ヒメオオの寄り道

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。

ゼフ卵&蝶越冬幼虫 in2012.01.08栃木県

本日は、栃木県にゼフ卵&越冬蝶幼虫を探しに行ったので「八重山シリーズ」は休止いたします。
自然散策雑記帳の「ねこきち」さんに昨晩電話すると本日都合ok!とのことで、早速防寒着を着こんで出陣してきました。以下特記無い限り「ねこきち」さん達諸先輩が見つけて下さった蝶の卵&幼虫です。
a0126632_19111881.jpg

最初は、「アカシジミ」の卵です。ほぼ中央部の白い半球状のものです。
表面に特に模様が無く、少しゴミが付いているのでこれ以上、上手く表現するのは私には困難でした。
a0126632_19152820.jpg

次は「ウラミスジシジミ(ダイセンシジミ)」の卵です。
目立つ所に2個産まれていて、表面に産毛状の模様があるのでアカシジミのそれより少し分かりやすいですね!
a0126632_1918488.jpg

これこそ今回撮影したかった「ウラゴマダラシジミ」の卵です!!!!!
UFO又は組み合わさった精密歯車のような模様がとっても素敵です。この写真だけみると大きく見えますが,上の2種卵と同様にとっても小さく撮影に苦労しました。
a0126632_19214479.jpg

ウラゴマダラシジミの5個の写真撮影↑に私が手間取っている間に「ねこきち」さんが見つけてくれた11個の大集団の卵です。こちらは朱色も鮮やかで、素敵な雰囲気です。
a0126632_1924574.jpg

次は、私が「ミズイロオナガシジミの卵を見つけるぞ!」と張り切って雑木林の中を探して見ると・・・・
ゼフ卵と比べると巨大な目!を発見。
「オツネントンボ?」でしょうか小さなイトトンボの仲間ですが、大きい「怪鳥」のように感じました。
a0126632_19283456.jpg

「ねこきち」さんが、「ミスジチョウ」の幼虫いるでしょ!と言われてこの枯れ葉を寄せてくれました。
老眼&近眼&乱視の私にはさっぱり分かりません。
メガネを外して、しみじみ眺めると枯れ葉の右中央付近にいる怪獣のようなイモムシがそれとやっと分かりました。
a0126632_1932481.jpg

私も、「幼虫であれば何とかなるかな?」と「エノキ」の樹の廻りの枯れ葉を探してみると
エノキではなく小さな「モミジ」の枯れ葉の裏に「オオムラサキ」の幼虫4頭も身を寄せ合うように集まっていました。
当然、鼻を膨らませて「ねこきち」さんに報告いたしました。
a0126632_19371359.jpg

ポカポカした日差しに暖められたのかオオムラサキの幼虫のうち1頭が、ムクッと可愛い顔を上げて見せてくれました。

                      in2012.01.08栃木県終わり

同行してくれた「ねこきち」さん、これらの卵、幼虫を見つけて下さった諸先輩の皆さん有難うございました。
Commented by ごま at 2012-01-08 20:06 x
素晴らしい成果ですね。
こちらでも探してみたくなりました。
結構難問ですね。その前に拡大撮影できるレンズが欲しい。
Commented by 武ちゃん at 2012-01-08 23:32 x
ウラゴマダラシジミの卵?
おもちゃの使われる歯車みたい~これは面白いです。
冬枯れた野原や雑木林にも、極小な生命の息吹きを感じます。
Commented by himeoo27 at 2012-01-09 13:09
ごま 様
指導頂いた「ねこきち」さんや、見つけてくれた諸先輩のおかげで色々なゼフ卵や蝶幼虫に出会うことが出来ました。神奈川県でもぜひ探してみて下さい。
さて今回はデジイチは使わず、全て1cm接写可能の「コンデジ」で撮影しました。
但し、フラッシュ有無、ISO感度の設定、フォーカスモード(手動?自動?)、被写体の背景等々どれもこれも上手くいかず、上4コマ撮影するだけに1時間以上の時間と、百コマ近い没画像の山脈を作ってしまいました。
暗い場所では、フラッシュ有、ISO感度最低
明るい場所では、フラッシュ無、ISO感度最低
被写体、カメラを出来るだけ動かないように固定する。
被写体の背景は、カッコ悪いけれど樹の幹に近接させる。
カメラはその能力一杯被写体に近づける。
ことにより、上記画像をたまにそこそこ写っていました。
それにしても、皆さんが見つけてくれないと何も出来ませんでしたが!
Commented by himeoo27 at 2012-01-09 13:13
武ちゃん 様
ウラゴマダラシジミの卵はまさに感動ものです!精密機械の歯車そのもののようです。
寒風吹きすさび、池は凍結するような状況ですが、春を待ちわびるゼフイルス達(初夏に登場するシジミチョウの仲間)の命の息吹を感じました。
Commented by torinara at 2012-01-09 15:51
見事なものですね。見つけるのも大変そう。
Commented by himeoo27 at 2012-01-09 16:46
torinara 様
どれも小さく目立たないものなので、居ると分かっていてもオオムラサキの幼虫とオツネントンボ以外の昆虫やその卵は1人では見つけられそうにありません。
Commented by midori at 2012-01-09 20:51 x
ウラミスシジミの卵...とても興味ありますね(*^_^*)。
羽化までずっと見守っていたいです。来年こそ会ってみたいなー!
オツネントンボをおもしろい角度で撮られてますね...
Commented by バルキング at 2012-01-09 21:14 x
こんばんは。

ゼフ卵素晴らしいですねぇ。
特にウラゴ君の卵塊が素敵です。
11卵塊は未だ見た事がありません。

もう少し早い時期でしたら赤が綺麗な鮮やかな卵なんですよね。
来年は同じ場所でもう少し早く探せばきっともっと綺麗な色彩の
ウラゴ君に出会えると思います。


ウラミスジもウニボウズ見たいですね。
なんか見ていてワクワクしました、有り難うございます!!
Commented by てふ at 2012-01-09 22:58 x
「歯車」や幼虫を見つけ出す目は素晴らしいですね♪
今日は久々に蝶屋に戻って木のアチコチを探しましたが見つかりませんでした。
私もコンデジのスーパーマクロが結構使えるので、最近MPの出番がなくなってしまいました。^^;
Commented by Shin at 2012-01-10 06:24 x
チョウの愛好家になると毛虫もいとおしくなるのでしょうね
私はまだ修行が足りませんなぁ
Commented by Sippo5655 at 2012-01-10 21:39
冬場の楽しみですね!
ウラゴマダラシジミの麦わら帽子は私も大好きです♪
こんなにたくさん集まって、、ぼくのなつやすみ・・じゃなくてふゆやすみ!?
オオムラサキの幼虫、もみじの葉っぱの裏にもいるんですね!
顔をあげたお顔がたまらなく可愛いです(≧∇≦)
Commented by H.A. at 2012-01-11 13:11 x
私もまだまだ勉強不足なので、卵を見つけるまでは至っておりません。
卵から種類を見分けるなんてとてもとても・・・
先日はそれでも意を決して卵を見つけに行こうと思い、いつものポイントの駐車場に行ったら、ポイントへ行くためには除雪で押し固められた3m以上の雪を越さなくてはならないのと、1m以上の新雪で断念してしまいました。
スノーシューでも買わないとだめそうです。
Commented by himeoo27 at 2012-01-11 20:01
バルキング 様
ウラゴマダラシジミの卵をフィールドで見たこと自体が初めてだったので興奮しながら撮影しました。
来シーズンはもう少し早目に赤い卵を見つけてみたいです。
Commented by himeoo27 at 2012-01-11 20:08
てふ 様
「ねこきち」さん他のおかげで色々なゼフ卵に出会えてハッピーでした。
今回の栃木遠征では、野鳥も?!とか考えて望遠デジイチと、
コンデジそれぞれ1台づつしか持って行きませんでした。
結局「望遠デジイチ」は1コマもシャッターを押さず、耐力増強用のダンベルの代わりにしかなりませんでした。
Commented by himeoo27 at 2012-01-11 20:15
Shin 様
イモムシは結構好きですが、毛虫は少し苦手です。
卵を上手く写せたら嬉しいのですが、これも結構ハードル高いですね!
Commented by himeoo27 at 2012-01-11 20:19
Sippo5655 様
私の自力だけだと
越冬蝶では「ムラサキシジミ」と「ウラギンシジミ」
冬場の蛾では「キノカワガ」
ゼフ卵では「ミドリシジミ」と「オオミドリ」
越冬幼虫は「オオムラサキ」「ゴマダラチョウ」
がギリギリ見つかるかな?というところかな
諸先輩のように早くなりたいものです。
Commented by himeoo27 at 2012-01-11 20:30
H.A. 様
「ぐんま昆虫の森」の顕微鏡でゼフ卵を見てから、何時かウラゴマダラシジミとミズイロオナガシジミの卵をフィールドで観察したいと熱望していました。今回ウラゴマダラシジミの卵に会えて感動に震えました。(寒さもありましたが、ちなみにこの公園の池は氷結していました。)
今から35年前まだ学生だった頃冬の立山3山を縦走したことがあります。その折稜線から滑落して、危うく遭難しかかったのでトラウマで寒さはからきし苦手になりました。雪や氷は綺麗ですが3m以上の積雪量は怖いですね!
Commented by himeoo27 at 2012-01-11 20:45
midori 様
レス遅れて申し訳ありません。
ウラミスジシジミ(ダイセンシジミ)成虫は昨年1度だけ出会ったことがあります。宇都宮の「oo」さんにお願いして今年も一緒に観察したいですね!
オツネントンボは遠くから見ると枯れ枝そっくりですが、ゼフ卵を探している時に見つけると巨大な怪獣のように感じました。
Commented at 2012-01-12 15:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by maximiechan at 2012-01-14 22:11
念願だったウラゴマダラシジミの卵を撮影できてよかったですね。
ウラミスジシジミは今年も是非撮影に行きたいです。
Commented by himeoo27 at 2012-01-15 07:51
maximiechan様
ウラゴマダラシジミの卵はミズイロオナガシジミのそれと並んで宿願の卵でした。「ねこきち」さん他諸先輩のおかげで何とか撮影出来て幸せでした。
ウラミスジシジミは私も是非今年も写したいですね!その折はまた宜しくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード
by himeoo27 | 2012-01-08 19:44 | チョウ全般 | Comments(21)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30