ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

神奈川県「アサギマダラ」越冬幼虫再見 2012.02.18~19①

昨日、今日と神奈川県立生命の星・地球博物館にて
日本チョウ類保全協会主催の「第8回チョウ類の保全を考える集い」
があったので神奈川県に出かけてきました。
その前に暖蝶寒鳥の「ごま」さん、「蝶鳥ウオッチングのyodaさんと「アサギマダラ」の幼虫探しをしてみました。
a0126632_215219.jpg

まず「弱齢幼虫」yodaさんが見つけてくれました。
a0126632_215383.jpg

次に食草の葉全体と「2~3齢幼虫」
a0126632_2155585.jpg

こちらもyodaさんが見つけてくれた最大級の幼虫
「厳めしい顔」が逆にヒョウキンに感じたヒメオオです。
a0126632_2161270.jpg

アサギマダラ幼虫が生息地の雰囲気の写真です。山の北面の急斜面にある杉林の中またはややうす暗い林縁部でした。

             2012.02.18~19続く
Commented by バルキング at 2012-02-19 22:10 x
こんばんは。
アサギマダラですかぁ!!

いいですねェ。
僕は未だにミタ事がありません。

道南など行くと結構見れるらしいですが、いつかは撮影の被写体にして見たいですが。。。

こうやって見ると幼虫もとってもインパクのある姿形をしているのですね。
Commented by ごま at 2012-02-19 22:58 x
お世話になりました。
お陰さまで私も感動をいただきました。
途中の路面が凍結するほど気温が低かったのに、この子たちは平気なんでしょうかね?

日本チョウ類保全協会主催の「第8回チョウ類の保全を考える集い」も良かったですね。
Commented by Akakokko at 2012-02-19 23:59 x
アサギの幼虫、いいですね。
まだ見たことがないので、この日行きたいと思っていましたが、休日出勤になってしまい、叶いませんでした。orz
Commented by H.A. at 2012-02-20 16:48 x
雪が多く相変わらず卵や幼虫、サナギを見つけに行く元気がでません。アサギマダラも成虫以外の姿を探索したいと思っていますが、まず、いるのかいないのかも私はよくわかっていないので、勉強不足や観察不足は否めません。
Commented by wakasama at 2012-02-20 21:53 x
こんばんは、例年にない寒さで幼虫たちも困惑していることでしょう!
こんなに寒くてもアサギ君の幼虫は元気ですね♪
私たちも現張りましょう!!
Commented by 武ちゃん at 2012-02-20 22:17 x
こんなに寒さが厳しいのにアサギマダラの幼虫とは驚きました。
広い太洋を渡るというのとともに謎めいた蝶ですね。
角のような触覚に威厳を感じます。  (^o^)丿
Commented by fanseab at 2012-02-21 00:36 x
「集い」はお疲れ様でした。
アサギマダラ幼虫探索もご苦労さまです。あの日は寒くて
大変だったと思いますが、成果が出てなりよりでした。
Commented by azuminomasa at 2012-02-22 22:22
こんばんは
幼虫を見てみたいですね^^ 弱齢幼虫の大きさでは見つける自信
ありませんが大きな幼虫だと特徴がシッカリしていて私でも分かり
そうです^^ 針葉樹林に居るとはなにか不思議な感じします。 
Commented by konty33 at 2012-02-23 12:49
アサギマダラの生態の知識はほとんどありませんでした。
こんな寒い中でも居るのですね、勉強になります。
環境の写真も掲載くださったので、これを参考に地元でも探してみます。
Commented by torinara at 2012-02-24 16:44
正面顔かなりユニークですね。
Commented by himeoo27 at 2012-02-24 19:53
バルキング 様
この場所がアサギマダラ越冬地の日本最北端の1か所(高尾山が多分最北端)にあたります。
冬場は南へ渡りすることで知られていますが、
「キジョラン」さえあればかなり幼虫は、耐寒性があるそうです。
Commented by himeoo27 at 2012-02-24 19:58
ごま 様
多摩動物公園の飼育員の方の話によるとこの幼虫は耐寒性があり、
食草の「キジョラン」さえあると温度的には東北地方でも生息出来るそうです。
Commented by himeoo27 at 2012-02-24 20:03
Akakokko 様
まだ弱齢幼虫も多く居たので、これからしばらく観察出来ると思います。場所が分かると探しやすい幼虫なのでぜひ訪問してみて下さい。
Commented by himeoo27 at 2012-02-24 20:10
H.A.  様
アサギマダラは南方の蝶のイメージがありますが、この幼虫の生息場所は、雪が少し残り、路面が凍結した北側斜面にある杉林でした。
夏場の生息地も意外と涼しい場所なのかもしれません。
Commented by himeoo27 at 2012-02-24 20:28
wakasama  様
意外にも彼らは寒さに強いようです。
寒さがまったく苦手な私ですが、見習ってなんとか冬を乗り切りたいです。
Commented by himeoo27 at 2012-02-24 20:46
武ちゃん 様
あの渡りをする「アサギマダラ」です。
この時期、成蝶は八重山諸島など南方に戻って生息していますが、
幼虫の方は高尾山以南で元気に越冬しています。
Commented by himeoo27 at 2012-02-24 20:52
fanseab 様
こちらこそお世話になりました。
入り口の急坂が凍結していたので、滑りながらも何とか登攀して幼虫を見つけることが出来て嬉しかったです。
Commented by himeoo27 at 2012-02-24 21:11
azuminomasa  様
下から2番目の幼虫はアゲハチョウの終齢幼虫程度の大きさなので見つけやすいかな?
針葉樹林にしてはやや明るい下草のあまり大きくない食痕のある「キジョラン」の葉裏に生息していました。
Commented by himeoo27 at 2012-02-24 21:22
konty33 様
「渡りをするチョウ」によると筆者の名古屋市内の庭に植えたキジョランにアサギマダラが産卵したとの記載と写真がありました。
近くの山中にキジョランがあり、特徴的な丸い食痕があると幼虫がいる可能性大です。
Commented by himeoo27 at 2012-02-24 21:25
torinara 様
一番下の幼虫は顔も「ドヤ」顔でとっても特徴的でした。
奈良県の山中で、キジョランがあればアサギマダラ幼虫みつかるかもしれませんね!
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2012-02-19 21:03 | マダラチョウ | Comments(20)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30