ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

ブータンシボリアゲハとチョウ類保全を考える集い in2012.02.18~19②

幻の蝶と言われていた「ブータンシボリアゲハ」の再発見について
NHKで放映されたのでご存知の方も多いと思います。
a0126632_9195238.jpg

ブータン政府と日本蝶類学会との共同調査隊により採取された2頭の標本が、
昨年秋に国賓で来日されたブータン国王・ワンシュク陛下から、
日本&ブータンの友好の証として「東京大学総合研究博物館」と「進化生物学研究所」
に贈呈されました。
このブータンシボアリアゲハの標本が、2月17日から
「東京大学総合研究博物館本館1F」(~2月24日で終了しました)
「東京農業大学「食と農」の博物館」(~3月11日:月曜日休館)
一般公開されたので早速撮影してきました。
下の3種のシボリアゲハと比較すると「デカイ」&「立派」&「綺麗」です。
東京農業大学でぜひ実物をご覧になって下さい。
a0126632_93532100.jpg

この写真は、ブータンシボリアゲハの仲間で、上から「シボリアゲハ」「シナシボリアゲハ」「ウンナンシボリアゲハ」です。
何れもなかなかの美麗種ですが、迫力においてブータンシボリアゲハには全く叶わないように感じました。
a0126632_9395681.jpg

「チョウ類保全を考える集い」でも18日東京大学総合研究博物館の矢後さんより「ブータンシボリアゲハの生態と生息環境について」報告がありました。
a0126632_9425214.jpg

ブータンシボリアゲハの調査隊にも加わっていたNRCの渡辺さんから「ヒメチャマダラセセリの現状」ということで、生息地の高山植物の減少により生息環境が急激に悪化しているとの報告もありました。
a0126632_947669.jpg
a0126632_947204.jpg

ヒメチャマダラセセリだけでなく事務局の中村さんより「チャマダラセセリ」「ヒョウモンモドキ」「ツシマウラボシシジミ」等も非常に厳しい状況であるとの報告がありました。
そのほか
山梨県北杜市オオムラサキセンターの活動とオオムラサキの状況
東日本大震災による津波による生物多様性への影響
等々の盛り沢山の内容で十二分に楽しんできました。

講演してくださった皆様、
事務局として受付、進行、準備を行ってくれた皆様
ありがとうございました。

                           in2012.02.18~19終わり
Commented by Akakokko at 2012-02-25 12:04 x
奇麗な蝶ですよね。
行こうと思っていたのですが、タイミングが悪く見ることができませんでした。
次はいつ公開してくれるのでしょうね。
Commented by azuminomasa at 2012-02-25 21:11
こんばんは
たしかにニュースを見ましたが蝶は良く分かりませんでした^^ 
これだけシッカリ見せていただくと良く分かりました・・ 見に行けないので
嬉しいです^^ それにしても絶滅を免れたとは素晴らしい生命力も
あるんですね。
Commented by midori at 2012-02-25 21:24 x
番組は、オンタイムで見ていたので、ぜひともこの目で見てみたかったです。ブータンシボリは迫力が違いますね。とてもきれいです。保全優先種も気になりますね。
Commented by なつ at 2012-02-25 22:02 x
ブータンシボリアゲハの番組は見ながら録画もしちゃいました(^^;
標本も見てみたいですね。 保全優先種…心配ですね…
Commented by バルキング at 2012-02-26 02:39 x
とても素晴らしい蝶ですね。

ぼくなんかはおそらく一生標本も拝む事が出来なさそうなので
ヒメオオさんのブログを拝見し、ちょっと得した気持ちになりました、有り難ございます!!
Commented by himeoo27 at 2012-02-26 07:12
Akakokko様
「東京大学総合研究博物館」と「進化生物学研究所」の2か所に
1頭づつ保管されているので、これからも時々公開されると思い
ます。
来週一杯「東京農業大学「食と農」の博物館」で公開されている
ので、時間がとれれば行かれてみては?
何か次回の公開予定情報入手したらまた報告します。

Commented by himeoo27 at 2012-02-26 07:19
azuminomasa 様
「ブータンシボリアゲハ」の生息地が、インド、中国との国境に近い
場所で立入るだけでも難しいようです。
また、成虫の羽化時期が雨期で雨と雨の間に探すような感じで、
見つけにくかったのかな?
ゆえに、絶滅を免れたというより、発見が困難であったようです。
Commented by himeoo27 at 2012-02-26 07:25
midori 様
私としては、ブータンシボリアゲハは無理にしても、
他のシボリアゲハの 仲間が生きて飛んだり、吸蜜したり、交尾、
産卵している姿をぜひ撮影してみたいです。
チャマダラセセリ、ヒメチャマダラセセリ、ヒョウモンモドキ、
ツシマウラボシシジミ等々の絶滅危惧種の保全について、
オガサワラシジミと同等の保全活動を行う必要があると
痛感しました。
Commented by himeoo27 at 2012-02-26 07:31
なつ 様
昆虫等の生物は、どの種も、どの個体も(たとえ傷んでいても)、
標本より生きて活動している姿が一番美しいと思いますが、
この標本はとっても綺麗で立派でした。
ゆえに、現地で飛んでいるところを見たら感動ものでしょうね!
保全優先種、どの種も話を聞くだけでも(どの種も見たことも
ありませんが)絶滅の崖っぷちに立たされているような感じ
でとても心配です。
Commented by himeoo27 at 2012-02-26 07:39
バルキング 様
上記、記載の通り
日本では東大博物館と進化生物学研究所に各1頭
ブータンでは3頭(以上5頭今回採取)
イギリスには5頭(80年前に採取)
の10頭の標本があります。
また、ブータンでは保護・保全活動を行っていくそう
なので、これからもっと見る機会も増えてくれること
を期待しています。
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2012-02-25 10:02 | アゲハチョウ | Comments(10)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30