのは極めて「マレ」なことだそうです。腕が悪くピンボケの写真しか撮れなかったのが悔やまれました。

               in石垣島・西表島20110429~0504続く
by himeoo27 | 2011-06-21 21:57 | アゲハチョウ | Comments(18)


羽化不全個体の吸蜜介助(アゲハチョウ)

6月5日念願のニコンの望遠ズームレンズを購入したので練習を兼ねて我が家のベランダに出て見ると
a0126632_737723.jpg

アゲハチョウの幼虫①がキンカンの葉をムシャムシャ食べていました。確かもう一頭いたのでは?と下を見ると
a0126632_7423377.jpg
a0126632_7424364.jpg

個体②が狭いベランダの中を彷徨いはじめました。これでは我が家のベランダにやってくる野鳥に食べられるのではと大きな飼育ケースに保護いたしました。
a0126632_7463674.jpg

(以上ニコンD300望遠ズーム70-300㎜使用)
飼育ケースに入れて部屋に戻ると、野鳥ではなく我が家のNo2の文鳥のピッチョイ君が威張って迎えてくれました。No1は私でないのは確かですが・・・・・・・・・
何故?個体②を保護したかというと野鳥に食べられるのは自然の摂理としても、
a0126632_7493674.jpg

(カシオのコンデジZR10で撮影)
私が石垣島遠征に行く直前の4月25日にベランダの金魚鉢の蛹が羽化したものの、そのまま金魚鉢の中に落下し羽化不全となって救出したことがあったからです。この羽化不全の子は自分で吸蜜することも出来ません。仕方が無いので、妻が蜂蜜を皿に溶いて、蝶をティッシュに摑まらせて介助するように吸蜜させてしばらく飼育いたしました。かように自然環境下で一人前の蝶になるのは至難なのです。生きとし生けるものをむやみに殺害するのは自戒したいと思ったヒメオオです。
a0126632_830100.jpg

(ルミックスG2、ズーム70-200、クローズアップレンズ併用)
5日に保護した個体②は、6日に前蛹となり、7日に無事蛹になりました。ルミックスをマクロ用に使用することを考えているので、練習を兼ねて本日6月11日に撮影してみました。蛹化して約4日経ったのでかなりしっかりした蛹になっていました。
by himeoo27 | 2011-06-11 08:17 | アゲハチョウ | Comments(16)


アゲハチョウの舞う里 と 初見「ヒメキマダラセセリ」 埼玉県中西部in20110521② 

先日蝶・チョウ・ゆっくり歩き・・・「千蟲譜物語」のchochoensis さんに教えていただいたアゲハチョウ類の集まるポイントを歩くと
a0126632_20574553.jpg
a0126632_20575357.jpg

大好きな「アオスジアゲハ」がまず出迎えてくれました。個体数は多いのですが、すばしっこいので近づけません!
a0126632_20595656.jpg
a0126632_210422.jpg

昨日、一番目撃したアゲハチョウの仲間がこの「ウスバシロチョウ」でした。全く止まらず写すのを諦めて「おにぎり」を頬張ると、目の前の花で吸蜜してくれました。丁度彼らも昼飯時だったのでしょう。下の子は「交尾嚢」が付いているので明らかに♀のようです。
a0126632_214447.jpg
a0126632_2141481.jpg

一番期待した黒系のアゲハチョウの仲間は、モンキアゲハ、カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、オナガアゲハの全てが観察出来ました。しかし、何れも高いか、遠い場所にしか止まってくれません。やっと写せたのはツツジの花に多数集まって舞っていた「クロアゲハ」達だけでした。
a0126632_2175153.jpg
a0126632_218081.jpg

ヒョウモンチョウやアゲハチョウ以外の蝶で目に付いたのは「スジグロシロチョウ」でした。ウスバシロチョウの写真を撮った場所の近くで、産卵していたので「卵」も一緒に写しました。
a0126632_21104011.jpg
a0126632_21105115.jpg

今度は、赤い見慣れぬ小さなチョウがいるので”アカセセリ”ではと勢い込んで接写すると、クモガタヒョウモンと同じ初見、初撮影の「ヒメキマダラセセリ」でした。セセリチョウの仲間はどの子も可愛いので大感動です!
吃驚するような美麗種、珍種には出会えませんでしたが、同一日に2種も初見、初撮影の蝶に出会えたとってもラッキーな1日でした。

                       埼玉県中西部in20110521終わり
by himeoo27 | 2011-05-22 21:19 | アゲハチョウ | Comments(28)

    

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
こんばんは(o´∀`)b..
by だんちょう at 21:56
お庭でウラナミシジミに会..
by Sippo5655 at 22:49
拙宅庭にはハギなどマメ科..
by fanseab at 22:01
マメ科好きなウラナミシジ..
by 椿の茶屋 at 18:00
秋になり、表翅の色合いの..
by yurinBD at 10:52
ご自宅に植えられたマメ科..
by ダンダラ at 09:53
ウラナミシジミ 今年は未..
by 22wn3288 at 09:09
我が家ではウラナミシジミ..
by uke-en at 08:24
こんばんは。 ご自宅に..
by MIYAKOUTA5040 at 22:53
武ちゃん 様 コメント..
by himeoo27 at 18:13
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧