ヒメオオの寄り道


八重山諸島~関東・甲信地方の蛾 2016年5月~8月

先週に続き、2016年5月~8月に八重山諸島、関東地方南部の里山、
長野や山梨県の高原で撮影したチョウ以外の昆虫「蛾」を掲載します。
a0126632_11522518.jpg

       in2016.05.06西表島
朽ちた葉に良く似た色合いのクチバ蛾の仲間は、
「オキナワアシブトクチバ」でしょうか?紫色を基調とした模様がとっ
ても素敵ですね!
a0126632_12144697.jpg

       in2016.07.23東京都郊外の里山
東京都郊外の里山で見つけたクチバ蛾の仲間です。みずみずしい青葉の
上にのっていると折角の擬態が台無しの「ウンモンクチバ?」です。
a0126632_12202177.jpg

       in2016.05.07石垣島
アサヒナキマダラセセリ飛翔を撮っているとスズメ蛾が飛んできました。
翅の形状と、その色合いと八重山諸島で観察したことから「オキナワクロ
ホウジャク?」のように思います。
a0126632_1225854.jpg

a0126632_12252614.jpg

       in2016.05.13さいたま市大宮区
楽しいゴールデンウイークも終わり重い足を引きずりながら5:30頃
自宅から大宮駅に向かっていると、街中で綺麗なスズメ蛾の仲間を発見!
大好きな「ウンモンスズメ」でした。会社までの足が軽くなったのが、
不思議です。
a0126632_12315499.jpg

a0126632_1232144.jpg

       in2016.06.02さいたま市大宮区
仕事がやっと終わって我が家のあるマンションにたどり着くと
エントランスで出迎えてくれたのが「セスジスズメ」です。
濃いアイシャドーを持つ鋭い顔と、前翅及び胸部~胴部の強い筋が
強烈なインパクトがあるスズメ蛾です。
a0126632_12382060.jpg

a0126632_12384721.jpg

       in2016.07.23東京都郊外の里山
アカハネナガウンカ撮影に訪れた東京都郊外の里山の最寄り駅で歓迎
してくれたのは「コウチスズメ」かな?地味なスズメ蛾ですが、駅舎
内に止まっていると都会的な感じがするのが奇妙です。
a0126632_1246672.jpg

a0126632_12462759.jpg

a0126632_124653100.jpg

       in2016.08.17さいたま市大宮区
スズメ蛾の最後は、長い盆休みが終わり休み明けの早朝に出逢った
「コスズメ」の交尾ペアです。撮影後、新聞配達員のバイクや自転車
に轢かれぬように道路から壁の上に退避させました。
このペアの「おかげ」で何とか盆休みに溜まった書類を処理することが
叶いました(笑)。
a0126632_12552085.jpg

a0126632_12554435.jpg

       in2016.05.15裏高尾の林道
日本チョウ類保全協会の春のチョウ観察会で出逢ったチョウ蛾は、
ジャコウアゲハに良く似た「アゲハモドキ」です。今から42年前の初夏
に北九州の山中で大人しい蝶だと勘違いして撮影したことを思い出しま
した。
a0126632_1314158.jpg

a0126632_132463.jpg

       in2016.06.04東京都心の公園
蜂に擬態した蛾シリーズです。
最初は、ツシマウラボシシジミ幼虫飼育のお手伝いの時に都心の公園で
出逢った「セスジスカシバ?」です。見つけて直ぐは蜂と思って怖くて
近づけませんでした。
鍵コメ1さんのご指摘によりhpで確認したところ、標本写真ではセスジ
スカシバと思いましたが。生体写真を見るとスカシバガ科スカシバガ亜科
の「カシコスカシバ」のようです。
鍵コメ1さんのご指摘ありがとうございました。
a0126632_1384315.jpg

       in2016.06.18さいたま市中南部の公園
ゼフィルスとフクロウの公園で見つけた蜂に擬態した蛾は
「ヒメアトスカシバ」です。この蛾の方が「セスジスカシバ?」より
怖そうでした。
a0126632_1314519.jpg

a0126632_13151321.jpg

       in2016.06.25さいたま市大宮区
胴・胸部の黄色と黒色の帯がクッキリし、やや大柄なのので
キハダカノコ」かな、この子も通勤途中で出逢えました。
鍵コメ1さんのご指摘によりhpで確認したところ「カノコガ」のようです。
鍵コメ1さんご指摘が有難うございました。
a0126632_13193574.jpg

       in2016.07.23東京都郊外の里山
小さいけれども色合いがとっても綺麗な「マドガ」です。写真に撮りこむ
のは結構難儀しました。
a0126632_1322898.jpg

       in2016.07.23東京都郊外の里山
白衣を着てとっても清楚な蛾は「ツトガの仲間?」でしょうか、色合い
が素敵ですね!種名も分類も分かりません(涙)。
ukenさんのご指摘↓により
ツトガ科(Crambidae) オオメイガ亜科(Schoenobiinae)
「ヒトスジオオメイガ」のようです。白色がとっても綺麗な蛾ですね!
a0126632_13312388.jpg

       in2016.08.11長野県浅間山系
この小さな蛾は標高2,000mの浅間山系の長野県側で撮影しました。
「ツトガの仲間??」なのか、数多い種名も分類もわからない蛾です。
ukenさんのご指摘↓により
ツトガ科(Crambidae) ツトガ 亜科(Crambinae)
「ヒシモンツトガ」のようです。山地性の綺麗なツトガなのですね!
ukenさんのご指摘ありがとうございました。
a0126632_13373618.jpg

       in2016.08.11長野県浅間山系
ベニヒカゲ、ミヤマモンキチョウ、アキアカネ、カオジロトンボに
出逢えた高原性湿地の花に吸蜜にきたので新種のチョウと思ったら、
「ヒョウモンエダシャク」でした。
a0126632_1346714.jpg

       in2016.08.11長野県浅間山系
左側の素敵な翅の色合いの蛾は「シロジマシャチホコ」です。
右側の蛾は全く同定に自信ありませんが「ノンネマイマイ雄?」かな
a0126632_13521782.jpg

       in2016.08.14山梨県の里山
標高1,000mの山梨県の里山の林の中で出逢えたのは、上記右個体より
大きく、翅が丸っこいことより「ノンネマイマイ雌?」でしょうか
ノンネマイマイよりかなり大きく、形状が丸っこいこと、翅の模様が
異なることと、uke-en↓さんのご指摘により 「ドクガ科のカシワマイ
マイから分離されたオキナワマイマイ」のようです。
ukenさんのご指摘ありがとうございました。

堂々と記載した蛾も殆ど自信ありません。ご存知の方おられたらぜひ
ご指導ください。よろしくお願いいたします。
by himeoo27 | 2016-08-28 14:03 | | Comments(29)
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-08-28 16:12
こんにちは。
沢山の蛾を撮影され、こうして一挙公開しますと
思い出深いものが甦ってくるのではないでしょうか。
蛾も趣深いですね。
オキナワアシブトクチバやウンモンスズメはほんと美しいですね。
私もチョウ以外にも拘らねばと思いました。
Commented by umajin at 2016-08-28 17:59 x
こんばんは。
色々な蛾を撮影されていますね!
特にウンモンスズメの緑を基調とした色彩は良いですね!
私も撮影してみたいです。
最近は特徴のある蛾は撮影するようになりました。
Commented by uke-en at 2016-08-28 18:01 x
ツトガ科かだけですが、上はオオメイガ亜科のヒトスジオオメイガ
でしょうか。下はピッタリきませんがツトガ亜科ヒシモンツトガを
候補にしておきますね。

ウンモンスズメは未見ですが、こんなに美しかったのかと改めて驚
きました。撮影技術?^O^
Commented by uke-en at 2016-08-28 18:34 x
最後のノンネマイマイ♀は同じドクガ科のカシワマイマイから分離
されたオキナワマイマイの方のようです。(2007にどう分離され
たのか不明です。)
Commented by yurinBD at 2016-08-28 19:37
様々な蛾を撮影され、ヒメオオさんのご感心の広さを感じます!
ヒョウモンエダシャクやアゲハモドキは、本当に蝶によく似ていますね~。
マドガも複雑な模様で面白いですね!
色合いの綺麗さではウンモンスズメが良いですね!
Commented by 椿の茶屋 at 2016-08-28 21:50 x
模様も色もさまざまの魅力的な蛾たちですね。一枚目のオキナワ
アシブトクチバ、画面をじっと見つめていると、人間の顔に見えて
きます。青い両目と極太の眉毛、そしてその上に額の空間と前髪。
失礼いたしました(笑)
Commented by 武ちゃん at 2016-08-28 22:22 x
デルタ型の翅の蛾たちはしばしば見かけます。
トップの蛾もユニークな形態をしていますね。
ヒョウモンエダシャクっていうのかな…高原で見覚えが。 (^^)v
Commented by clossiana at 2016-08-29 15:55
スズメガの仲間は素早くピューッと飛ぶのに何でこうも綺麗に撮れるのだろうと不思議ですが、きっとhimeooさんの「スズメガさん、撮らせてください」との呪文が効いているのでしょうね。スカシバの仲間は一層、羨ましいです。いつも見つけたいと思っているのですが今年は一種も出会えていません。
Commented by kazenohane at 2016-08-29 20:49
こんばんは。
蛾の個性的なデザインにびっくりです。
生き延びるためとは言え、ここまでやるのかと思いました。
蝶よりも形が自由で奔放な感じがします。
ウンモンスズメは、草の中にいたら分からないですね。
アゲハモドキは、私も昔アゲハの仲間と思いこんだことを思い出しました。
Commented by Shin at 2016-08-30 06:00 x
先達たちはチョウを卒業して毛虫を飼う人や蛾に手を出す人
300種制覇を達成された方々の行く末を興味深く見守っていますよ
と言うわけで300種制覇にほど遠い私は地味なチョウにはできるだけ近づかずにひたすら豪華なチョウばかりを追いかけて「チョウ」卒業はしたくない
Commented by rin0122usa at 2016-08-30 19:55
擬態ですか?・・・すごいですね!敵から、見てわからないように、なっているのですね!?
Commented by nihon-burari at 2016-08-31 08:36
皆さんこんにちは!いつも日本ブラリを見て頂きありがとうございます。
この間、3回に分けて写真の公開をすると申しておりました
第1弾:平成28年7月14日
第2弾:平成28年7月18日
第3弾:平成28年8月15日~20日
※ 第3弾はまもなく公開となります(^_-)-☆お楽しみに。
今までは敢えて時期遅れの写真のブログ公開をしていましたが、今後は時期に沿って写真公開をしていこうと思っております。
それゆえ、今までに溜まっている写真を数回に分けて公開をしていこうということになっております。よろしくお願いいたします。


Commented at 2016-08-31 11:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by himeoo27 at 2016-08-31 20:09
MIYAKOUTA5040 様
「美醜」「好き嫌」は、好みの問題ですが
オキナワアシブトクチバの素晴らしい擬態
新鮮なウンモンスズメの美しさ
は、絶対的なものがあると考えているヒメオオです。
Commented by Sippo5655 at 2016-08-31 22:06
ウンモンスズメ、、
東京西部で初めて出会った時は
本当に仰天しました。
綺麗な子ですね!
ヒシモンツトガは私も高原で出会いました。
表情がなんとも親しげで、たくさん撮影したっけ(^^♪

アゲハモドキはなかなか会いたいと思って会える子ではなく
予期しない時にばったり出会ったりする。。
不思議いっぱい!
Commented by himeoo27 at 2016-09-03 18:40
umajin 様
ウンモンスズメは、市街地から、埼玉県~長野県の里山
まで幅広いエリアで観察しています。ぜひ貴兄も出逢え
ると良いですね!
Commented by himeoo27 at 2016-09-03 18:56
uke-en 様
「ヒトスジオオメイガ」、「ヒシモンツトガ」
および「オキナワマイマイ」の
ご指導有難うございました。
何故か観察初期からウンモンスズメには、縁が
あるヒメオオです。実物は、この写真以上にと
っても綺麗です。
Commented by himeoo27 at 2016-09-03 19:06
yurinBD 様
「ヒョウモンエダシャク」と「アゲハモドキ」は
遠目で見るとチョウそのものです。これらの蛾を
見ると、蝶との差がほとんどないと思います。
Commented by himeoo27 at 2016-09-03 19:16
椿の茶屋 様
オキナワ アシブトクチバは、地味で目立たない
蛾ですが接写撮影して良く翅の模様を観察すると
美しさ、存在感を感じたヒメオオです。
Commented by himeoo27 at 2016-09-03 19:21
武ちゃん 様
ステルス型戦闘機のようなデルタ型の蛾
とっても格好イイですね!
高山性の昼行性蛾は蝶と同じか、それ以
上に綺麗だと思います。
Commented by himeoo27 at 2016-09-03 19:40
clossiana 様
スズメ蛾の仲間はホバリングしながら吸蜜する
ので、明るい場所で、近づけると何とか飛翔撮
影が叶うことがあります。
蜂に良く似たスカシバ蛾の仲間は、見た目は怖
いけれど出逢いたいですね!
Commented by himeoo27 at 2016-09-03 19:52
kazenohane 様
色鮮やかで美しい昼行性蛾
翅が退化することにより冬に生きる冬尺蛾
豪華なヨナグニサンなどの大型蛾
蜂に擬態した蛾
等々どれもこれも興味深いです。
Commented by himeoo27 at 2016-09-03 20:03
Shin 様
色々な豪華なチョウたちと出逢えると嬉しい
ですね!
芋虫・毛虫や、蝶以外の蟲も面白いのでは?
Commented by himeoo27 at 2016-09-03 20:09
rin0122usa 様
クチバガの仲間は枯葉に
キノカワガは樹皮に
スカシバガの仲間は蜂に
良く似ています。
自然の神秘は奥深いですね!
Commented by himeoo27 at 2016-09-03 20:14
nihon-burari 様
了解しました。
Commented by himeoo27 at 2016-09-03 20:15
鍵コメ1 様
色々ご指導有難うございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by himeoo27 at 2016-09-03 20:19
Sippo5655 様
ヨナグニサンやイボタガの成虫との出逢い
を望んでいるヒメオオですが、未だに成就
していません。
来年こそは逢いたいものです。
Commented by だんちょう at 2016-09-04 16:03 x
素晴らしいですね、南方系の蛾の数々。

まだみたことない蛾に釘付けになっちゃいました
Commented by himeoo27 at 2016-09-04 18:34
だんちょう 様
高山性の昼行性蛾の美しさも素晴らしい
ですが、
妖艶な南方系蛾も艶やかですね!
名前
URL
削除用パスワード

<< 山梨県のヒメシロチョウ&埼玉県...      八重山諸島と東京都内の甲虫色々... >>

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
テントウムシも色々ですね..
by torinara at 21:58
こんにちは(*´∀`) ..
by だんちょう at 10:49
おはようございます。 ..
by MIYAKOUTA5040 at 05:11
体長12mm、幼虫に至っ..
by 椿の茶屋 at 23:57
夏枯れ? 暑くて虫もあ..
by Shin at 22:07
ハラグロオオテントウ、お..
by yurinBD at 21:37
こんばんは さすがです..
by つばさ2号 at 21:06
uke-en 様 ご指..
by himeoo27 at 19:46
12mmというと、マメコ..
by uke-en at 19:38
椿の茶屋 様 平地性ゼ..
by himeoo27 at 16:28
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧