ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

高原~里山でヒョウモンチョウの仲間と遊ぶ in201708~09長野・山梨・東京

a0126632_16540846.gif
a0126632_16542576.gif
上信国境の高原で出逢ったヒョウモンチョウの仲間は、
まず裏翅の模様が素敵な「コヒョウモン」?です。
近くの草原でヒョウモンチョウも見たことがあるので同定に全く
自信ありません。
a0126632_16574702.gif
コヒョウモンの飛び立ちも何とか撮りこめました。
↓ダンダラさんのご指摘で、画像データを確認すると上の画像は
「ギンボシヒョウモン」の飛び立ちでした。
ダンダラさんご指摘ありがとうございました。
a0126632_16582902.gif
a0126632_16592075.gif
この子は表翅の黒筋が目立つことより「オオウラギンスジヒョウモン」
かな?痛みがある個体ですが、アザミの花からの舞い上がりを上手く写
せました。
a0126632_17024319.gif
a0126632_17030454.gif
裏下翅の上部の白点が4個であることより「ギンボシヒョウモン」
でしょう。アザミの花の蜜をミヤママルハナバチ(多分)と仲良く
吸蜜していました。
a0126632_17070934.gif
「ウラギンヒョウモン」は、裏下翅の上部の白点が5個より上種と
区別出来るようです。
              in2017.08.13上信国境の高原④
*********************************
a0126632_17102281.gif
山梨県北部の里山は蝶種が豊富な場所ですが、とある作業を行う為に出
かけたのでヒョウモンチョウの仲間は「ウラギンヒョウモン?」の証拠
写真しか撮れませんでした。
              in2017.08.19山梨県北部の里山③
*********************************
a0126632_17142189.gif
これから関東平野南部の里山で増えてくるヒョウモンチョウの仲間は
何と言っても「ツマグロヒョウモン」でしょう。まず雌個体
a0126632_17160146.gif
a0126632_17162549.gif
次に「ツマグロヒョウモン」雄が登場し、青空高く舞い上がりました。
              in2017.09.02東京都郊外の里山①

Commented by yurinBD at 2017-09-03 22:51
高原と言えばやはりヒョウモンチョウの仲間たちですね!
コヒョウモンは撮影したことがありますが、ヒョウモンチョウは未撮影なのです(涙)
来年あたりには撮りたいですが、コヒョウモンと見分けがつくか自信ありません(苦笑)
ギンボシヒョウモン、ウラギンヒョウモン白銀の紋が涼し気で良いですね♪
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-09-04 05:28
おはようございます。
この夏も、たくさんのヒョウモン達に癒されましたね!
ギンボシヒョウモン、表翅は凛々しく感じます。
秋になり、ツマグロヒョウモンが我が家の庭にも来て
ランタナに止まるようになりました。
キバナコスモスとの組み合わせ、美しいですね~。
Commented by uke-en at 2017-09-04 12:55 x
信頼申し上げているのですが、ギンボシヒョウモンのアングルが
微妙だったので、つい拡大して数えてしまいました。(^^ゞ
京都の山あいでは当然見たことがありませんが、関東でも同様で
すよね。

ウラギンヒョウモンに少し違和感があるのですが、?がついてい
るのは消去法だったから、サト、ヤマ問題、いずれなのでしょう
か。
Commented by Sippo5655 at 2017-09-04 21:29
いろんなヒョウモンに会うなら
夏の信州・・・
そして、夏が終わる頃
ツマグロヒョウモンがおかえりなさいと言ってくれる^^

ウラギンヒョウモンとギンボシヒョウモンの識別なら
私もなんとかできます(笑)
みんなこのくらい判りやすかったら良いのに。。

ツマグロヒョウモンもキバナコスモスに似合う蝶だなって
お写真拝見してあらためて思いました!
Commented by 22wn3288 at 2017-09-06 07:32
高原のチョウと言えば、ヒョウモン類ですね。
色々なヒョウモンが居て、同定に難儀しています。
Commented by だんちょう at 2017-09-06 15:46 x
こんにちは!


ツマグロヒョウモンいつ見ても綺麗で
格好良いチョウですね。


また生きている生の個体を見てみたいものです!!
Commented by ダンダラ at 2017-09-07 18:49 x
信州の高原はいろいろなヒョウモン類が飛んでいて楽しいですね。
カメラを向けているだけでも楽しくなりますね。
そんな楽しい時間が感じられる素敵な写真ですね。
上から1.2枚目はコヒョウモンでいいと思いますが、3枚目はギンボシヒョウモンだと思います。
Commented by nihon-burari at 2017-09-08 14:27

お知らせ
去る8月10日に緊急入院をしましてブログへのコメントが返信できず、ご迷惑をお掛けいたしました。
長年続けてまいりました“日本ブラリ”ですが最近体調が思わしくなく、更新することが
難しくなってまいりました。
よって、このたびの更新をもちまして“日本ブラリ”をいったん終了させていただきます
以前からご案内しておりました“フィルム時代の写真をアップさせていただく”の件につきましては、また違った形で発表させていただきます。
長年にわたり日本ブラリをご覧いただきありがとうございました。
Commented by twoguitar at 2017-09-08 21:25 x
色々なヒョウモン類に出会えましたね。
僕も高原でギンボシ、ウラギン、ミドリだけですが会ってきました。時期的には8月初旬が多いですね。
キベリ、シータテハは8月下旬だから会えたと思います。
これからは里下りのヒョウモン達の季節ですね。
Commented by 椿の茶屋 at 2017-09-08 21:38 x
まさに季節ものの、高原のヒョウモンたちですね。汗をかきかき
山に登ると頂上で飛んでいたりします。それがツマグロだと
ガックリなのですが、見慣れない翅裏だったりすると、さあ
誰だっ!ってことで緊張が走ります(笑)でも同定ってなかなか
難しいものですね。
Commented by himeoo27 at 2017-09-10 13:54
yurinBD 様
来年は「ヒョウモンチョウ」見つけられると
良いですね!
ギンボシヒョウモンとウラギンヒョウモンの
裏翅の大きな銀点模様綺麗でした。
Commented by himeoo27 at 2017-09-10 14:03
MIYAKOUTA5040 様
ツマグロヒョウモンは、雌雄ともに大きく
艶やかなヒョウモンチョウの仲間なので、
大好きです。
来週もキバナコスモスと一緒に遊んで貰い
たいと考えています。
Commented by himeoo27 at 2017-09-10 14:23
uke-en 様
8/19撮影した「ウラギンヒョウモン?」の表翅の写真は、
私自身は裏翅の模様を確認していません。
一緒に作業していた私より蝶に詳しい方の
「ウラギンヒョウモンだ!」という発言で
ウラギンヒョウモンと決めつけました。
故に「消去法」「サト、ヤマ問題」いずれでもありません。
「消去法」でもウラギンヒョウモンと思います。
「サト、ヤマ問題」について討論する知識は無です(涙)。
Commented by himeoo27 at 2017-09-10 14:50
Sippo5655 様

ヒョウモンチョウの仲間は、比較的大きな種が多く
緑色の草原に映える補色の「オレンジ色」をしてい
るので綺麗ですね!
特にキバナコスモスとはツマグロヒョウモンだけで
なくミドリヒョウモン、オオウラギンスジヒョウモン
も良く似あうと思います。
Commented by himeoo27 at 2017-09-10 15:01
22wn3288 様
ヒョウモンチョウとコヒョウモン
ウラギンスジヒョウモンとオオウラギンスジヒョウモン
ギンボシヒョウモンとウラギンヒョウモン
メスグロヒョウモン雄とミドリヒョウモン雄
は比較的似ているので良く間違えるヒメオオです(涙)。
Commented by himeoo27 at 2017-09-10 15:10
だんちょう 「ツマグロヒョウモン」は、
派手で大きなチョウなので滅茶苦茶格好イイ
ですね!
Commented by himeoo27 at 2017-09-10 15:18
ダンダラ 様
この日は「コヒョウモン」の個体数が多く
彼らを中心にシャッターを押しました。
その合間に2組だけ「ギンボシヒョウモン」
を写していたようで間違って掲載しました。
今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い
いたします。
Commented by himeoo27 at 2017-09-10 15:24
nihon-burari 様
貴兄の素晴らしい風景画像の数々
毎回堪能しました。
休養して再復活お待ちしております。
Commented by himeoo27 at 2017-09-10 15:30
twoguitar 様
8月13日は雨交じりの天気でしたが
時折陽射しも出て数多くの
ヒョウモンチョウの仲間たちに出逢えて
楽しかったです。
Commented by himeoo27 at 2017-09-10 15:35
椿の茶屋 様
ツマグロヒョウモンで一番盛り上がった?
のは西表島の某迷蝶有名ポイントです。
とても小さく傷んだ雄個体だったので
「ウラベニヒョウモン」と勘違いしたから
です(笑)。
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2017-09-03 17:19 | タテハチョウ | Comments(20)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31