ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

狭山ホソオ①(1生)

本日は、「蝶の観察記録」の霧島緑さんの案内で、狭山丘陵の
ホソオチョウ他の観察に行ってきました。
a0126632_20102939.jpg

ちょうど絶好のタイミングで訪問したようで、まず
a0126632_2012371.jpg

卵ですが、その数の多さにびっくりしました。
a0126632_20142569.jpg

a0126632_20145354.jpg

幼虫も沢山食草の「ウマノスズクサ」をムシャムシャ食べています。
a0126632_20181751.jpg

こちらは通常の蛹で「アゲハチョウ」と同じようにくっついています。
a0126632_20173096.jpg

しかし、個体数が異常に多い為かぶら下がった状態の変った蛹も
いました。
a0126632_20235489.jpg

このように卵~幼虫~蛹~成虫とあらゆるステージを同一日に観察
出来ました。

                                  ― 続 く ―
Commented by 武ちゃん at 2009-08-08 21:19 x
アレレッ! よく指に止まりましたね‥それもつがいで。
葉に産み付けられた卵、お蚕の卵に似ている。
食性は柑橘類ではなく、ウマノスズクサなんですね、この葉は毒があるとか‥。
アゲハの仲間なんでしょう?(狭山まで遠征お疲れ様!)
Commented by grassmonblue at 2009-08-08 22:52 x
狭山のホソオチョウは昨年から注目していましたが、
(いつか見れると思っていたのですが、まだ未見なんです)
すべてのステージが見れるとは、絶好でしたね。
今年は早いのでしょうか。
Commented by himeoo27 at 2009-08-09 18:40
武ちゃん 様
す!鋭いですね。この♀は羽化して飛び立った
瞬間♂に見つかり交尾となりました。ホソオは、
交尾中活動がさらに鈍るので私の指をそっと近
づけると乗ってきました。
ホソオは、シロチョウっぽいですが、ギフチョウに
近いアゲハチョウの仲間です。

このプチ遠征ですが、前回の山梨遠征と異なり
ました。
某学校のフェンスに食草のウマノスズクサが生
えており、ホソオがそこからあまり離れないで
一生を終えるので、フェンスの前で待っている
という撮影でした。ゆえに、全く疲れない遠征で
した。
Commented by himeoo27 at 2009-08-09 18:53
grassmonblue様
お久しぶりです!
私も始めて見たので、早いのか?遅いのか?
分かりません。指導していただいた霧島緑さん
によると春型も発生するそうです。夏型は後翅
のみに赤い紋がありますが、春型は前翅にも
紋があってさらに綺麗とのことでした。

個体数は多く、食草も広い範囲に存在
しているので急な絶滅は考えにくいので
すが!
①♀産卵行動、
幼虫が食べるのに最適とは思えぬ所に
も産卵する。
②蛹化時の状況
アゲハチョウと同じような形態で蛹化する
のが一般的なのに、ぶら下がり形状等変
った蛹が沢山見つかった。
③交尾状況
♂♀デザインが全く違うのに、♂♂交尾と
いう異常行動が見られた。
①~③より種としての安定性に危惧を感じ
ました。出来れば早めに見に行かれた方
が良いのかもしれません。
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2009-08-08 20:12 | アゲハチョウ | Comments(4)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30