ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

野生生物保全シンポジウムin多摩動物公園

11月28日 多摩動物公園

今日、多摩動物公園野生生物保全センター主催の野生生物保全シンポジウム
が多摩動物公園であったので参加してきました。
その中で、トトロのふるさと財団の深澤さんの里山の森林管理の程度と林床植生
の多様性について「放置と過度の人的介入時多様性が低く、適度の人的介入
時多様性が最も高くなる。また全体の自然環境を考えると色々な人的介入度
合いのエリアを混在させるべきである。」との話がとても興味深かったです。
また、井の頭自然文化園の荒井さんの「見たことも接したこともない生物を
保全しようと言ってもピント来ない。子供を中心に実際の生物に接して貰い
たい。」という話もなるほど!ととても感心いたしました。
私もこの2年間、シルビアシジミ、ギフチョウ、ツマグロキチョウ、クロツバメシジミ
等々の絶滅が危惧される蝶に接してきて次第に生物保全の必要性が知識でな
く実感としてやっと分かってきはじめたからです。

a0126632_2154454.jpg

公園内で見つけられた「野生」の蝶はウラギンシジミくらいでした。やや色
落ちした個体です。
a0126632_2184069.jpg

a0126632_219142.jpg

公園内は紅葉は「野生」の蝶とは逆に今が盛りでした。
a0126632_21274471.jpg

大好きな多摩動物公園の温室に入るとハチドリや
a0126632_21291060.jpg

「飼育」のキタテハも飛んでいました。

その他の亜熱帯性の「飼育」の蝶の写真は明日以降掲載いたします。
Commented by grassmonblue at 2009-11-28 21:31 x
今年は今日でしたか。
どんなテーマだったのでしょう。
オガサワラシジミ飼育は失敗に終わったようですね。
Commented by himeoo27 at 2009-11-28 21:49
grassmonblue 様

早速コメント有難うございます。
今回のテーマは「過去から未来へ身近な生き物を呼び戻す」
でした。
具体的な内容は、
①(基調講演)50年を経た程久保の丘に未来をつなぐ
 東京環境工科専門学校の加藤先生
②多摩動物公園を里山に還す、ホタルが帰る
 多摩動物公園の福田副園長
③身近な生き物だったイモリの保全
 井の頭自然文化園の荒井さん
④市民による里山管理と生物多様性
 トトロのふるさと財団の深澤さん
でした。
蝶については、多摩動物公園の福田副園長がオオムラサキ
について言及した程度です。
また森林、池・河川を中心とした里山の保全が中心で蝶の
保全で問題になっている草原性環境についてはどなたも発
言がありませんでした。
「身近な生き物」ということでオガサワラシジミの話は全く
でませんでした。
Commented by 武ちゃん at 2009-11-28 23:07 x
多摩動物公園までシンポジウムに行かれたんですね。
‥まだ一度も行っていません(以前、川崎市麻生区にいたことがあります)
温室には飼育されたチョウもいるんですね。
熱帯性のチョウ‥? どんなチョウかな、楽しみですね。
Commented by himeoo27 at 2009-11-29 12:14
武ちゃん  様

ヒメオオが行ったことのある蝶が飼育・展示されている
温室がある場所は、ここ多摩動物公園とぐんま昆虫の森
があります。どちらも、蝶の写真をはじめて2年目の私
には天国のようなところです。

まず、本日は過去の画像も含めて「オオゴマダラ」という
沖縄諸島以南に住む大型の蝶を掲載予定です。
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2009-11-28 21:08 | シジミチョウ | Comments(4)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30