ヒメオオの寄り道


冬を越す蝶の卵・幼虫・蛹 inぐんま昆虫の森20110122②

ぐんま昆虫の森の里山には各種の冬を越す蝶たちが観察出来ます。大部分は、この日の「里山歩き」の指導員のTさんが見つけてくれました。
a0126632_20511694.jpg

まず「オオミドリシジミ」の卵です。当倍まで拡大したので画像がかなり荒れていますが雰囲気出ているので掲載いたします。
a0126632_20535686.jpg

もっとも多く見つかったのが「ミドリシジミ」の卵です。比較的小さい「ハンノキ」の方が見つけやすそうです。
幼虫は、タテハチョウの仲間が色々いました。まずは1人ではまず見つけられない
a0126632_2124257.jpg

柳の幹の樹皮の間に潜む「コムラサキ」の幼虫です。他のタテハ類と比較すると小さく胴長で角状部分が長く感じました。
a0126632_2155419.jpg

この時期、この公園で「エノキ」の木の根元の枯れ葉めくりにて一番見つけやすい「オオムラサキ」の幼虫です。この時期はコムラサキの幼虫より若干大きい程度でとっても可愛いです。
a0126632_2183346.jpg

「ゴマダラチョウ」の幼虫はオオムラサキのそれより、この公園では個体数がずっと少なく「里山歩き」で一緒に回った昆虫大好きな親子連れが1頭だけ見つけてくれました。少し太めで上の2種より大きめです。
a0126632_21115346.jpg

キャベツ畑のちかくでは、「モンシロチョウ」の蛹を近くにいた小学生の集団が教えてくれました。仲間に入れてもらって1枚撮影!
a0126632_21142894.jpg

越冬蛹の白眉はやはり「ジャコウアゲハ」でしょう!飴色に輝く姿は芸術性を感じます。

ご指導いただいた「ぐんま昆虫の森」里山歩きの指導員のTさん、里山歩きで一緒に回られた昆虫大好きの家族の皆様、キャベツ畑に居た小学生の皆さんありがとうございました。

         inぐんま昆虫の森20110122終わり    
by himeoo27 | 2011-01-23 21:25 | チョウ全般 | Comments(22)
Commented by maximiechan at 2011-01-23 21:46
冬ならではの観察を楽しまれたようですね。卵や幼虫から成虫が羽ばたく姿を想像するというのも楽しみの一つかもしれません。
さて、最後の写真ですが、素晴らしいです。色の柔らかさから判断するとカメラはCASIOでしょうか?
Commented by fanseab at 2011-01-24 07:20
コムラサキの越冬幼虫は一度見てみたいと思って、ここ5年程探索していますが、まだ発見に至っていません。オオムラサキ幼虫もいるようですから、夏場も楽しめる場所ですね!
Commented by ダンダラ at 2011-01-24 16:56 x
寒いこの時期は、蝶の越冬についての知識と写真を撮る絶好の時期のはずなのに、なかなかその気になれません。
なるほど、こういった形で指導員の方から色々教えてもらうのが一番かも知れないですね。
Commented by Akakokko at 2011-01-24 23:39 x
アカボシゴマラダやゴマダラチョウの幼虫は見つけたことがありますが、コムラサキやオオムラサキはありません。
越冬蛹に至っては、アゲハチョウくらいしか見たことがありません。
よく見つけられますね。
Commented by yoda-1 at 2011-01-25 08:16
これは素晴らしい成果ですね。
これだけの種類を、難しいものもありながら一気に観れるとは、複数での取組だったとしても、ヒメオオさんの技量に感服いたしました。
一緒に行けばよかったです。
Commented by banyan10 at 2011-01-25 09:12
指導員の案内の観察会はいいですね。
自分ではなかなか見つけられない越冬中の卵や蛹なども、一度見ておくと自分で探すときの参考にもなります。
シーズン中に行ってみると未撮影の幼虫や蛹なども期待できそうです。
Commented by ごま at 2011-01-25 12:42 x
冬でも確り蝶撮りですね。
浮気者としては頭が下ります。
Commented by himeoo27 at 2011-01-25 21:06
maximiechan様
クワガタを飼育していると「幼虫」の状態が本来の彼らの姿では?と感じることが多々ありました。蝶については、アゲハチョウ、モンシロチョウ、ツマグロヒョウモンなど数種を除くと卵、幼虫、蛹の知識が殆どないのでこれから成虫と並行して観察していきたいです。
Commented by himeoo27 at 2011-01-25 21:13
fanseab様
このコムラサキの幼虫、小さいのと樹皮に「キノカワガ」以上に同化しているので、見つけてもらっても目を離すとすぐ見失ってしまいました。昨年の同時期も居た同じ高さ3~4mの柳の木で地面から20~60cm程度の低い位置に張り付いていました。
Commented by himeoo27 at 2011-01-25 21:20
ダンダラ様
昨シーズン自力で見つけたのは、ウラギンシジミの成虫、ゴマダラチョウの幼虫の2種のみでした。
今シーズンは諸先輩に指導いただき、蝶友にも協力いただいたこともあり、上記2種に、ムラサキシジミ成虫、アカボシゴマダラ幼虫が付け加わってとても嬉しかったです。
私の場合、まず指導員に教わることで何とか少しずつ観察力を向上させたいと思います。
Commented by himeoo27 at 2011-01-25 21:25
Akakokko様
昨シーズン湘南で、tyoutorinさんのご指導でジャコウアゲハ、アオスジアゲハの蛹を観察することが出来ました。神奈川県は埼玉、群馬県と比較すると少しだけ温暖なのできっと色々な越冬形態が観察出来ると思います!野鳥撮影の合間に探してみたらいかがでしょうか?
Commented by himeoo27 at 2011-01-25 21:32
yoda-1様
記載の通り大部分が観察指導員のTさんにより見つけることが出来ました。ちょっと自力がオオムラサキの幼虫くらいです。
yoda-1さんの撮影技術があればもっと素晴らしい画像となったことと思います。実は卵の撮影には予想以上に苦戦しました。次回はぜひ同行して欲しいものです!!!
Commented by himeoo27 at 2011-01-25 21:40
banyan10様
知識、観察眼が殆ど無いヒメオオには「ぐんま昆虫の森」や「北本自然観察公園」等のフィールド観察会は役にたちますし、考察力が深まるのでとても有意義なことです。
シーズン中にはオオムラサキやスミナガシが舞っているそうなので、この夏は出かけてみたいものです。
Commented by himeoo27 at 2011-01-25 21:45
ごま様
野鳥の知識が少なく、望遠レンズの操作に不慣れなので、あまり動かず接写の練習が出来る越冬個体を観察しているだけです。
これからは、鳥でも草木でも小動物でも風景でもバリバリ挑戦してみたいです。
Commented by 愛野緑 at 2011-01-25 21:50 x
越冬虫を沢山見つけられましたね。
狭山丘陵ではコムラサキ越冬幼は本当に気合いを入れないと見つけられません。
Commented by tyoutorin at 2011-01-26 23:16
うちのあたりはコムラサキがいるかいないか微妙なところです。柳の幹を捜しているのですが、見つけるのが難しいこともありまだ確認できていません。
Commented by himeoo27 at 2011-01-27 20:58
愛野緑 様
詳しい指導員が居たので色々な昆虫が見られてとても楽しめました。大宮公園でもごくたまに「コムラサキ」が飛んでいるのでひょっとすると幼虫見つかるのかな?でもそう簡単ではなさそうですね!
Commented by himeoo27 at 2011-01-27 21:01
tyoutorin様
見沼田んぼにも多くはありませんが稀に「コムラサキ」の成虫の姿が観察できます。一度探してみることにいたします。
Commented by HA at 2011-01-28 14:01 x
冬でも楽しみがありいいですね。
ミドリシジミの卵なんてわたしなんぞ見つけるtことはできないかもしれません。
こちらのように雪に埋もれていると、こんな楽しみもなくて困ります。(決まり文句ですが)早く春にならないかな。
Commented by 武ちゃん at 2011-01-28 20:54 x
昆虫たちの冬超し展‥あとひと月ほど見れるんですね。
屋内の生態園では成虫は見られるのかな?
屋外の里山歩きは指導員と一緒ならとても勉強になりそうです。
Commented by himeoo27 at 2011-01-28 21:05
HA 様
こちらの冬の昆虫観察は宝探しのような楽しみです!でも、雪はありませんが結構外は寒いのがたまりません。当然、チョウは飛んでいません。
蝶の舞う春が待ち遠しい今日この頃です。
Commented by himeoo27 at 2011-01-28 21:08
武ちゃん 様
当然、蝶の温室には色とりどりの昆虫が息づいています。
指導員と一緒の「里山歩き」は温室とは別の意味でとても楽しめました。
名前
URL
削除用パスワード

<< 絶滅危惧動物と鳥類で望遠ズーム...      凍える黄金(ハイイロゲンゴロウ... >>

蝶を中心に興味のおもむくまま色々なものを撮っています。
by ヒメオオ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
90% Papillon...
登山道の管理日記
てくてく写日記
愛野緑の撮影記録
蝶の観察記録その2
蝶・チョウ・ゆっくり歩き...
鳥蝶ビデスコ
フィールドノート
生きもの写真家 安田 守...
小畔川日記
やんばるの風
探蝶逍遥記
ヒョウモンモドキ保護の会...
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
安曇野の蝶と自然
NATURE DIARY
そよ風の旅路     
蝶のブログ
奈良の野鳥ときどき蝶
こんなものを見た
嗚呼っっ 今日も証拠画像...
還暦からのネイチャーフォト
コロポックル讃歌
ブリくんのおさんぽ撮影日記
蝶・旅の友
気ままなフォトライフ
Lycaenidaeの蝶...
Sippo☆のネイチャー...
花蝶風月
蝶と蜻蛉の撮影日記
風任せ自由人
蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行
デジカメ写真生活
日本ブラリ
うすばしろちょう
蝶鳥ウォッチング
西本智実オフィシャルブロ...
ぶらり探蝶記
ひらひら探検隊
蝶・花・山~自然の色使い
NPO法人 日本チョウ類...
蝶撮日記
たかがヤマト、されどヤマト
蝶超天国
ぽん太の昆虫ブログ 1
蝶散歩
ぷんたのかあさん Pho...
秩父の蝶
風の翅
超蝶
徒然なるままに  
こんなものを見た2
みき♂の虫撮り友人帖
三鷹の狸のてふてふ交遊録
華蝶の夢
チョウ!お気に入り
Butterfly & ...
心にあるmono
farfalle e u...
春ちゃんのメモ蝶3
虫 みっけ! 
Insect walk
ねこきちの自然散策雑記帳
最新のコメント
おはようございます! ..
by だんちょう at 09:01
ヤマトの蒼♀、もう出てい..
by OTTO at 08:44
え~~~、これがヤマトで..
by uke-en at 15:07
こんにちは。 一番上の..
by MIYAKOUTA5040 at 14:42
こんにちは 折角の3連..
by つばさ2号 at 11:15
MIYAKOUTA504..
by himeoo27 at 10:03
ヤマトシジミにこんなに綺..
by 22wn3288 at 07:58
シルビアシジミの翅表は、..
by Sippo5655 at 21:56
ヤマトシジミ蒼雌の表翅を..
by yurinBD at 21:28
yurinBD 様 兎..
by himeoo27 at 17:08
タグ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧